<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

オフロード自転車写真と二眼レフの故障修理

c0182775_13515390.jpg

雪の上でもめげないのが 北海道の自転車好きですね

私も身体が不自由でなければ
自転車乗りになりたかったです

中学生の時に技術家庭科の先生から
機械の基礎は 自転車とミシンのメカが分かれば習得できるのだ
そういう風に言われたことを覚えています

一昨日から 昨年夏に壊した二眼レフの修理をやり始めました

MinoltaAutocord はロングセラーで色んなバレーションがありますが
私のは1958年製の輸出仕様です

当ブログでは95回ほどこれで撮った写真を掲げました

古いカメラはときどき風通しの必要があるので
空シャッターを切ろうとして手順を誤りました

c0182775_1402145.jpg

シャッターは最初に1番のレバーでシャッタースピードを決めます

次に2番の巻き上げクランクでフィルム巻き上げと
シャッターチャージをやります

それから3番のシャッターぼたんで切る
という手順で撮ります

しかし昨夏うっかり2番のクランクでシャッターチャージしてから
1番のレバーを最高速の500分の1秒に入れてしまいました

これはタブーです(500分の1秒以外ならOKです)

上の画面ではレバーが9番つまり500分の1にセットされていますが
そのあとこのまま固まってしまうのです

シャッター機構と巻き上げ機構が操作不能になります

これを業者に修理依頼すると3万円が相場ですが
スペア機種を持っているので
シャッター機構の勉強のためと割り切って
ダメもとで分解してみました

c0182775_14324854.jpg

左がカバー裏で レバーを操作して動くリングがついています
その動きがピンで右のシャッター機構に伝達されます

いろいろ点検したのですが それぞれは問題なく動作しました

右の→の先がシャッタースピードを変えるリングですが
手で回してセットすると
最高速からバルブシャッターまで異状なく切れます

結局 左のピンを右のリングから外しただけで
シャッター機構の固まりは解消しました

右側のリングの下までいじらないといけないかと心配しましたが
その必要はなかったです

シャッター機構は私の機種はセイコーですが
ほかの機種にはシチズンがついています
(下はいつも勉強になる「素人寫眞機修理工房」さんが掲げるシチズンのシャッター)

c0182775_14432352.jpg

このようなシャッター機構をいじくったり
本体側面の巻き上げ機構を直すという事態には至りません

それで上矢印のシャッタースピードピンと
シャッターリング切り欠きの位置を合わせ
下矢印元の絞り調整U字金具と
矢印先の絞りリング(位置がずれています)ピンの位置を合わせ
カバーをかぶせれば修理完了です

ただそのままネジを締めると1番のレバーが固くなり
スローシャッター・ギアブロックに入らないということで
つまり上矢印元のピンが深く入りすぎるのだと判明しました

そこで上矢印の先の先にあるネジ穴周りに手製のワッシャーをかまし(赤線位置)
カバーを0.2mmほど浮かせてやって(撮影には全く影響ありません)
ピンの入りすぎを防いでやると めでたしめでたし 故障がちゃんと直りました

アマチュアのカメラ修理のサイトは色々ありますが
このトラブルとこのセイコーシャッターについては
情報が見つかりませんので
万が一お役に立つこともあるかと 長々書きました


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-01-31 16:30 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

冬の札幌軟石の蔵と支笏湖氷濤まつり

c0182775_17554733.jpg

壊すのはもったいないと移築された蔵です

この蔵はライラックと一緒に撮ったのを
掲げたことがあります

雪の中でも最近の建材とは異なる存在感がありますね

石材の札幌軟石はいまや建築材ではなく
おしゃれな小物の材料になっているらしいです

札幌軟石は支笏湖ができた時の火砕流が
冷えて固まった岩石だそうです

支笏湖といえばちょうどいま「支笏湖氷濤まつり」をやっています

氷濤という漢語は日中の文字資料には見当たらないので
千歳市が知恵を絞って
「氷のなみ」という意味の造語をしたのだと思います

私自身は身体がおぼつかないので札幌雪祭りも敬遠していますから
氷濤まつりはますます敬遠ですね

ところで
成功の裏付けのないゼロ金利政策だの
ゴミの処理ができないプルサーマル方式の高浜原発の再稼働だの
日本を壊しそうな重大決定がなされて
ゾッとしています
c0182775_1826217.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-01-30 18:29 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

大詰めの受験勉強と16世紀の講義ノート

c0182775_1723972.jpg

問題集を開いて勉強を始めた受験生です

図書館の一角ではなく 前に何かの団体の役員会議が行われた
ショッピングセンターの休憩コーナーなんです


今日は勤め先の入学試験日ですが
役職を離れた今年度は私自身の業務はありません

それで 3年前に出版広告が出た仕事に集中しています

活字に翻刻することになっている
16世紀の儒者の講義ノートはこんな具合です(講師の自筆です)

c0182775_1733671.jpg

基本的な文字列は入力してありますが
文字使いが一筋縄ではないので一字一字確認して活字化します

たとえば「数」はほとんどの場合「數」で書かれていますが
ときどき「数」になっていたり
「宝」が人名の時だけ「寶」になっていたりするので油断できません

上に示したのを1頁とすれば
全体の分量は460頁程度になります

これを担当者3人で分担していますが
今のペースだと私の担当分で2か月かかるかと踏んでいます

しかし活字化のためにじっくり読み込むのが
色んな意味で面白いのです

16世紀の学生になったような気分で講義を楽しんでいます
c0182775_17475849.jpg
by zuoteng_jin | 2016-01-29 17:50 | DP2S | Comments(0)

落し物

c0182775_17311744.jpg

小学生の通学路に落ちていました

中にタオルのようなものが入って
外にネームタグがついていました

たぶん落としたことに気がつくと思うので
目立つように置き直してきました

土曜日だったので校舎に入りにくいと思ってそうしたのですが
後で考えたら 学校に届けておけばよかったかもしれません

無事に見つけてくれるとよいのですが…


今ちょうど某大臣の記者会見が放映されていますが
大臣辞任で幕引きということのようです

総理の任命責任はどうなるんでしょうか
国会で続投だと明言した判断との兼ね合いは?

センテンススプリング(!?)にはその先を追及してほしいものです
c0182775_17405242.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-01-28 17:48 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

雪のうえで遊ぶのは楽しいな

c0182775_17115066.jpg

23日に掲げたかまくら掘りと同じ日に撮りました

元気な兄と妹が雪に半分埋もれた滑り台に一目散です
雪のない時期とは別の遊び方を思いついたのかも知れません

子供は遊び方を思いつく天才ですからね

ふたりともワンピースのオーバーオールと毛糸の帽子が
よく似合っていました
c0182775_17194747.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-01-27 17:25 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

冬のたそがれ時

c0182775_182884.jpg

恵庭市のキャンパスです

今日は午後のいっとき札幌でも恵庭でも
気温がプラスに転じました

日差しが長くなってもいますが
少しずつ柔らかい光になっているような気がします

新年早々投稿した論文も掲載が決まったようですし
指導担当の学生院生の論文も目途がつき
自分の新しい仕事に取り組み始めました

中国で八世紀に編集された故事成語集を
日本の室町時代十六世紀の儒者が講義した講義録写本を
活字化する仕事です

同学三人でやる共同作業ですが
年内に目途をつけたいと自ら拍車をかけています
c0182775_18454678.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-01-26 18:50 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

ロードレスキュー写真と放射能レンズの測定

c0182775_1646862.jpg

昨日一昨日の大雪のため各地で渋滞や事故が起きています

札幌のレスキュー車は全車出動態勢には至っていません

この会社も3台程はエンジンをかけて待機していますが
この1台はとりあえず温存という態勢ですね

しかし気温はしっかり低くて
日中でも零下10度程度に下がりました

そんななか今日は今学期最後の授業が終わりました
後学期一度も病欠や事故欠がなくてありがたいことです

寒いので 例の放射能レンズはまだ持ち出し不可です

このたび簡易な家庭用ガイガーカウンターを入手したので
レンズの放射能を測定してみました

c0182775_1655012.jpg

レンズフィルターにくっつけて測ると
けっこう高くて毎時 2 マイクロシーベルト(2 μSv/h)

これがどれほど高いかというと
年間 17 ミリシーベルトに達します

東北北海道の自然状態の放射線量は
年間 1 ミリシーベルトですからね

しかし 10センチも離すとご覧のように
毎時 0.05 マイクロシーベルトで有意味な測定値以下です

c0182775_1742367.jpg

しかも密着の年間 17 ミリシーベルト というのは
24時間365日体にくっつけた場合の数値です

普通に使う分には ほとんど人体に影響がないですし
フィルムの感光もないということです

ネット上に往年の スーパータクマー50mm F1.4 の
測定値が紹介されていますが
毎時 5 マイクロシーベルト前後で
私のレンズの倍以上あります

スーパータクマーの愛用者に
異常があったなどは聞いたことがありません

私のレンズは それよりも安心して使えるようですから
暖かくなるのが待ち遠しいです
c0182775_17105912.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-01-25 17:22 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

雪に埋もれそうな砂箱

c0182775_17293517.jpg

交差点付近にある滑り止めの砂箱が埋もれそうです

九州方面の寒さと雪は歴史的らしいですが
沖縄県浦添市で小雪がちらつく画像には驚きました

ネットの雪画像を色々拝見していると
電気的露出の特性として灰色になってしまうのが多いです

雪を撮ったことがない人には
露出補正をしないと白い雪が白く写らないことなど
おそらく未経験のことなのだと思いました

歴史的と言えば10年振りに
大相撲で日本人力士が優勝したらしいです

この10年間 モンゴルなどの力士が
日本の国技を支えてきたことになるわけで
そう考えると国技というような言い方は
とっくに死語しても良かったのかもしれないと
改めて思います
c0182775_17441180.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-01-24 17:47 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

かまくら作り写真と落下機材の修理

c0182775_1641290.jpg

夜中にまとまった雪が降って夜が明けると晴れ上りました

こうなったら子供たちはじっとしていません
早速かまくら作りです

子供のころよく掘ったものです

中はまだ二人がやっと入れるほどでした

c0182775_16453699.jpg

撮影機材は札幌に来てはじめて持ち出した Agfa OPTIMA 1035 です

ときどき持ち出した Agfa OPTIMA 1535 は距離計つきですが
OPTIMA 1035 は Rollei 35 と同様に距離計がないので
目見当で距離を測り
レンズ鏡胴の距離指数を自分でセットします

でも私のようなお散歩撮影ならそう困りません

この機材は2007年にコンクリートに落下させて
レンズ鏡胴がボディにめり込むという故障を起こしました

それで鏡胴を外して
シャッター機構のギアの外れを直し
レンズ鏡胴を付け直すといった
大変な重修理を自分でやりました

下はその時参考にしたサイトの画像ですが
この程度にはバラしたものです

c0182775_16572557.jpg

バラすのは難しくないのですが
本当の苦労は外したレンズの取り付けでした

要するに無限遠や1メートル先に距離を合わせて
ちゃんとフィルム面にピントを結ばないと使い物にはなりません

まあ何とかうまく修理できたので
今日のショットのようにちゃんと撮れています

このレンズの描写が大好きで
雪の表情なんかも
私の操作ではデジタルよりも確実に写ってくれます
c0182775_177529.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-01-23 17:16 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)

札幌もやっと本格的な雪降りです

c0182775_15111822.jpg

近くのマンション入り口で一週間前はこうだった雪も

今日はさすがに積もりました(下の撮影はデジタルDP2Sです)

c0182775_15134828.jpg

例年だと1月下旬からは横ばいの積雪になるはずですが
今年は変則的な感じなので
いままでの借りを返されることがなければと思います

c0182775_15262258.gif
c0182775_15285036.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-01-22 17:30 | Minolta HIMATIC F | Comments(0)