<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

初夏の花いろいろ

c0182775_1658320.jpg

5月最終日ですから初夏の花をまとめて掲げます

スズランは路端や庭先にたくさんありますので
スズラン公園まで行く気にはなかなかなりません

ただ地面近くの花を撮るのは
片麻痺後遺症の身にとって簡単ではありません

c0182775_1715965.jpg

これは人様の庭先の牡丹

花卉に詳しくない私は最近やっと
牡丹と芍薬の区別ができるようになりました

木になって 葉が先割れになるのが牡丹ですね
芍薬は葉に切れ込みがなく
茎が一本一本地面から立ち上がっています

c0182775_1772010.jpg

4m~5mの樹高なのでオオデマリです
コデマリはめったに背丈を越えないようです

みごとにマリになるものですね


金土日の三日間は
講義資料の作成と辞書改訂作業とに集中しました

両方とも一段落して ストック画像の花で骨休めをした次第です


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-05-31 17:24 | Minolta CLE | Comments(0)

大改修工事始まる

c0182775_20352783.jpg

月が変わると 我々の第3棟の足場がかかります

これは第2棟の足場架設工事の作業員が
10時の一服を終えて作業に戻るところです

ベランダの物干し竿は撤去しておく必要があります

その保管所がテニスコートに設けられています

c0182775_20424674.jpg

先日モノクロフィルムの入手について書きました

ヨドバシやキタムラやビッグカメラ以外で探してみると
シルバーソルト(銀塩そのままですね)というネットショップで
ローライのモノクロ長尺が7000円以下で入手できることが分かり
2018年使用期限のものを2巻注文しました

これでまたしばらくはモノクロフィルムの自家現像を楽しめます

蛇(ジャ)の道は蛇(へび)とは このことですね


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-05-30 20:58 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

無理せず頑張りましょう

c0182775_16461283.jpg

私同様に脳卒中リハビリ散歩でしょうか

無理せず頑張りましょうと声をかけたい後姿でした

団塊の世代が病気で倒れる報道が相次ぎます

先日 兄弟フォークデュオ・ビリーバンバンの
病気からの復帰が伝えられました

昨年 兄の方が脳出血で倒れ(右脳視床出血で左片麻痺)
同じころ弟の方が大腸がんステージ3で
切除手術をおこなった由です

お二人とも順調に復帰されたのは何よりですが
疾患の程度が私とほとんど同じなんですね

ただ私はひとりビリーバンバンなわけです

今日は私の下の姉が
がんセンターに検査入院して退院の予定です
大事ないことを祈ります


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-05-29 17:11 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

砂場の姉弟

c0182775_17584545.jpg

我が家の孫と同じぐらいの年端の子供たちです

このまま何の屈託もない環境を守ってやりたいですね

地震の被害を受けたネパ-ルの子供たち
中東紛争地帯の子供たち
放射能被害で避難を強いられた福島の子供たち
それぞれ過酷な環境の中で生きています

いまの政権の耳を塞ぎたくなるような国会答弁では
写真のような子供たちの行く末を保証できるとは
お世辞にも思えないのが悲しいです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-05-28 18:11 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

水遣り

c0182775_17214767.jpg

鉢植えのある戸建てでは水遣りに余念がありません

街路の花壇も近所の住民がお世話をしています

それでも北海道は長袖ですからね

c0182775_17241270.jpg


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-05-27 17:30 | Minolta CLE | Comments(0)

ヘアサロンとフィルムローダー

c0182775_17433033.jpg

大学前にあるサロンです

千歳市にある人気店の支店らしく
美容室というよりカフェのような内装と接待が特徴のようです

昼休みに大学から駅前まで1本試写しました

先週末に100フィート(約30.5メートル)の長尺フィルムを
24コマ分ずつパトローネ(カメラに入れるフィルム缶)に入れるために
まずフィルムローダーに装填したのですが
これはなかなか厄介な作業なのです

長尺フィルムはバームクーヘンのように巻かれています

フィルムローダーは下のように小ぶりの弁当箱のような道具です
右下がパトローネですね

c0182775_17512580.jpg

ローダーにフィルムを入れる作業は
暗室内でなら そう厄介ではありません

しかしこれを下のようなダークバッグ(遮光袋)を使い
袖口から手を通して 手探りで行なうとすると
マヒのないころでもけっこう難儀でした

c0182775_1758119.jpg

それで今回は1メートル分は使用をあきらめて
袖口から薄明かりの中に引っ張り出ししっかり装着してから
残りの部分をバッグの中でローダーに収めるという方法をとりました

心配なのはその過程で
29メートル分に光が当たることです

それを確認するための試写でしたが
どうやらまったく問題ありませんでした

ただ問題はコダックもフジも
長尺フィルムの販売をやめたことです

チェコ製のフィルムならまだありますが
もうこんな使い方をするカメラ好きは絶滅寸前です


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-05-26 18:16 | Leitz Minolta CL | Comments(0)

ご冥福を祈って

c0182775_19165061.jpg

今日はモノクロ写真をかつての学生の霊に捧げます

帰宅したら かつての学生の奥さんからの葉書があり
入院治療もむなしく 3月に鬼籍に入ったというお知らせでした

亡くなったのは 一昨日かかげた大学案内の富山大の卒業生です

彼は1982年に卒業していますから
私の着任3年目に大学に入っています

私の教員経歴の中では 最も人懐っこい学生で
研究室のムードメーカーでもありました

車が好きで 広島のマツダ本社の国際営業部に就職しました

そこは たしか15年ほどで転職したのですが
卒業後もしばしば我が家に遊びに来ていました

数年前から筋萎縮症で闘病しつつあると聞きましたが
何と13年1月12日に病身を推して 私の転勤送別会のために
岡山から多摩市まで来てくれました

もうかなり悪そうで 正直に言うと
脳卒中で退院したばかりの私よりも
むしろ危うい感じがしたものです

今となっては そういう形で
昔の学科の仲間に別れに来たのだと思うと
胸が詰まり 涙がにじんできます

享年は55歳前後でしょうか
N君 ご冥福を祈っていますよ


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-05-25 19:42 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

満開の藤と雪に耐える藤

c0182775_1732064.jpg

昨日今日この藤棚は満開です

こうして咲き誇るには
寒い冬の雪をこらえなくてはなりません(下は Contax T2 使用)

c0182775_1733364.jpg

リハビリ散歩以外の時間は
講義資料の作成にかかりきりでしたが
ながいこと不審に思っていたことが
準備するうちに氷解しました

送別詩の超有名詩である王維の「元二の安西に使いするを送る」

「君に勧む 更に尽くせ一杯の酒
西のかた陽関を出(いづ)れば故人無からん」
というあれですが
「唐詩選」にはなぜか王維の他の詩は収録するのに
この詩は未収です

それで今回ちょっと平仄を調べたら
これがまったく整わず 大胆な破格だったのです

「唐詩選」は破格をきらう傾向があると言いますから
それで選に漏れたと見れば
当然至極だったというわけです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-05-24 17:53 | Minolta CLE | Comments(0)

大学案内と下重さん

c0182775_15393637.jpg

30年前に私が作った大学案内です

グレーの部分が変色していますね

1986年の秋だったと思いますが
大学案内を編集する委員に選ばれました

委員会がいつまでも具体的な編集プランを議論しないので
業を煮やした私は 40頁ほどの編集紙面見本を作り
編集説明書を用意してプレゼンをやりました

予算に限度があったのでモノクロ判のプランだったのですが
すぐに佐藤プランで しかも全頁カラーで自由にやってほしい
そういう依頼が大学当局からありました

それから1年近くかけ
ほとんど一人で写真を撮って画像資料を貯め
各学部から上がった文字原稿の文体の調子を整え
フォントや色を決めて44頁の大学案内を作り上げました

c0182775_1632971.jpg

表紙の女子大生アップは今ならどうということもないですが
30年前のことですから受験雑誌でも話題になりました

88年の学研高2コース5月号で 地味だった国公立大について
「ガイドブックもカラフルでファッショナブルになってきた」
という頁を編み リクルート編集の新潟大や香川大とともに
私の素人編集の富山大学案内が
この表紙写真の画像を添えて紹介されました
(曰く:富山大のパンフ、こういう魅力的なものなら“選球”のしがいがあるネ)

もちろん無償の公務作業ですが
それほどの成果に報いないのは申し訳ないと
当時の学生部の事務方の長(学生部次長)が私費で一席設けてくれました

後で聞くと 全部佐藤に任せて予算を投入しろ
そんなふうに学生部職員に指令を出しておられたのだそうです

その次長さんは文部省の本省職員で
各地の地方大学職員を歴任しておられ
下重という個性的なお名前でした

慰労の席で「私はやたらに同姓の多い苗字ですが
下重さんというお名前は個性的でいいですね
NHKアナの下重暁子さんしか思いつきませんが」
というと 次長さんは少しはにかみながら
「それ私の姉です」と白状なさったのです

下重暁子さんはこの春「家族という病」という
家族関係を否定する本を出してベストセラーになっています

あの次長さんは「家族という病」を
どんなふうに受けとめたのでしょうか

私もつい当時のことを思い出しました

by zuoteng_jin | 2015-05-23 16:45 | その他 | Comments(0)

チョロQのような自転車とコラム最終回

c0182775_2103028.jpg

小さい女の子の自転車がチョロQのようです

今日は回線がよく切れますから急いで投稿します

地方紙コラムが最終回になりました

c0182775_2124774.jpg

では今日はこれにて

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-05-22 21:05 | Minolta CLE | Comments(2)