<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

路肩の雪と春の吹雪

c0182775_17315715.jpg

先週木曜日はいかにも春の日差しでした

昨夜は時ならぬ雪が降ったようですが
私の住まいのあたりはそれほどでもありません

明日は研究室に置いてある書籍を確認しに行きたいと思っていますが
今晩は荒れるという予報で
しかも通勤経路がホワイトアウトになりそうだというので
慎重にしようかと考え直してます

この荒天 時ならぬ春の吹雪のようですが
昨年はともかく 例年だともう少し先にもあったようです
c0182775_1741763.gif

それにしても上の積雪深曲線の迷走ぶりが気になりますc0182775_17441281.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-02-29 17:47 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

白雪白樺白壁と日曜喫茶室最終回

c0182775_16424918.jpg

白いものだらけの被写体です

Solitar-S 40mm F2.8 レンズは白だらけの調子を
きちんと描写してくれました

3群4枚のレンズ構成で
ローライ35の Tessar とほぼ同じ設計ですね

100年以上前の古典的な設計のレンズですがあなどれません

今日の午前中は辞書の異体字や旧字体について
編集部から照会のあった問題を調整しました

昼からはデスクサイドのオーデオ装置のボリュームを上げて
35年以上続いたNHKFM「日曜喫茶室」の最終回に聴き入りました

日曜喫茶室のマスターはかま満緒氏は
この録音を終えた翌日2月16日に急逝したのです

はかま氏は60年代の超人気TV番組「シャボン玉ホリデー」の
構成作家であり 時々自ら画面に登場してきました

その時はクレージーキャッツの芸風とよく馴染まないで
違和感が先に立っていました

しかし日曜喫茶室で聴くはかま氏の話は
その違和感とは全く別で 逆に熱心なファンになりました

特に90年代は 辞書の原稿書きで日曜でも研究室に居り
この放送を聴きながら仕事をするのが習慣でした

2007年からは月に一回の放送になりましたが
自宅近くの書庫兼仕事場で聴く習慣は変わりませんでした

今日の最終回のはかま氏の声には
さすがに胸が詰まる思いをしました

心からご冥福をお祈りします
c0182775_17193635.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-02-28 17:24 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

常連さんのいるベンチと外国語の話題二つ

c0182775_1826043.jpg

悪天候の時にリハビリウオークをするショッピングセンターです

このベンチを含む回廊は今は一周3分で歩きますが
3年前には5分かかっていたのです

回廊を3周するとこのベンチで一休みしますが
常連さんがたくさんいてこの方たちもそうです

お顔が写っているとプライバシーを侵すことになりますが
ま お顔が分からないので修整なしで掲げます

このベンチではスマホをいじったり本を読む方々がおられ
私も今日はロアルド・ダールの"Taste"のコピーを読みました

読み終わって自宅に戻ってから上の作品を含む
田村隆一訳の「あなたに似た人」を見てみてちょっと驚きました

田村隆一氏はミステリの翻訳の名人ですし
「荒地」同人の詩人としてもよく知られた方です

件の"Taste"の邦題が「味」になっているのは如何でしょうか

この短編の内容は ワインの銘柄と生産年代を当てる賭けなんです

わたしはてっきり「利き酒」かなんかの題名かと思っていましたが
「味」はいただけないと思いました

もう一点 原書の"name its breed and its vintage"を
「その葡萄酒の品種名と収穫量を当てる」と訳しているのにも首をかしげます

これは「銘柄と年代を当てる」ですね

事実 小説の後ろでは「1934年物の何々」という解答になっていて
収穫量なんかは話題にもなりません

言葉のプロ中のプロでも(お若いころの仕事ですが)
こんなキーワードを適切に訳していないのには驚きました

ところで昨日の午前中はほとんど
大学の事務文書の修正作業に追われましたが
午後は私たちの辞書の語釈一項の検討に
3時間ほど費やしました

ある漢字の2000年以上前の当て字用法なのですが
当て字のためにその解釈が少なくとも三通りほどありました

それで共編者がその語釈の素案を作りましたが
少々収拾をつけかねて 調整の依頼がありました

2000年間のいろんな注釈を再検討して
共編者がすんなり納得してくれるレベルまでに調整するのに
たっぷり3時間かかったというわけです

実は"vintage"を「収穫量」と訳したのは
それを第一義とする1950年代の
コンサイス系の英和辞典が原因だと思っています

何を第一義とするか
慎重にならざる得ないのです
c0182775_1954815.jpg


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-02-27 19:07 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

多摩の理髪店のダルメシアンと梅田の自動車事故

c0182775_1891573.jpg

多摩市で通っていた理髪店の店先です

ダルメシアンは置き物ですが
同じものをホームセンターで見かけたことがありました

このショットを撮った記憶はあるのですが
ブログを開設する1年ほど前の撮影なので掲げていませんでした

カメラ Konica C35 Flashmatic も初登場です

しかしながらカメラ自体は前任校の学生さんに差し上げてしまい
今は手元にありません

今あるのはこの機種の最終バージョン C35FD です

ところで梅田の自動車事故は痛ましいです

信号停車中に運転者が発作的な病気で意識を失い
プリウスが発進暴走してしまった由です

私はマニュアル・トランスミッション車に乗る期間が長かったので
オートマチック車の今でも
信号停車中にはギアをニュートラルに入れて
手引きレバーのサイドブレーキをかける習慣になっています

こうしておくと仮に何らかの発作が起きても
車が暴走するようなことにはなりません

今の車は衝突防止装置などをセールスポイントにしていますが
サイドブレーキをスィッチや足踏みではなく
きちんと手引きレバーにしておくほうが
気軽にブレーキをかけるようになるはずだと思っています

人間の原始的な感覚から離れた技術は
どんなに便利そうでも人間にとって望ましいとは限りません
c0182775_18314028.jpg
by zuoteng_jin | 2016-02-26 18:37 | Konica C35 FM | Comments(0)

春先の道とカメラトラブル

c0182775_17353788.jpg

今日はこの道を歩いて散髪してきました

向こう側に5~6分歩いて左に折れて2~3分で
札幌ではここと決めた理髪店です

うちの奥さんの話によれば
髪が伸びても見苦しくならない由ですがそれは腕の良い証拠で
東京で行きつけの全日本理容コンテスト3位のバーバーもそうでした

ところで この道を外れて理髪店に向かう途中で
持っていたカメラのフィルム巻き上げが不調になりました

巻き上げも巻き戻しも出来なくなったのですが
実は昨夜ヤフオクに この機種のジャンクと展示品新品が出品されていて
控えの機種がいるかなぁと ちょっと浮気心を起こしたのですが
現有機種が焼き餅を焼いたに違いありません

器械にはよくあることですが
帰宅後ダークバッグでフィルムを抜いて点検すると
どうやら一過性のトラブルだったようです

40年来の愛機なのでホッとしました
c0182775_1754388.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-02-25 17:58 | Bessa R2A | Comments(0)

駐車場スコップと冬に戻った今日の札幌恵庭

c0182775_19272921.jpg

日曜日の光景です

屋外駐車場だと除雪がひと仕事ですね
皆さん自分のスペースにスコップを用意しています

今日は冬に逆戻りしたのでさぞ大変だったろうと思います

通勤路は圧雪状態で 時に視界不良に見舞われ
前の車のテールランプが頼りという塩梅でした

そのためにスリップ事故もあって
帰り道の渋滞がひどかったです

これまでの積雪は去年以下だったのが
これで抜き去りました

c0182775_19363630.gif
c0182775_19442595.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-02-24 19:46 | Ricoh 500G | Comments(0)

リコー500G屋内試写と事務仕事のこと

c0182775_16212585.jpg

北海道の春先には必需品です

雪解けで泥撥ねが多いですから
ウオッシャー液はあっという間になくなるのです

脳外科の主治医からは週に三度は
一時間半程度のリハビリウオーキングをするように言われています

しかし学期中にはその時間を確保するのが厄介です

そこで授業がないときには 自宅仕事の合間に
できるだけ歩くように心がけています

とはいうものの今日あたりは悪天候なので
ショッピングセンターのなかを歩くほかありません

日曜日にも屋内ウオークをして
ついでに500Gの屋内近距離試写をしたのが今日の写真です

これだけピントが出ていれば問題ないですね

遠距離だと少々ずれてもピントは合うものですが
近距離ほどシビアになります

上を見上げるとこんな塩梅でした

c0182775_1630124.jpg

昨日のブログで厚別区役所福祉課の仕事ぶりを紹介しましたが
ありがたいなと思うのは私自身が事務仕事を苦手とするからです

先日来 大学院の時間割をまとめる作業をしていましたが
私の事務仕事に不備があり
関係の先生方にご指摘ご訂正をいただき
今日になってどうやらまとまりました

したがって区役所の書類作成のダブルチェックには
心から感心したのでありました
c0182775_16384513.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-02-23 17:18 | Ricoh 500G | Comments(0)

リコー500Gの試写と厚別区役所福祉課の仕事ぶり

c0182775_17204683.jpg

昨日試写したリコー500Gの結果です

試写のポイントは二つあって
一つは距離計がちゃんとピントを出すか
もう一つは露出オートが機能するかどうかです

これを見るとシャッタースピード優先オート露出の精度は
まずまず実用精度が出ていることがわかります

思ったよりは若干コントラストが低い写りでしたので
Photoshopで少しコントラストを上げました

それと距離はエゾ松に合わせたつもりですが
中距離以遠は合焦しているのが分かります

では近距離はどうでしょうか
c0182775_1730356.jpg

ピントは自転車のバスケットに合わせましたが
これも十分な合焦でしょう

ただ 問題なのは人物のあたりに縦に光漏れがしていたことです
その部分が若干赤みを帯びています

国産カメラは遮光スポンジを使うことが多く
リコーは取り分けそれが甚だしいのでした
c0182775_17495521.jpg

これは光漏れの無い500GSの様子ですが
右側の裏蓋全面に遮光スポンジが貼り付けられています

これは時間が経つと当然加水分解してベトベトになり
やがて乾くとぼろぼろカサカサになってしまいます
(だから手持ちのドイツカメラでスポンジを使うものは皆無です)

入手した個体もぼろぼろカサカサだったので
それを剥がして新たに貼り付けたのですが
ちょっと手抜きをしたのが見事にばれました

でもほかの機能は使用に耐えることが分かりました
使用機材を開いてご覧になると分かりますが
この機種のデザインはかえって素敵だと思います

お散歩カメラが1台増えました

今日は厚別区役所にETC割引の更新手続きに行ってきました

福祉課の窓口は手早い対応もさることながら
必ず職員が一度交代してこちらの提出した証拠書類と
申請書類の記載をダブルチェックします

札幌に来て色んな接客業務や窓口業務を経験しましたが
厚別区役所の福祉課の仕事ぶりは一級品です

惜しむらくは業務がウィークデーに限られていることで
福祉課だけはほかの曜日に休んでも
土日に受付をやって欲しいです

そうでないとお勤めを持つ人は
必ず休暇を取らないと手続きが出来ないですからね
c0182775_181124.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-02-22 18:14 | Ricoh 500G | Comments(2)

「心惹かれる」とパプアニューギニアからの報告

c0182775_175677.jpg

昨日掲げた写真と同じ日同じ場所です(2008年多摩センター)

チェロを弾く花人形に心が惹かれるようです

この子を含む家族はブログ開設初期に登場しています

昨日ご紹介したリコー500Gですがフィルムを入れる前に点検すると
距離計が完全に狂っていました

無限遠の二重像がかなりズレまくり
2mほどの距離で二重像を合わせると
レンズの方は8m先にピントが合うというあんばいでした

はは~ん これがオークションに
ジャンクとして出品された原因に違いありません

60~70年代のコンパクトカメラがジャンク扱いされる場合
最も多い原因は距離計不調です

これはちょこちょこっと調整をし直し
昼過ぎにリハビリ散歩をかねて試写したら
遠距離も近距離もどうやら直っていました

リハビリといえば 東京で私を担当した若い理学療法士が
私から刺激を受けたといってJICAの海外派遣事業に応募し
パプアニューギニアに行っています

先ほど近況報告が届きました
c0182775_17263995.jpg

小さい子供は肌の白い人間が気味悪くて怖いのだそうで
当初はよく泣かれて困ったと前便にありました
c0182775_17303584.jpg

脊椎を損傷した患者さんには水治療法が有効だそうです
c0182775_17365258.jpg

現地の理学療法学会やJICAの報告会などの評判が良くて
大使や現地有力者の前でもレポートさせられ
えらく緊張したとのことです

新学期が始まると私は理学療法概論のゲスト講師をつとめます

その講義の中で彼の活動を報告して
恵庭にいる理学療法士の卵たちに
この仕事は世界的な視野で活躍ができるのだと伝えたいです
c0182775_17414789.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-02-21 17:49 | Ricoh 500GS | Comments(0)

仰角ねらいのカメラマンとシラバスというもの

c0182775_17271022.jpg

2008年の多摩センターでの光景です

使ったカメラについては後で説明します

きのう午後ときょうの午前中をついやして
授業のシラバスを書きました

20年ほど前までは週ごとの授業計画などは
書かなかったものです

もちろん授業概要は公表しましたが
1コマについて1年間の概要を300字程度で書くものです

文科省は丁寧なシラバスを書くように指導してきて
今日に至るのですが
シラバスの丁寧さ杜撰さと授業の良し悪しは決して並行しません

かつての同僚で
それはそれは詳しい丁寧なシラバスをかく御仁がいました

しかしついにまともな後継研究者を育てることなく終わったのです

シラバスを書くこと自体はあってもよいと思います
ただ学生の授業評価に
シラバス通りに行なったかという項目があるのが理解できません

私の考えでは受講生たちの認識の深化やら
教員の絶えざる研究の進展によって
シラバス作成時には思ってもいなかった方向に展開するのが
むしろ望ましい授業の在り方だと思っています

専門的な授業科目の場合なら 授業が終わった時に
論文が一本書きあがるような授業でないと
死んだ知識の開陳にすぎません

さて使用機材のRicoh 500GS ですが大変コンパクトながら
オート露出とマニュアル露出が使えるカメラです

ただ露出計に難があってマニュアルでしか使えません

500GS は1973年製ですが 前年72年に
500G という機種が出ていました
c0182775_17572747.jpg

左が 500G で デザインが斬新なためにあまり売れず
翌年右のオーソドックスなスタイルの 500GS を売り出したら
これが大変ヒットしたと聞きます

したがって中身は全く同じです

レンズはリケノン40mmでクラカメファンには絶賛される描写です

それで部品取りをするつもりで
ヤフオクで1300円で落札したのが初代の500Gというわけです
(昨日到着しました)

説明はなかったのですが露出計は完璧に生きていました

そのうちこの2台をどうするか おいおい考えていこうと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-02-20 18:14 | Ricoh 500GS | Comments(2)