<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

マンションイルミネーションとデジタル比率激減の一年

c0182775_16173350.jpg

マンションで設置しているイルミネーションです

本年もご覧いただいた皆様に御礼申し上げます

ところで2009年の年頭に本格開設した当ブログ
フィルム写真が主体ですが
デジタルもこれまで545コマ掲げました

年間毎のデジタルコマの集計をしてみます
ほぼ毎日更新しましたので
下のコマ数以外はフィルム写真です

2009年は5コマ
2010年は10コマ
2011年は62コマ
(この年は海外出張が多くて デジタルがふえました)
2012年は145コマ
(3月にミラーレス一眼を導入し かつ海外が多かったですし 12月は入院中でした)
2013年は215コマ
(脳卒中後遺症と闘いつつ 北海道移住がありました)
2014年は83コマ
(身体条件と環境条件に慣れてきて フィルムに回帰しつつありました)
2015年は25コマ
(これが本来のデジタル比率だと思います)

今年はデジタル比率が激減して フィルムが93%になりました

来年も今年程度の比率で
フィルム写真を九割以上かかげるつもりです

皆様 新年もどうぞよろしくお願いいたします
良いご越年を!
c0182775_16341989.jpg
by zuoteng_jin | 2015-12-31 16:44 | NEX-7 | Comments(0)

出張の合間に10(池の反対側から)と論文と女優の文章

c0182775_15281274.jpg

私たちの旧居はあの高層団地の向こう側徒歩2分ほどにあります

この位置からもけっこう撮っていました

時にはこの人のようにベンチで一息入れたりしました
c0182775_1611244.jpg

年末年始の休暇で公務から解放され
年越しの支度では私のやるべきことが終わり
久しぶりにじっくりと書きかけの論文に取り組んでいます

今さら就職だ昇任だなどということには関係がないので
これまで学界や読書界に知られていない重要なことを書き残したいと
そういう思いで書いているわけですが やっていてやはり楽しいです

年明けの仕事始めまでにはほぼ完成するめどがついてきました

ただちょっと困ったことがあります

今日アマゾンから高峰秀子「わたしの渡世日記」が届きました
1976年初版の古い出版ですが
それ以来 80年朝日文庫 98年文春文庫 2012年新潮文庫と
版を重ねたロングセラーです

ちょっと中をのぞいたらこれが素晴らしく好いのですね
論文を中断して読んでしまうのが困るのです

俳優のなかに端倪すべからざる文章家がしばしばいるもので
池部良「そよ風ときにはつむじ風」なども
俳優の余技の域を超えていました

高峰秀子の文章を楽しむためにも
論文に拍車をかけねばなりません
c0182775_16115089.jpg

使用機材→クラック
by zuoteng_jin | 2015-12-30 17:24 | Minolta CLE | Comments(0)

出張の合間に9(池のカモ)と政府間合意のうさん臭さ

c0182775_1620330.jpg

この日はカモたちが写真に収めにくい場所にいました

かつて中判フィルムで撮ったことがありますし
これまたロシアレンズの試写でも撮りました

私などはカモを通りすがりに撮るだけですが
休日には カワセミを撮るカメラマン
望遠レンズの放列をしくことがあります
野鳥撮影のポイントになっているのですね

そういうところに私がクラシックカメラをぶら下げてゆくと
あれこれ質問されることがよくありました

一番多い質問は「まだフィルム買えますか?」です

モノクロは自分で現像しますというと
ほとんどのけぞり気味にして引かれてしまいますが


それはそうと今度の日韓の合意というもの
首相は米国に指示されるまま
これまでの自説をコロリと翻す変節漢であることを
またまた見事に証明してくれたようです

だいたい子々孫々謝罪するのは「国民が」ではなく
戦争を指導した国の政治家なんであって
国を誤った領導は自国他国を問わず
子々孫々「国民に対して」謝罪するべきでしょう

国家間の合意というのはどう考えてもうさん臭いです
c0182775_1653084.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-12-29 17:07 | Minolta CLE | Comments(0)

出張の合間に8(池のハス)とプリンタのパーツ欠品

c0182775_13531616.jpg

このハスもよく撮りました

レンズテストの被写体に選んでいろいろ試したものです

ショートズームのモノクロ写真も撮りましたし
ロシアレンズでカラーも撮りました

ところで先週後半から作っていた年賀状ですが
本日やっと投函しました

写真と年賀ご挨拶は写真専用のプリンタで印刷しましたが
写真用プリンタはインクが高価なので
あて名は今月中旬に導入した
モノクロレーザープリンタで印刷するつもりでした

ところが本体内部についているはずのハガキガイドというパーツが欠品です
箱に同梱するパーツではなく 本体についているはずのパーツです

やむなくラベル用紙で印刷してしのいだのですが
欠品処理は販売店のビッグカメラが新品交換で対応してくれます

ただそのガイドというパーツはプラスチックの
2cm×5cmぐらいの小さなものです

そんなものちょっと封筒に入れて送ってくれればよいものを
本体梱包丸ごと交換というのは大げさですが
販売店サイドとしてはやむを得ないのでしょうね

メーカーに相談すると 直接対応してもよいが
ユーザーや販売店や機種の確認作用をしてけっこう時間がかかるので
この際は販売店対応のほうが速やかだと思うからそれでどうかということでした

本体はすでにもろもろの設定をしてあるし
このシリアルナンバーでユーザー登録もしてあるので
交換品が届いたら欠品パーツだけ抜き取って
本体は換えずに返品にします

確かに早い対応でしたが 何か無駄なエネルギーを使っているようで
釈然とはしませんね
c0182775_1410202.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-12-28 17:30 | Minolta CLE | Comments(0)

出張の合間に7(豊ヶ丘南公園の山茶花)

c0182775_16223739.jpg

以前 冬の間はこの山茶花を見に来たものです
c0182775_16383897.jpg

ただ今回は少し時期が遅くなりました
2009年の花盛りの頃に来て撮ったのはこれです

この位置から背後に池がありますが
脳出血入院を退院して4日後の元日に一回りしたのは忘れられません

多摩ニュータウンに来たらやはり一回りしたくなります
c0182775_16342174.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-12-27 17:19 | Minolta CLE | Comments(0)

出張の合間に6(豊ヶ丘南公園へ)

c0182775_14101570.jpg

恩師を見舞ってから旧居の近所の公園に行きました

このプラタナスがすでに公園の一角です
かつて反対側からモノクロで撮った写真を掲げました

二眼レフで撮ったのもありました

今度こうして歩いてみると
はるばる遠くから来ているという気がしませんでした

この公園の池の周りを一回りしてみます
c0182775_14372018.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-12-26 17:30 | Minolta CLE | Comments(0)

出張の合間に5(丘の上プラザ)と2本指ソックス

c0182775_1649545.jpg

昨日の撮影位置から振り向くと丘の上プラザです

この建物の主たる店舗はイトーヨーカドーで
この機会に買いたいものがありました

作務衣が普段着なので雪駄をよく履きました
それで2本指ソックスが必要になります

脳卒中でマヒを起こすと
足の運びが雪駄には不向きになって
雪駄の稼働率は下がりはしましたが
それでも先割れソックスが習慣になっています

ただ札幌でいくら探しても2本指はありません

5本指はありますが 指の間に生地が入るので
雪駄ならばともかく靴を履くと窮屈なのです

靴にも雪駄にも快適な2本指が好きですね

さて昔よく買ったイトーヨーカドーです

勝手知ったる売り場ですから探してみると
案の定2本指がちゃんとありました

これを4足(訂正8足)ほども買うと
鬼ヶ島から帰る桃太郎のように意気揚々の気分でした

この通りの突き当たりはサンリオ・ピューロランドです

20年以上もこのそばに住んでいて
私は入ったことはありませんが
海外観光客も大勢来てにぎわっています

c0182775_17145178.jpg

2007年の写真を追加します
このころはまだ外国人の団体は少なかったようです
Leits Minolta CL,M-ROKKOR 40mm F2,XP2 ↓

c0182775_20581369.jpg

c0182775_1720861.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-12-25 17:28 | Minolta CLE | Comments(0)

出張の合間に4(多摩センター三越)と食事のこと

c0182775_18242341.jpg

用務が終わった次の日は第二の故郷多摩ニュータウンに行きました

今はこのライオンでお分かりのように三越が入っていますが
私が富山から引っ越してきた1989年に
多摩そごうがここでオープンしました

バブルの絶頂期ですからそごうオープンのおかげで
団地のマンションの価格がすぐに1.7倍になりました

そごうは約10年で閉店して三越が入ったのですが
私におけるバブル経済の崩壊は
そごう閉店という具体的なイメージになっています

そごうは多摩に銀座を というコンセプトだったので
天ぷらの天一などが美味しかったです

今回の出張では東京の天ぷらやうなぎを頂くのが楽しみでした

着いた夜に東京ドームホテル内の天ぷら嵯峨野で頂きました

c0182775_1915840.jpg

食材の置いてある鍋前に席を作ってくれたので
職人さんにいろいろ聞きながら頂きました

この店は京料理たん熊さんの天ぷら部門なので
聖護院蕪など 京野菜の天ぷらが珍しくかつ美味でした

お酒は今はやりの獺祭で確かに結構でしたが
獺祭で天ぷらとなると あの能無し首相のようですね

しかし京風天ぷら なかなか良かったです

うなぎは翌日の編集会議の弁当に出してくれました

本郷三丁目のリーズナブルなお店 鮒兼さんのうな重です

c0182775_1928819.jpg

このタレがしっかりと濃いのですが
甘さを控えたいかにも東京のうなぎを堪能しました

こんど上京の機会があれば
かつて行きつけのお店を是非再訪したいと思ったことです
c0182775_19373244.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-12-24 19:46 | Minolta CLE | Comments(0)

出張の合間に3(三省堂と金田一賞授賞会場)

c0182775_16371563.jpg

今回の出張の用務先です

神田川沿いにある三省堂です
「辞書は三省堂」の広告塔が見えます

けっこう古い広告塔ですから
川に面したところには「辞書はコンサイス」とあります
コンサイス英和辞典は今でも手元に置いて引く辞典です

15年前に「漢辞海」初版を出すときには
夏休みの間ほとんどこのビルの一室でゲラ刷りと格闘していました

「窓の外には神田川~」であることには変わりないですが
ロマンスには縁がなく 帰宅は連日夜10時頃でした

そうやって苦労して作った辞書が発行100万部を越え
今ここで改版の編集会議が開けるというのはありがたいことです

用務の二つ目は東京ドームホテルでの
金田一京助賞授賞式です

c0182775_16473950.jpg

学部1年生からの教え子が受賞したのですが
選考委員長をつとめたU先生とは40年前からの知り合いで
期せずして10年ぶりの再会を喜び合いました

受賞者の本を出した出版社も
採算性の悪い学術書を出してくれるところで
これも私の還暦記念論集を出してくれたことがあります

その社長とも40年来の付き合いで
今回は5年ぶりぐらいの再会でしたし
何から何までアトホームな授賞式でした
c0182775_1741763.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-12-23 17:09 | Minolta CLE | Comments(0)

出張の合間に2(リムジンバス)

c0182775_1647382.jpg

羽田→新宿リムジンバス国際線乗り場です

右手に4棟のパーキングビルがありますが
慣れないとどうやって入るかが難しいです

3年ぶりに羽田ターミナル周辺に来てみると
目で追うだけではありましたが
駐車場に入る順路はしっかり覚えていました

2度目の東京暮らし25年の間に
年に数回は乗り入れていましたから
覚えていても不思議ではないですね

千歳空港の駐車場は全然自信がありません

ところでリムジン乗り場の整理員の仕事は
あらかじめ乗客からトランクを預かり(荷にタグをつけ半券を渡す)
バスのトランクボックスのあたりに行き先別に置いておき
バスが来たら行き先を仕分けして積み込むわけですね

ですから乗客は安心して
バス停に来た順番通りに乗車が可能です

ところが千歳の乗り場はそうではなかったです

整理員は事前に全く何もせず
バスがついたらただトランクボックスを開けただけでした

初めから整列していた乗客は自分でその位置までトランクを運びます

その間 後から来た乗客は
通りすがりにボックス前にトランクを置き
先に並んでいた我々よりも速やかにサッサと乗車してしまいました

預けた荷物のタグも半券もありません
取り違えたらどうするのでしょうか

いやはや
c0182775_1792714.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-12-22 17:21 | Minolta CLE | Comments(0)