<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ハロウィーンとプロ野球球団と鉄道事業

c0182775_17333131.jpg

21世紀になってにわかに流行りだしたハロウィーンも定着しましたね

収穫祭などとは縁のない若者たちが
仮装してバカ騒ぎが出来るのですから
この勢いはますます盛んになるように思います

ところで日本ハムファイターズは食品会社が親会社になっているように
最近は食品やIT企業が目立ちます

私たちが子供のころ今の2リーグ制12球団になったのですが
1960年代の球団は以下のようでした(括弧内は親会社)

セリーグ:
読売ジャイアンツ・中日ドラゴンズ(以上報道)
阪神タイガース・国鉄スワローズ(以上鉄道)
大洋ホエールズ(食品)・広島カープ(親会社なし)

パリーグ:
阪急ブレーブス・南海ホークス・東急フライヤーズ
西鉄ライオンズ・近鉄バファローズ(以上鉄道)
毎日オリオンズ(報道)

何と鉄道事業が半数以上だったのです

石井研堂『明治事物起源』の「野球の始め」には
明治4年に鉄道技術研修のためにアメリカに渡った平岡煕が
明治6年に帰国した際に わずかな野球用具を持ち帰り
鉄道局公務の余暇にアメリカで覚えてきた野球を広めたとあります

その後 鉄道関係者のチームが主体になって
交流試合が全国的に広がった由です

なるほど 鉄道事業が親会社のプロ球団が多かったのは
そもそも 鉄道マンによって輸入されたからなのでした

車社会になって鉄道が苦しくなり
球団経営から手を引いてきたのが今の姿ですね
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-31 18:03 | Contax T2 | Comments(0)

日本ハム日本一の翌日とスポーツの醍醐味と利権五輪

c0182775_16511414.jpg

昨日の日本ハムファイターズ優勝記念セールです

とは言ってもこれは日本ハムの会社のセールではなく
地元のスーパーのセールですから
ま 道民の気持ち程度と言ったところです

5割引きではないですよ
5%割引ですからお間違いなく

それはともかく今日の朝刊は下のような紙面でした
c0182775_1793952.jpg

スポーツのこういう醍醐味は
やはりかけがえのない味わいであって
利権まみれのオリンピックなんて
アスリートやスポーツマンに対する冒涜だとつくづく思います

スポーツを心から楽しむ立場で言うと
今回の東京五輪は返上したいと考えますね
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-30 17:28 | NEX-7 | Comments(0)

道端の菊とボブ・ディラン全詩集

c0182775_1650495.jpg

リハビリ散歩の道端です

黄色い菊の花は図鑑のようにクローズアップするのはまだしも
路傍の菊は思ったより撮影が難しいです

直射日光が当たるとたいてい花弁が適正な露出になりませんが
昨日は曇天なので何とかなりました

ボブ・ディランがノーベル文学賞を受けると表明したそうです

c0182775_1652386.jpg

この詩集は1974年初版で 私が買ったのは1977年でした

職場の書架に置いてあったのですが
受賞のニュースを聞いて自宅に持ってきました

全詩集といっても初期の10年間の詩を集めたものです
その後の詩も収録した新しい詩集はいくつかありますね

この中にはレコードになったもの以外の詩も
けっこう収められていますが 訳者あとがきによれば
やはりレコード化された詩のほうが出来が良いとのことです

フォークソングと華やかな受章は
確かにちょっとそぐわないなぁ という感じはありますが
詩自体は文学賞で顕彰されるに値すると思います

ビートルズのストレートで分かりやすい歌詞に較べると
ボブ・ディランの歌詞は屈折や当てこすりが多くて
決して分かりやすくはありません

しかしそういう屈折や当てこすりが
イーグルスの歌詞にも影響を与えたんだろうなと思いながら
少しずつ再読しています
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-29 17:25 | NEX-7 | Comments(0)

杖の石突の交換とドイツ語の発音表記

c0182775_17173410.jpg

自分が杖突老人ですから杖を突く人が多いことにすぐ気がつきます

この方はまだ杖に慣れない歩き方のようで
ご家族がそれとなくケアをしています

この石突(=杖先)は十分な太さがあって安定するはずですが
下の画像のようだと(恐らく20mm前後)ちょっと不安定になります
c0182775_17225428.jpg

私の石突は太さが43mmで太く安定しますが
丸4年も使っていると接地面が片減りしてきましたし
合成ゴムが固くなって滑りやすくなりました

それで石突を交換しましたが
本体はドイツの Ossenberg 社製です

上のリンクの価格はほぼ 6,000円もしますが
私はアマゾンで 4,000円弱だったと思います

それはともかく Ossenberg をどこでも
オッセンベルグと書くのはいただけません

ドイツ語では語末の g は濁音ではなく清音ですね

都市名の Hamburg はハンブルクですし
Heidelberg はハイデルベルクです

ローマ字書きを そのまま日本語式ローマ字読みにするのは
もういい加減にしてもらいたいです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-28 17:44 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

ペットショップとペットフードの世界

c0182775_1721599.jpg

いつものショッピングセンターの一角です

ここはいわゆるペットショップではなくペットトリマー
ペットの理容が本業のようです

そことは関係が無く
ショッピングセンター内で友達と待ち合わせている方々が
全員がそろうまでこうやってペットを見て時間をつぶしていたのです

脇の方にはこんなポスターがありました

c0182775_172837100.jpg

下の方には柴犬専用フードの広告があって
普段ペットに縁が無い私には
ホ~ 犬種専用になっているのか
などと思ったのは全くの認識不足でした

日本ペットフード協会というような業界団体があって
ペットフードの詳細な分類が解説されています

人の子の離乳食のように ペットの成長段階のメニューもあるようです

柴犬専用フード新発売のロイヤル・カナン社も
この協会の会員ですね

フランスに本社がある由ですから 柴犬専用商品は
最近まで商品ラインナップになかったのかと
一人で合点しています

ペットフードの世界などまったく不案内だったのですが
写真を撮って整理するうちに一つ勉強しました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-27 18:00 | Contax T2 | Comments(0)

ラム回転焼きと孤食

c0182775_16101442.jpg

千歳サーモンパークの売店です

ラム肉の回転焼き 旨そうですね

今日は昼からの会議で出勤し
帰りしなに恵庭道の駅で「ジンギスカンオムレツ焼きそば」という
少々こってりしたお昼を食べてきました

身体の不自由な当方を見て
レジのおばちゃんが出来た皿をテーブルまで運んでくれました

恵庭道の駅の方々は手が空いていると
こういう親切な補助をしてくれるのでありがたいです

このブログを書いていると夕方のワイドショーで
高齢者が一人で食事するのは危険だというような特集を組んでいます

c0182775_16195262.jpg

これは最寄りのラーメン屋さんです

いわゆる「孤食」ですがせめてこんなふうに外食して
店員さんと言葉を交わすだけでも
孤食の弊害が緩和されるかもしれません
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-26 17:30 | Contax T2 | Comments(0)

キッチンDONとマスターの書

c0182775_173349.jpg

このビルの4階にカメラの修理屋さんがあります

修理屋さんに用事がある時には
このキッチンでお昼をいただくことがあります

札幌のサービス業で
気働きが満足できるところは多くないですが
このお店はなかなか気持ちがいいです

先日初めて気がついたのですが
店内の壁には こういった書がほぼ全面に掲げてあります

c0182775_1794918.jpg

ランチを運んできた店員さんに
「昌治さんというのはご親戚か何かですか」
そう聞いたら「うちのマスターです」という答えが返ってきました

実は薄々そうではないかと思って聞いたのですが
図星だとかえってこっちが戸惑います

この書はそれほどでもないですが
ほかの作品は書道展に入選してもおかしくない水準でした

ただ内容がほとんど昭和歌謡の歌詞で
上の書には「旭川恋詩を昌治かく」とあります

マスターは還暦をちょっと超えた年配で
訪問した時はたいていキッチンに立って調理しています

レジで精算しながら「書も楽しませてもらいましたよ」
そう声をかけたら破顔一笑「どうもありがとうございます」と
大きな声で返事が返ってきました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-25 17:36 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

北風とナナカマドと先日の初雪

c0182775_16403416.jpg

お昼にそばを食べに出たら風が冷たかったです

蕎麦屋さんの前のナナカマドが風に震えていました

ヤシカエレクトロ35から取り出して
改造してもらったレンズを初めてデジカメに装着してみました

先日の OM-1 の修理後の画像を撮ったら
やはりデジタル専用レンズよりも立体感が優れていたからです

ただ 久しぶりのデジカメのマニュアルフォーカスは
どうしても後ピンになってしまうので練習が必要です

脳出血前は左手のマニュアル操作はなんでもなかったのですが
マヒが残るとやりにくいのは仕方ありません

それにしても風が冷たい

ということで21日の初雪写真を掲げます

c0182775_1649655.jpg

わざと踏み石を避けて足跡をつけたくなる気持ち
とってもよく分かります

ついでに20数年間人知れず時を刻んできたデータバックを
また装着しておきました

こういう記録写真には日付が分かるとありがたいです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-24 17:30 | NEX-7 | Comments(2)

千歳川底の鼻曲り鮭と繁殖行動

c0182775_1722195.jpg

千歳水族館の地下に千歳川水中観察室があります

今日も鮭の遡上を見に行きましたが
期待したほどの遡上は見られませんでした

そこで水中観察室に行くと数匹の鮭が観察できました

ガラスの向こうは本当の千歳川で 水槽の中ではありません

観察窓のすぐ近くを泳ぐオスがいます

繁殖期に川を上ると鼻が曲がって
腹に赤い縞模様が出来てきます

なんとまあ 窓のすぐそばで
メスに産卵を促す行動をするオスもいますが
メスはまだその時ではなさそうでした

c0182775_1732812.jpg

群れなす遡上が見られなくてちょっと気落ちしましたが
サービス精神旺盛な鮭のペアのおかげで
わざわざ行った甲斐もあるというものです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-23 17:46 | Contax T2 | Comments(0)

ごはんBarとオリンパスOM-1の自己修理

c0182775_15131881.jpg

先週カメラの修理屋さんに出向いた時の撮影です

修理依頼はオリンパス OM-4Ti のファインダー窓のカビ取りですが
今日連絡があって この機種は上部カバーを固い接着剤でとめており
予備部品が無いと解体も出来ないので 修理不能という判断でした
(メーカーにもとっくに部品はありません)

今のところ撮影には支障がない程度のカビなので
私の動ける間はカビが広がらないように保管に注意することで
根治手術はあきらめました

OM-4Ti のカビを発見したときに
OM-1の気になる所を点検したら
案の定 持病が発生していました

c0182775_15232767.jpg

ミラーを見ると 黒いV字形のへりに
無精ヒゲのようにカビのようなものが見えます

これはカビではなくて OM-1 特有のプリズムの腐食です

c0182775_15275444.jpg

画面中央下のプリズムを抑えている金具の下に
緩衝用の黒く見えるモルトプレーン・スポンジがあります

これが年を経ると加水分解してベトベトになり
プリズムの鏡面を腐らせるのです

c0182775_15325798.jpg

プリズムを外してみたらこんな風に腐食が始まっていました

鏡面の腐食ですから拭き取っても駄目ですし
放置するとだんだん腐食が広がります

対策としてよく知られているのは
OM-10 の同じタイプのプリズムと交換するという手があります

OM-10 は OM-1 の経験に鑑みて
モルトプレーンの使用をやらなくなったので
プリズムの腐食は無いのです

手持ちの OM-10 は不具合が無いので
ここから部品を取りたくはありません

ヤフオクで探したらジャンクの出品があり
1,500円で落札しました

落札ジャンクからプリズムを取り出しました
(クリーニングクロスの上です↓)

c0182775_15443069.jpg

分解して取り出す段階で 嵌合が固すぎて
私のマヒした手では外せなく 奥さんの手を借りて
どうやら取出しに成功しました

これを OM-1 の方に載せてやればいいのですが
左手が脳出血の後遺症で不自由な私には厳しい作業です

中のバネを飛ばしたり 小さなパーツを入れ忘れたり
はたまた コード配線を引っ張りすぎてハンダを外したり
せっかく閉じたカバーを 5回ぐらいは開け直しました(笑)

しかし焦らず少しづつ作業を始めて
今日の午前中に何とか根治手術が完了しました

c0182775_15522793.jpg

銘玉ズイコー40mm とのコンビは大変使いやすく
バンコクやハノイの出張に持参して活躍してくれました

OM-1 は露出計はついていますが
他の機構と連動する仕様ではなく
電池がなくても使える純粋機械シャッターですから
外国に持っていくには抜群の信頼性が貴重です

これで少なくとも私の命のある間は大丈夫です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-10-22 17:00 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)