「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

リラ冷えとナナカマドの花

c0182775_17341478.jpg

札幌はリラ冷えです

気温が15度に届かない肌寒さで
冷たい雨が降っています

名寄市では雹が降ったそうで
明日は雪が降るところもあるという予報です

ただでさえ短い夏ですが
秋は早いのだろうかと思ってしまいます

秋になると鮮やかな赤い実をつけるナナカマド
花は3mm程度の白い花弁の塊です

現在はその小さな花弁が風に散ってすっかり無くなっていますが
マンションの掃除を請け負っているおばさんたちは
掃いても掃いても降ってくる花弁の掃除に追われていました
c0182775_17462962.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-31 17:49 | Minolta CLE | Comments(0)

みんな元気になる絵本「大地のめぐみ 土の力大作戦」

c0182775_17253399.jpg

江別市元野幌ファームレストラン入口のお出迎えです

レストランは画面右手ですが
この置き物は画面左奥の陶器工房で焼かれたものです

ちょっと遅くなりましたが富山のプー横丁さんが連載している
毎日新聞北陸版「みんな元気になる絵本」で
かこさとし「大地のめぐみ 土の力大作戦」が紹介されました

たしかに「食」の由って来たる所は「土」ですし
ものを食べる器も「土」から作られます

このファームレストランと陶器工房とが
密接不可分に営まれているのも
極めて自然なことだと思い至りました
c0182775_17353818.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-30 17:42 | Minolta CLE | Comments(0)

マンションのライラック

c0182775_17174134.jpg

今日の札幌は限りなく爽やかな日です

抜糸前の手術創がなければカメラ散歩に出たいですが
今日のところは自重せねばなりません

ライラックはけっこう開花時期が長く
10日ほど前に撮ったこの花もまだたけなわで
むせ返るような甘い香りを放っています
(濃い色の芽が開花前で 開くと薄い色の花弁が出てきます)

背景はマンションの立体駐車場です


いま姉が近所の緩和病棟に入院していますが
その息子である甥夫婦が見舞いがてら 我が家に寄りました

もちろん姉のことなどが話題ですが
カメラやオーデオにも関心のある甥ですので
今度はそういう話題で盛り上がりたいと思ったことです
c0182775_17451248.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-29 17:50 | Leica M7 | Comments(0)

恩師のご冥福を祈って多摩の花々を

c0182775_16154732.jpg

今日のお昼過ぎ 恩師の奥様から訃報のご連絡がありました

学部の1年生から大学院まで指導を受け
その母校では9年間を同僚として過ごしました

c0182775_16375682.jpg

これは臨時に駐輪場になった校舎脇ですが
8年間はともにここを通って通勤しました

大学が目黒区柿の木坂にあった当時はこんな具合の通学路でした

上の通学路写真を掲げたのは
私が東京を離れるにあたって2013年3月20日に
恩師ご夫妻と一緒に食事を楽しんだからです

最後にお会いしたのは昨年12月20日に上京した時でしたが
この時にはもう予想以上に弱っておられました

もうそれが最後かなと覚悟はしましたが
現実にお亡くなりになると寂しさは尋常ではありません

週明けのご葬儀には 昨日の手術の抜糸が済んでいないので
参列が出来ません

住まいも同じ街区でしたので
かつて先生も眺めた団地の花を供えて
ご冥福を祈ろうと思います
c0182775_1654298.jpg

c0182775_16551217.jpg

c0182775_16553945.jpg

先生どうぞ安らかにお眠りください

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-28 17:04 | Minolta XD | Comments(2)

引越社写真と徳洲会病院での手術

c0182775_1711111.jpg

近くに蟻さんマークの引越社のステーションがあります

従業員がトラックに電話番号を書き入れる作業をしています

この会社は従業員が不当な仕打ちを受けたと会社を提訴して
いわゆるブラック企業の典型的な会社のようになっています

ネット上でその経緯などを読んだり
TV番組でその取材番組を見てひどい会社だなと思いました

しかしこの従業員のように現場で頑張っている人と
引っ越しを依頼する顧客の関係は
また別問題であることは言うまでもありません

経営者の汚いやり口と現場のスタッフとは別問題だということでは
徳洲会病院も同じようなことが言えそうです

本日 自宅そばの徳洲会病院で日帰り手術を受けてきました

今月初めに足の付け根の言わば陰部に
腫物が出来て血膿が出たので
三週間前に診察してもらいました(今日はすでに止まっていますが)

おそらく爪先が割れた指先で
ひっかき傷を作ったのが化膿したのだと思いますが
今日その腫物を切除し 念のために
組織を採って生検にまわすことになりました

執刀の形成外科の女医さんは患部を見るなり
ああこの間よりずいぶん小さくなっていますねとのことで
この一言ですっかりこの医師を信頼しました

データなどよりは 直接に患者や患部に向き合う医師は信頼できます

手術時間は30分程度ですが 形成外科だけあって
丁寧なメスさばきは本当に信頼に足るものでした
麻酔が切れた後も痛みは皆無です

この病院にかかるのは今回の処置が初めてですが
執刀医だけでなく 病院のシステムや関連のスタッフも
充分に安心できるものでした


それと 病院の出口で 思いがけなく 高校の同級生で
大学時代は東京で兄弟のように過ごした友人家族と会いました
奥方も同級生で 一家は車で10分ほどの距離に住んでいます

彼らの顔をみて 青春の力がよみがえる気になったのは
嬉しいことでした
c0182775_17553915.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-27 18:02 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

リムジンバスを降りてお迎えを待つ人

c0182775_1723575.jpg

この道の反対側にバスセンターがあります

このお二人はキャリーバッグを持っていますから
千歳空港からバスセンターまでリムジンバスに乗ってきたのですね

ここで待っているのはお迎えの車で
ここから会社なり自宅なりへ帰るものと思われます

天気の良い日の撮影ですから
レンズのシャープネスが冴えています
c0182775_17391615.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-26 17:42 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

ラリー仕様車

c0182775_1727559.jpg

諧調豊富な描写です

これは前にエルマーで撮ったことがあります

しかしヤシノンレンズの描写はエルマーをしのぐものがあります

ということで本日すでにカメラを改造取次店に発送しました

オリジナルボディでの撮影はこれが最後の1本です

納期はほぼ2週間だということですから6月半ば以降に
改造で生まれ変わった撮影結果をご報告できるかと思います
c0182775_17393956.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-25 17:45 | Yashica Electro 35GX | Comments(2)

多摩のオニユリとヤシカレンズの改造計画

c0182775_1918979.jpg

2008年撮影の多摩市のオニユリです

同じころホームセンターの外で売り物のミラーを撮りました

c0182775_19213025.jpg

8年ぶりにこんな古証文のようなものを掲げたのは
日曜日にこのヤシカエレクトロ35GXで撮ってみたからです

カメラ本体のバッテリーチェッカーの配線が
切れていて動作しませんし

フィルム巻き上げレバーの軸に着けるワッシャーのネジ山が崩れて装着できず
巻き上げた後でレバーを自分で戻さないといけません

でも現像してみて(モノクロです)
このレンズの優秀さに改めて感心しました

そのコマは明日から掲げようと思いますが
今日は優れたレンズであることがよく分かるカラー写真を掲げました

オニユリの背景になってる木漏れ日はボケ味を判断するのにもってこいです

これを見ると実になめらかなボケ方です

少しでも性能が劣ると背景がガサガサになってしまいますが
これは一眼レフのレンズに比べても遜色ありませんね

本体ボディが不具合を抱えてるので
このレンズだけをライカ型カメラで使えるように改造してもらおうと思います

それで昨夜遅く修理業者の窓口のカメラ店にメールで照会したところ
24時過ぎに すぐにやってくれるとの返信が届きました

改造技術者はご高齢なので
そろそろ改造は止めにしたいという思いでいると
窓口のカメラ店から連絡があったので
この機会がラストチャンスかなと思います

二三日中に発送の予定です
c0182775_1941231.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-24 19:54 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

江別市元野幌の農場風景

c0182775_1738105.jpg

c0182775_17391377.jpg

ファームレストランの周りにある農場です

ハウスの中の作物は何なのか
農家さんがいないので 聞くことはかないませんでした

トラクタの向こうの建物は陶器の工房や陶芸教室です

おそらく本州の農家さんが見ると
こういう農場風景も本州とは異なるところの
北海道らしさがあるのではないかと思いますがどうなんでしょう

このブログをご覧いただく常連さんには
二三の農家さんがおられるので伺ってみたいものです
c0182775_17533696.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-23 17:54 | Minolta CLE | Comments(0)

賢者のような羊とファームレストラン店内

c0182775_1640756.jpg

金曜日に出かけたファームレストランの脇にいた羊です

こちらは杖を突いてそばを歩いたのですが
この羊君はこっちをちらりと見ただけで また賢者が瞑想するように
さりげなく目を閉じてしまいました

いやどうも失礼しました 貫禄負けです

レストランの内部は下のような感じです

お隣のテーブルのお客さんたちが
お代わり自由のパンのお代りに立ったところです

c0182775_16484997.jpg

撮ったレンズは1971年製のミノルタハイマチック E についていたものを
M型ライカタイプのカメラで使えるように改造してもらったものです

この室内のように光が不足気味のシーンを撮ると
このレンズ以上のものはなかなかありません

ところが今日なんと8年ぶりに
1975年製ヤシカエレクトロ35GX を持ち出して撮ってみると
このレンズも抜群に写りが良いのでした

1970年代前半は国産コンパクトカメラの全盛期です

ボディにちょっと不具合があるので
これもほかのカメラで使えるように
レンズをはずして改造してもらおうかと 目下悩んでいるところです
c0182775_1714691.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-22 17:11 | Minolta CLE | Comments(0)