<   2012年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

バドミントンコート

c0182775_10481250.jpg

台湾清華大学にはバドミントン専用の屋根付きコートがあります

今日のリハビリメニューの一つに
バドミントンラケットでお手玉をトスするというのがありました

右手ならなんなく出来るのに
左手では悪戦苦闘です

しかし やっているうちに 少しずつ上達してきました

リハビリというのは いわば未経験のスポーツを覚えるようなものです

最初は出来なくて当たり前

こんなことが出来なくなったと
悲観する必要はありません

損傷した脳細胞は戻りません
しかし それを補う別の脳細胞に改めて覚えさせるのが
脳のリハビリというものです

自主トレがやり易い病棟ですから
せいぜい励むほかありません

本日のご面会は
前に書いた3つの大学で
同僚という稀有な間柄の友人

職場の興味深い話題を拝聴しました

by zuoteng_jin | 2012-11-30 10:45 | NEX-7 | Comments(0)

横断歩道

c0182775_18213981.jpg

台北の横断歩道です

こんな風にさりげなく歩くにはもう少し時間が必要です

回復期リハビリ病棟に引っ越して来ました。

こちらはベッド周りが広くて快適です

何よりありがたいのは
洗面台やトイレがずっと使いやすいことです

たとえば人工肛門の始末がとてもやり易くなりました

ただし 残念ながら
ここでもパソコン通信サービのWIMAXが圏外です

本日のご面会は
35年も前に北陸の大学を卒業した
かつての学生さんです
(追記:ご本人からそんな昔じゃないと報告がありました
7~8年は繰り下げる必要はありそうです
往事茫々です)

奇しくもこの病院の近くの大学に
奉職しています

彼の活躍する姿を見ると
こちらも力が湧きます

by zuoteng_jin | 2012-11-29 18:19 | Bessa R3A | Comments(2)

口と頭

c0182775_3435834.jpg

私の身体はまだブルーシートがかかった状態です

しかし 言語療法士と作業療法士によるチェックでは
口と頭は全く問題無いそうです

言語療法士は舌の麻痺や唇の麻痺それに
頬肉の麻痺や声帯周りの麻痺をチェックして
加療を必要とする兆候は皆無だという診断でした

作業療法士は毎日色んな知能テストを
してくれます

記憶や判断力 平面図形や立体の把握とその再現などです

知能テストでは どれも制限時間内に
完璧にクリアして
テストする作業療法士さんが今まで見たことの無いスコアだと驚いていました

要するに 職業復帰に必要な口と頭には
幸いにもダメージが無いということです

自分では そこにダメージは無いと
思っていましたが
専門家の診断結果がそうであったので
やはりほっと胸を撫で下ろす気分です

本日29日午後 今の脳外科+整形外科病棟から
回復期リハビリ病棟に引っ越しします

これで自主トレがずっとやり易くなる由です

引っ越しがあり ご面会の予定もあるので
本日は早い時間にblogを更新します

by zuoteng_jin | 2012-11-29 03:42 | Minolta XD | Comments(4)

金石堂書店

c0182775_031305.jpg

台北の本屋さんの店頭です

金石堂という大きな構えのネーミングが
素晴らしいと思いました

ここでいう金はゴールドではなく
青銅器という意味です

石は石碑です

金石とは つまり青銅器と石碑ですが
それらそのものよりも金石文
青銅器の銘文や石碑の碑文を言うときに
使われる言葉です

この書店の右隣が
行列のできる小籠包の店「鼎泰豊」で
待ち合わせスポットにもなっています

実は来月19日に柏市の市民大学講座で
金石文に関連する講座をする予定でした

それが不覚にも入院する破目になり
やむを得ず中止と決まりました

受講登録者が多く
期待の講座なので残念ですが……
と 先方の担当職員をがっかりさせて
心から申し訳なく思いました

担当職員は来年度には最優先で
この講座を実現したいと言ってくれました

しかし あまりに申し訳なくて
実は来年度は東京におりません
などとは言えませんでした……

下は入院の報告を電話した談話室
c0182775_6135780.jpg

DP2S,SigmaLens 24.2mm F2.8,デジタル ↑

補助具なしで歩く練習をしていますが
発症以来 左足が少々内股気味になると
指摘されていました

本来は不恰好な外股歩きなので
意識的に外股で歩くと
足の運びや体重移動が俄然スムーズになりました

骨格や筋肉が外股歩きに適合していたのですね

本日のご面会は
前任大学と現任大学の公開講座に
熱心に出て下さった80才前後の
受講生
今年はギリシャローマの西洋古典文学を受講なさっている由

羨ましい余生です

by zuoteng_jin | 2012-11-28 00:29 | NEX-7 | Comments(2)

歩行器

c0182775_18315663.jpg

廊下の突き当たりに各種の歩行器が置いてあります

一番奥の黒い立派な歩行器は私物だそうです

私も昨日までは車椅子でトイレに行ってましたが
今日からは廊下の手すりのみを頼りにし
自分の足で歩いて行っています

この病院のリハビリはそれだけ優秀なんだと
改めてありがたい思いがします

by zuoteng_jin | 2012-11-27 18:30 | DP2S | Comments(0)

詰めの甘い洗面台

c0182775_1459225.jpg

今いる病棟の洗面台です

この病院はどことなく詰めの甘いところがあります

この洗面台にしても
車椅子に掛けて髭を剃ろうとしたら
顔がちょうど上下の鏡の境目にあたります

大きいけれど 顔の見えない鏡
間抜けな施工です

そうはいいながら
リハビリのスタッフの充実ぶりは立派です

今日は補助具なしで歩く訓練まで
進みました

主治医の見立てでは
年末に至らぬうちに退院できる由です

by zuoteng_jin | 2012-11-26 14:58 | DP2S | Comments(2)

坂道

c0182775_17365268.jpg

今いる病院に通じる坂道です

この坂道を登りきって
尾根を右手に車で5分も走れば自宅です

時々尾根沿いに散歩していて
この位置に病院があることは知っていました

今日は発症前に引き受けていた
団地広報紙の原稿をA4で5枚半ほど書いて
メール添付で送信し
ちょっと肩の荷をおろしました

まあ この原稿書きもけっこうな
リハビリになったことです

本日のご面会は
実弟夫妻
看病する奥方にと
お酒をいただきました
嬉しい心使いです

夕食後には
大学研究所の職員と
ビルメンテナンスの出向社員で
守衛室でお世話になっている職員
研究所職員に
多摩ニュータウンの今昔対照写真集をいただきました(彼もここが地元)
ベッドで見るにはもってこいです

スマホからの投稿ですと
改行位置が乱れます
悪しからず

by zuoteng_jin | 2012-11-25 17:35 | DP2S | Comments(2)

娘と父親

c0182775_1292479.jpg

台湾清華大学キャンパスのローラースケート場です

娘のスケーティングを激写する父親がいました

転院しました

転院先の主治医の第一声は「ああもう退院する患者さんの顔つきですね」

ここでは 車椅子を自分で操作して
部屋の外に出られるので
トイレのたびごとにナースを呼ぶ必要がありません
談話室にも好きな時間に一人で行けます

でも 談話室はドリップコーヒーの
自動販売機があり
勝手に飲めない身には
コーヒーの香りはつらいものがあります

4時前に作業療法士さんが来て
様子を見て行きました

左腕が若干固く 麻痺が残っているが
一週間ほどで
杖は必要なくなるだろうとの見立てです

買おうと思っていたロフストランド杖も
必要かどうか
一週間後に判断すればよいとのことでした

by zuoteng_jin | 2012-11-24 18:58 | Bessa R3A | Comments(2)

故郷は雪か

c0182775_6352542.jpg

c0182775_636559.jpg

Minola AutoCord lmx. ROKKO 75mm F3.5 ↑
めっきり寒くなったこの頃 我が故郷は雪だろうか

スマートフオンから投稿のテストです
以前試みたところ 画像入力に失敗しましたが
今度はうまくいきそうです

あと4時間後には転院しますが
そこは山のなかなので
今使っているWIMAX通信サービスのエリア外かも知れず
スマートフオンでブログに投稿せざるを得ないかも知れないのです

【追記】案の定 故郷から雪の便りが届きました

転院後の病室では
WIMAXの電波が弱くて実用に堪えません
もう一度部屋が変わる予定なので
そこでどうかですね

by zuoteng_jin | 2012-11-24 06:34 | NEX-7 | Comments(0)

台北のカメラ女子

c0182775_2265057.jpg
c0182775_2265184.jpg
c0182775_2272667.jpg

台北森林公園で撮影する女子大生のグループです

3コマ目のお父さん
一言アドバイスしたくてうずうずしているのに
女子は完全無視です

私の左手は
力こそタオルをきっちり絞れるほどちゃんとしていますが
髭剃りのシェービング・フォームを
顔肌から絶妙の距離をキープして塗るようなことが困難です

これらの写真を見ながら
右手がそうなっていたら
シャッターボタン半押しなんていう操作は難しいな
と思いました

本日は
三つの大学で同僚になった国文学専攻の友人と
付き合い六十年の竹馬の友が
ご面会でした
移る先々の三大学で同僚になるなんてめったにないことです
また 六十年の親友もそうざらにはないでしょう
いずれにしても ありがたいことです

by zuoteng_jin | 2012-11-23 22:27 | Bessa R3A | Comments(2)