<   2015年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

明日足場がはずれる

c0182775_17102225.jpg

明日この足場がはずされるそうです

先程いよいよ足場解体のアナウンスがありました

これで室内換気が一気に改善されます

昨日の疲れで さすがにいつもより身体が強張りました
今夜に予定されている学生同士の上下級生交流会は
お休みにさせてもらいます

体をほぐすために
マンションの周りをひと回りして撮ったのが今日のコマです

晴天ですが風が冷たくて
薄い毛糸のベストを着込んで外に出ました

マンションの改修もそうですが
町の空気は追い立てられるように冬支度に向かっています
c0182775_17194991.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-30 17:28 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

大雪山初冠雪ニュースと秋葉晴雲

c0182775_17351380.jpg

大雪山初冠雪のニュースがありました

札幌はこれから紅葉黄葉が始まります

唐詩に下のような句があります

秋葉(シュウヨウ) 風吹いて 黄颯颯(コウサツサツ)
晴雲(セイウン) 日照らして 白鱗鱗(ハクリンリン)

颯颯は木の葉の音の形容で 鱗鱗はうろこ雲のさまの形容です

これを写真で撮りたいのですが
黄葉とうろこ雲をピタリと押さえる機会がありません

そこで白黒写真にちょっと色を付けてみました

今日は授業3コマで すべて論文指導です
学部の卒論指導1人
大学院修士論文3人です(うち1人は来年提出)

あと2か月以内に完成させねばなりません
それには授業以外のキャッチボールが大事です

気分は一気に後学期モードになりました
c0182775_1751302.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-29 17:55 | Rollei35 Germany 1 | Comments(0)

防護ネットが外れたベランダから

c0182775_17293714.jpg

ほぼ4か月ぶりにベランダの防護ネットが外されました

若葉が緑を濃くしているさなかに張られたのですが
外してみると黄葉が始まっていますね

今晩はスーパームーンだそうですが
雲の切れ間から見えるかどうかといった塩梅です

久しぶりに講義をやってきましたが
さすがに疲労が大きくて帰宅後ひと眠りしました

これからの後学期
冬を乗り越えて無事に終わらせたいものです

【追加】お陰でベランダから月が見えました
NEX7に200mm(300mm相当)ズームをつけて撮ってトリミングしました
c0182775_23245525.jpg

c0182775_17385021.jpg
by zuoteng_jin | 2015-09-28 17:39 | DP2S | Comments(0)

サーモンパークの人工流

c0182775_16593760.jpg

道の駅サーモンパークに作られた人工流です

人工の水場はけっこう好きなんです

むこうの朱い鳥居は鮭の慰霊碑のものです

人工流の水面が反射して光っていますが
敢えてその反射を除去しませんでした

反射を除去するにはレンズの先端に
偏光フィルターをつけるのですが
マヒの残る左手でのフィルター操作は思ったより大変です

ファインダーをのぞきながらフィルターを回して
反射の消えるところでシャッターを切ります

しかしフィルターを回すと
その回転によってレンズのピントもずれてしまうので
微妙な操作が要求されるのです

今の手の条件で偏光フィルターをうまく使う練習が必要です

ところで今日のお昼前に北海道博物館に行って
幕末の蠣崎波響がアイヌを描いた「夷酋列像」の展示を見る予定でした

しかし玄関を出たとたんに激しい雷雨になって
今日は中止にしました

15時ぐらいから晴れてきましたが
明日から後期の授業が始まるので無理はしません
c0182775_17175596.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-27 17:21 | Minolta XD | Comments(0)

河原の枯れススキ

c0182775_17582913.jpg

土手の下はパークゴルフ場です

いよいよ来週初めから
マンション大改修の足場はずしが行われます

4か月間の鬱陶しい工事が大詰めです

私の「唐詩選」生データ作成も大詰めで
今晩中に出来上がる予定です

今日はその研究のために
道立図書館に行って先行研究文献を借りてきましたが
やはり大事な言及はありません

執筆公開の意味のある論考になりそうです
c0182775_1843338.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-26 18:06 | Minolta XD | Comments(0)

秋葉の散り始めとパスポート切り替え

c0182775_17172795.jpg

道には秋葉が散り始めています

今日も例の「唐詩選」のテキスト作成をやりました

中国では「唐詩選」は1800年ごろに
偽書で価値のないものと判定が下されてから
さっぱり世の中に出なくなりました

したがってテキストをダウンロードできるサイトが
中国にも台湾にもありません

そこで台湾の「全唐詩」五万首を検索できるサイトから
「唐詩選」所収の詩を探し出して一首ずつダウンロードし
自分で作るほかありません

今日で全体の75%ができました

その合間に札幌駅前のパスポートセンターに行き
パスポートの期限切り替えの申請をしてきました

いや海外に出向く予定はありません

ただ 身分証明書として有効な自動車免許証は
脳出血の後遺症でいつまで更新できるか分かりませんし
勤務もこの先どこまで続けられるかどうか分かりません

それで28日で有効期間が切れる旅券を
この先10年間分発行してもらうことにしました

パスポート用の写真はマンションの近くにあるボックスで撮りましたが
窓口では3.5cm×4.5cmのパスポート用写真は
使えないことが分かりました

いっしょに写っているビザ用の大きな写真でないと
顔認証に対応できないというのです
(使えることは使えました)

昨今のテロ対策で本人確認が厳しくなって
街角のパスポート写真撮影では
用事が足りなくなったことを知りました

ご時勢です
c0182775_17405294.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-25 17:42 | Leica IIIF | Comments(0)

緑陰学習

c0182775_1734172.jpg

連休中に最後の夏日とかで高校生が木陰で勉強していました

今日は後学期オリエンテーションでした

私は学部の方には格別の役割がなく
大学院の方は教務委員ですのでそちらに出てきました

いよいよ来週から授業が始まります
c0182775_1742011.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-24 17:43 | Minolta XD | Comments(0)

大谷地神社の祭礼

c0182775_13364160.jpg

昨日今日と大谷地神社の祭礼です

これは昨日撮ったものですが
裏参道をゆっくり上って社殿に着くと
上のコマで点景としてレンズに収まっていた仲良しさんが
ちょうど折りよく拝礼していました

c0182775_13334195.jpg

今日は本宮祭りなので
10月4日の母の五年祭を執り行っていただく神主さんに
当日はよろしくと挨拶に行きました

社務所にいた禰宜さんは早速立ち上がって
会場のホテルからも連絡を受けてます よろしくお願いします
とのことでした

そう言いながら脇にあった神饌を渡してくれたのが下です

c0182775_14132321.jpg

「みつや」さんという和菓子の老舗は北海道神宮御用達だそうで
我が家から車で15分ほどのところに店舗があるようです

甘さ控えめの旨い最中でした

c0182775_14135124.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-23 17:25 | Minolta XD | Comments(0)

漁川黄金橋とサケの遡上

c0182775_18314439.jpg

大学の正門を横に札幌方面に700mほど行くとある橋です

正面遠くに恵庭岳が見えますし
河川敷は大変手入れのゆき届いた
パークゴルフ場になっています

通勤ルートの国道38号線はこの下流250mほどです

先週ちょっとこの橋に寄ったのは
サケの遡上が見られると聞いたからです

この川を漁川イザリガワというのは
アイヌ語の「イチャン」(サケやマスが卵を産むところ)に
由来するらしいです

橋の上から見下ろすと確かに遡上していました

c0182775_185034100.jpg

体長70~80センチほどのメスに
オスが産卵を促す様子が見えます

今日あたりはもう少し群れていたのではないかと思います

こういうのをさりげなく見られるのは
北海道だなぁと実感します
c0182775_1857535.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-22 18:58 | Minolta XD | Comments(0)

老枝病葉 人を愁殺す

c0182775_1610568.jpg

外は秋雨です

「秋風秋雨 人を愁殺す」という名句がありますが
愁殺の殺は「ころす」のではなく「ひどく」の意ですから
「人を愁殺す」は「人をひどく悲しませる」ということです

秋の景物が人を悲しませるという詩句は色々あって
今日の写真にふさわしいのは白楽天の詩の一句
「老枝病葉 人を愁殺す」でしょうね

詩と言えば 「唐詩選」465首の第一段階調査が終わりました

c0182775_16212599.jpg

付箋を挟んだのはこの本の注釈者
江戸後期の学僧である大典禅師が
詩句を散文化する処置を本文に加えてあるものです

たとえば李白の「黄鶴楼にて孟浩然が広陵にゆくを送る」はこうなります

故人 西のかた 黄鶴楼を辞し
煙火三月 【舟に乗って東し】楊州に下る
孤帆の遠影 碧空に【入りて】尽く
唯だ見る長江の天際に流るるを

【舟に乗って東し】と【入りて】は原詩に無いもので
これらを原詩に漢文で入れ込んであるのです
(四角で囲んで補入であることを明示しています)

【舟に乗って東し】が補ってあれば 楊州に下るのが
煙火ではなくて故人(=友人)だとちゃんと理解できます

知る限り こういうやり方をした人はそれまでになく
そのあともいません

それでこういう処置が施された箇所に
付箋をつけていったら写真のようになりました

チェックのために465首の一字一句を読みましたが
「唐詩選」全首の通読ははじめてです

このデータをもとに散文化のどういうパターンがあるか
年末までに分析して立論しようと思っています
c0182775_1657419.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-21 16:58 | Rollei35 Germany 1 | Comments(0)