<   2013年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

一歩一歩

c0182775_2110229.jpg

散歩コースの横道にこんな階段があります

昨日のリハビリ散歩はアップダウンは少ないですが
直線距離の長いコースを歩きました

今日になって
マヒの残る左足のふくらはぎに張りを感じています

オッ 来たなと思いました

これまでは 右足に張りを感じても
左足は神経が張りをキャッチしてくれなかったのです

この一週間ほどですが
左足に 内部感覚というか神経が通う気配がありました

でもこの張り感覚は気配と違います
回復の一段階と見てよいと思います

この週末には この階段を登ってみます

回復に向かって 一歩一歩ですね

今日は12時半から16時半まで
会議が4つ 連続してありました

by zuoteng_jin | 2013-01-31 21:25 | NEX-7 | Comments(0)

鳥を撮る人

c0182775_154272.jpg

昨日の探梅の途中出会ったカメラマニアです

往路でこの方の後ろ姿をスナップして
梅のつぼみを撮ったあとでの復路で
三脚をかついで杖歩行しているこの方とすれ違いました

初対面の方ですが いいのが撮れましたかと聞くと
いや今日は全然現われませんでした
水浴するところをねらったんですがね
とのことです

こちらも杖を突きながらですので 思わず
足がご不自由なんですか と尋ねました

そうですが 私のは遺伝的マヒで良くはならないのです
という答えが返ってきました

私は脳卒中で片マヒなんです
でも写真を撮るために歩くのは励みですねと言うと

もともと好きですから 生き甲斐ですかね
と良い笑顔で話してくれました

お互い不自由は不自由として頑張りましょう
お大事に

というような会話をして分かれましたが
マヒのある足で600mm望遠のついたカメラや三脚を
担いで歩く姿には ずいぶん励まされました

by zuoteng_jin | 2013-01-30 15:09 | NEX-7 | Comments(0)

梅のつぼみが膨らんだ

c0182775_18214980.jpg

今日は寒気が緩んで梅のつぼみも膨らんできました

Sonnar レンズのボケ味がいいですね
後ろの木立がうるさくなっていません

この週末は4月の陽気になるそうですから
あるいは開花が見られるかもしれません

午前中は外来通院リハビリでした
外来担当の理学療法士さんに
どういう意識でリハビリに取り組んでいるかと聞かれました

私の経験と考え方を参考にして
あまり熱意のない患者さんに
やる気を起こさせたいのだとのことでした

どうやら患者としての私は やる気があって
リハビリ効果も顕著な事例になっているようです

入院リハビリをしていた私は 退院したら
とりあえずこの梅のある公園まで歩くのが目標でした

昼過ぎにこの梅の木と古民家を見に行きました

片道20分程度ですが 同行の奥さんに
ここまで来るのがとりあえず目標だったんだと
現地で白状しましたが
退院一ヶ月を区切るいい日になりました

帰宅後は卒業論文を2本読了

c0182775_1953514.jpg

by zuoteng_jin | 2013-01-29 19:08 | NEX-7 | Comments(0)

多摩センター丘の上プラザ

c0182775_2051291.jpg

多摩センター駅前のショッピングプラザです

今朝届いた新品同様の中古レンズを
カメラにつけて駅前に行ってみました

ZEISS の Sonnar レンズは実在感のある写りが好きです
手持ちのSonnarは以下のようなものでした

コンタックスT2 についている38mm F2.8
コンタックスT3 についている35mm F2.8
ライカMマウントにつける50mm F1.5
どれもお気に入りです

デジタルカメラのソニー Nex シリーズにつく24mm F1.8 は
高価ですが欲しいレンズでした

ところが生産工場がタイにあるため
洪水に遭って品薄となり 著しく入手困難です

たまたま昨日ネットで中古を見つけて取り寄せました

絞りを開放近くまで開けたので
リュックのお父さんにピントは合っていますが
右手前の看板は少しぼけています
大口径レンズならではの味わいですね

天気は良くても風がとても冷たくて
屋外の試写はこれだけでしたが
期待どおりの写りで気に入りました
しばらく常用にしてみます

by zuoteng_jin | 2013-01-28 20:32 | NEX-7 | Comments(0)

噴水

c0182775_1649457.jpg

元日に歩いた池の周りを散歩しました

日本海側の知人からは吹雪の便りがあります

昨日今日のような典型的な西高東低の気圧だと
東京の北風は冷たいですが 日差しは充分にあります

久しぶりの外歩きなので 40分ほど歩き続けると
さすがに最後は足がもつれ気味です

帰宅してから 奥さんに
足のリハビリマッサージをしてもらいました

リハビリ室で習ってきた施術法ですし
プロまがいの腕前なので効果は抜群です

外を歩いていると
脳卒中のために固まった手足で歩く方々によく出会いますが
奥さんの腕前のおかげで
ありがたいことに 私は固まらずにすんでいます

by zuoteng_jin | 2013-01-27 17:17 | NEX-7 | Comments(0)

北京大学勺海

c0182775_219012.jpg

北京大学の一角にある「海」の名が付いた小さな池です

撮った時期は昨年8月下旬ですが
なぜ今日このコマを掲げる気になったかといえば
昨夏に引率した学生諸君の研修レポートを
18名分ほど採点評価する作業をしていたからです

一人当たり四百字詰め10枚ですから
結局のところ終日仕事になりました

by zuoteng_jin | 2013-01-26 21:18 | NEX-7 | Comments(0)

病院電話コーナー

c0182775_14542635.jpg

病院の玄関脇に電話コーナーがあります

公衆電話の左側の3台はタクシー専用直結電話です


午前中は外来患者としてリハビリ訓練を受けてきました

病院でのリハビリは退院以来初めてです

リハビリ室に入るときに
杖歩行で出て行く同室だったNさんに逢いました

私が退院するころには発症以来4ヶ月で
まだ車椅子だったのですが
リハビリの効果があって杖歩行が出来るようになったのです

お互いに快復を喜び合いました


午後は売りに出している今の住居を買いたいという顧客が
不動産会社の案内で現地確認に見えました

若い顧客の好きなようにリフォームしたい由で
知人の工務店主を同伴でやってきたのですから
かなり前向きと見受けましたが
さあ 成約となりますかどうか

【追記】
夕方過ぎに不動産会社から連絡があり
顧客は購入を決め
具体的な手続きに入りましたとのことでした

若いご夫婦は二人とも
多摩ニュータウンで生まれ育った団地二世です
奥さんの親御さんは昨日の写真の近くにお住まいでした

by zuoteng_jin | 2013-01-25 15:25 | DP2S | Comments(0)

ユニクロ

c0182775_19492428.jpg

ユニクロの屋根越しに比較的新しい団地が見えます

私の普段着は勤務時も作務衣ですから
ユニクロとはあまり縁がありません

ただ こう寒いと 作務衣で外出するのは厳しいです

東京はもう二週間もすると梅のつぼみも膨らみ
寒さも少しは和らいで来るはずです

しかし四月からは北海道住まいになります
年がら年中作務衣というわけにもいかないでしょう

少しずつ洋服を着る準備が必要になりそうです
となると ユニクロのお世話になることでしょう


今週は月火水の三日間 連続出勤でしたので
今日の午前中はゆっくり休みました

午後は学会の投稿論文二十本前後について
どなたに審査してもらうかの素案を作りました

一本あたり3人の査読者がつくのです

知らない研究者に査読を依頼するためには
その研究者の専門業績を確認する必要があります

存外手間がかかり 結局 半日仕事になりました

by zuoteng_jin | 2013-01-24 20:27 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

アンテナ林立

c0182775_2042060.jpg

職場9階の男子トイレで朝顔に向かうとこの景色が見えます

アンテナがニョキニョキと林立し
いかにもIT都市という感じです

ところで今度のアルジェリアの事件には
お慰めの言葉もありません

たびたびの海外出張で
海外で頑張って働く同胞に会うことが よくありました
海外勤務をしている教え子もいます

それだけにこういう犠牲は本当に悲しいです


この写真のように日本はすぐれて情報化の進んだ国ですが
今度の日本政府のアンテナ感度の鈍さには呆れました

この事件に関して首相が口を開くたびに
ほとんど中身のない言葉しか聞こえてこなくて
上辺だけ悲惨がるのはいい加減にしてくれと
腹が立つのでした

by zuoteng_jin | 2013-01-23 21:08 | AQUOS IS17SH | Comments(0)

旧台北帝大職員住宅

c0182775_21475719.jpg
c0182775_21483661.jpg

台湾大学の周辺には旧台北帝大の職員住宅が残っています

そのほとんどが廃屋になっており
周りの住民からは厄介物扱いされている由でした

いつ頃まで人が住んでいたのか不明ですが
よくぞ壊さずに使ったものだと思います


今日は大学院最後の授業でした

全くいつものように実施しましたが
終了後に受講生の皆さんから小ぶりの花束をもらいました

嬉しかったのは大学院卒業生が数人
挨拶に来てくれたことです

中のお一人は授業の最後まで参加してくれました

彼は十年前に私が非常勤で講義していた時からの受講生ですが
今や本学や他大学の非常勤講師として頑張っています

私の古典解釈学が 少しでも根付いてくれたら
非常勤二年常勤八年の十年間が
無駄ではなかったことになります

まだ仕事が終わったわけではないですが
本務そのものは一段落したということです

by zuoteng_jin | 2013-01-22 22:18 | Bessa R3A | Comments(0)