<   2012年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

年越し蕎麦

c0182775_202556.jpg

12月5日に入り口を紹介した蕎麦屋さんのお品書きです

今晩我が家では鴨南蛮そばを食べましたが
普段が減塩食なものですから
つゆを薄めたにもかかわらず 濃厚な味がしました

そんな大晦日 皆様にはどんな一年でしたでしょうか

私は言うまでもなく脳卒中などという
命取りの病気を経験したえらい年でした

その後遺症と闘いつつ 新しい年を迎えます

本日 我が家でははじめてベッドを導入しました

c0182775_20331920.jpg

画像は購入したカタログハウスのHPから拝借したものです

これまでは畳に布団でしたが 夜中にトイレに立つときに
マヒの残る手足で立ち上がるのは思いのほか大変です

最初に一時帰宅したとき
最も危険だと思ったのはその問題でした

リハビリのスタッフに教わったのですが
身体が動くようになってから 思いがけない事故が起こる由です

中国製のフレームはパーツがちょっと斜めにつくなど
笑ってしまう出来ですが(実用には問題なしです)
マットレスはブリジストン化成の良いものです

今日はベッドを設置してから
フィルムカメラを手に30~40分ほど外を歩きました

年が明けたら 近くの書庫兼仕事場から現像用品を取ってきて
自宅で現像しようかと思っています

by zuoteng_jin | 2012-12-31 20:55 | DP2S | Comments(0)

ホームドクター

c0182775_14265673.jpg

ホームドクターの医院で補修工事が行われていました

2カ月以上も前に出かけた折りの撮影です

それから一度も行っていないので不審に思われているはずですが
もう年末年始のお休みに入っているので
年明けに連絡しようと思います

それはともかく こうして打つテキスト入力も
毎日のように左指が安定して来ています

脳出血でマヒした四肢を動かすと
面白いもので 脳が拒否するらしく どうにも不快な気分になります

しかしそれでも動かさないと マヒが固定してしまいますから
出来る限り不快を承知で動かしています

それが明日になると
たとえ少しずつでもちゃんと動くようになっているのが励みです

by zuoteng_jin | 2012-12-30 14:41 | Leica IIIF | Comments(2)

移動販売車

c0182775_15305134.jpg

団地集会所前に週に一回来る販売車です

自宅療養ではウオーキングの訓練は屋内で出来ません

そこで先ほど取りあえず 150メートルほど先の
駐車スペースのある位置まで往復してきました

その途中の集会所前に来るのがこの八百屋さんですが
9月の撮影でした

もう少し天気がよければ カメラを片手に
少し足を伸ばすのですが
明日以降の楽しみにしておきましょう


【追記】今日 入院中にメールをいただいた方々に
退院報告のメールを発信しました

久しぶりにパソコンで入力したのですが
左手の中指薬指小指には うっかりすると震えがきます

たとえば「久しぶり」を打つときに hissasiburiと打鍵してしまい
ひらがな表記では あちこちに小さい「っ」が入りますので
それを消して漢字変換することになります

まあいずれこれも解消するはずだと
苦笑するほかありませんね

by zuoteng_jin | 2012-12-29 15:43 | Leica IIIF | Comments(0)

退院しました

c0182775_154816100.jpg

入院中ずっとつけていたネームバンドです

最近は入院患者にこういうネームバンドをつけるのですね
最初に運ばれた病院から転院した病院でもつけられました

2時半過ぎに自宅に帰り
47日ぶりにネームバンドを外しました

リハビリでお世話になったセラピストによると
脳卒中で入院し 47日で退院するのは
大変ハイペースな回復だということです

転院先のリハビリテーション科でお世話になったのは
理学療法士のT沢君と作業療法士のY沢さんです

T沢君はリハビリ関係の英語論文を読むほど
研究熱心な若者でした
主として下肢を中心に治療を受けました

今日の最後の治療に臨んで
昨日教示を受けたストレッチの仕方について
自ら演じて同僚に写真を撮らせコメントをつけたマニュアルを
プレゼントしてくれました

Y沢さんは上肢の麻痺の解消に尽力してくれました

脳のコントロールが働かなくなって硬くなりがちな筋肉を
巧みな手業でもみほぐし
適切な作業課題を課して 苦手な動きを見つけてくれました

筋肉のもみほぐしは自宅療養でも続ける必要があるので
うちの奥さんはY沢さんに三度ほどレクチャーを受けました
論理的で分かりやすく治療の目的や方法を語ってくれましたが
妊娠八ヶ月のお腹に負担ではなかったかと気がかりです

このお二人の献身以外に
いろいろな方々のお陰で退院できました

ブログに寄せられたコメントやメールでの励ましも
大変嬉しいものでした

皆様に心から感謝いたします

by zuoteng_jin | 2012-12-28 16:53 | AQUOS IS17SH | Comments(6)

退院前日

c0182775_15132100.jpg

五回目にして入院中最後の棟外歩行がありました

前に下小山田滝谷(やと)公園のけやきを撮りましたが
今日撮ったのは桜です

前に較べると 精神的にも体力的にも余裕があり
公園のベンチにこんな彫刻があるのに気付きました

c0182775_15221070.jpg

これに足をのせても意味が無さそうです

ベンチの製作所でたまたま側にあった靴を
板の上にポンと置いて工具を走らせた
それだけのことのようです

以前に町田美術工房の虎をお見せしましたが
ニワトリもお見せしましょう

c0182775_15292292.jpg

by zuoteng_jin | 2012-12-27 15:11 | DP2S | Comments(2)

隣人N氏

c0182775_10192828.jpg

昨日の談話室です

左端に我が病床の隣人N氏が写っています

この病院では同室の方々に恵まれました
退院はうれしいですが
同室の皆さんには名残惜しさも感じます

今もN氏に退院の日時を確認され
寂しくなりますと言われたところです

そう言えば
10日ほど前に退院したT氏は
言葉がまだ不自由だったけれど
お元気だろうかとふと思います

by zuoteng_jin | 2012-12-26 10:18 | AQUOS IS17SH | Comments(3)

リハビリの仕上げ

c0182775_9423610.jpg

台北のアーケードです

一時帰宅を終えて病室に戻りました

自宅の中ではほとんど杖を必要としませんでしたが
夜中にトイレ起床の時だけは
寝ぼけているので杖が要りました

しかしこの写真のように
携帯やスマホを見ながらの歩行などはまだ無理ですね

そうなるまでには もう一月ぐらいはかかりそうです

入院してのリハビリ訓練は28日の午前までで
それからは自宅での自主訓練になります

年が明けたら 3週間に一度ぐらいのペースで
外来患者として身体の筋肉バランスなどのチェックを受ける予定です

ともかくあと四日間
入院リハビリの仕上げに励みます

by zuoteng_jin | 2012-12-25 09:39 | NEX-7 | Comments(0)

ジョイントマット

c0182775_1946564.jpg

我が家の玄関ホールから洗面・脱衣所を経てトイレに続く床です

本来は焦げ茶のフローリングと白い床材貼りですが
レッドカーペットよろしくジョイントマットが敷かれています

私の帰宅に備えてうちの奥さんが
防寒とスリップ防止とステッキの防音をかねて敷いたものです

二度目の帰宅は 体の回復もさることながら
こうした対策が効果的で ずっと楽に過ごしています


食べ物もやはりお米が美味しいですから
それだけでも病院食とは違います

その辻井農園のお米ですが
滋賀県の食味官能コンクールで優良賞を受賞しました
官能でもって評価されたのですぞ
美味しいのは当たり前です


クリックで表彰式が見られます
by zuoteng_jin | 2012-12-24 20:44 | NEX-7 | Comments(2)

リハビリ散歩

c0182775_2023040.jpg

9月末の我が家近くの散歩道です

いかにもリハビリ中のお年寄りを見送りながら
自分もいつか杖を突いて歩くことになるのかなぁ
そう思いつつシャッターを切りました

この一月半後にその予感が現実になりました

この23日24日は二度目の一時帰宅をしています

このあたりを歩いてみたいのですが
この寒波では控えねばなりません

ところで
発病の当初は左の薬指や小指で
パソコンのキーを押すことはできませんでしたが
今は何とかQWEやASDやZXなどのキーを操作できます

脳卒中の後遺症と闘うほかの患者さんに比べて
ずっと速やかに回復してきたのは幸運でした

この幸運を大事にして生きていきたいと思います

by zuoteng_jin | 2012-12-23 20:27 | DP2S | Comments(0)

電話連絡

c0182775_1658511.jpg

台北森林公園の公衆電話コーナーです

なかなか洒落たデザインですが
実際に使われているのかどうか分かりません

最近の経験ですが
電話で連絡したことが関係者に伝わって
いないということがありました

ある会合に 私が入院中のために
出られないと事務方に電話しました

電話は会合の3日前のことでしたが
後日 関係者から
「当日来なかったが……」
というファックスが届きました

それで電子メールで事情を説明する
という一幕があったという訳です

その関係者の連絡先が分かっていれば
私もそこに連絡したのですが
顔も名前も知らない相手では
連絡のしようもありません

細かなことですが 連絡媒体が違うと
連絡が途絶えるという事態が
見えないところで起こっているように思いました

【追記】マヤ暦の予言によればとして
2012年12月21日に人類は滅亡する
という戯れ言がネット上に交わされましたね

まあ 暇なご仁もいるものだと笑っていたら
今日あたりのYahoo!ニュースのトップページに
共同通信の配信として
「平穏 世界滅びず」
という記事が載ったのには呆れました

ジョークというタッチではありませんでした

こんな記事を配信する暇があったら
誤配信を無くすような努力をしてほしいものです

by zuoteng_jin | 2012-12-22 16:57 | NEX-7 | Comments(0)