<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

歩道橋の下で

c0182775_22411978.jpg

団地でこういう家族を見かけるとほっとします

何しろ シャッター通りと独居世帯がふえ続け
高齢化対策を議論している団地です

若い親子の姿がまぶしいです

近ごろ 少しずつではありますが
こうして若い世代の入居も見られるようになりました

先日のカメラ修理教室の主宰者は小金井在住ですが
ひところ年寄りばかりだった町内に
若い家族がもどってきているのだとおっしゃっていました

そのあたりの事情は 田舎の過疎地とは
若干違っているかもしれません

by zuoteng_jin | 2012-06-30 22:51 | Nikon FE2 | Comments(0)

団地のアジサイ

c0182775_2130824.jpg

c0182775_2131124.jpg

c0182775_2131517.jpg

団地のアジサイ3コマです

もう6月も明日で終わりですね
アジサイもそろそろ店仕舞いの雰囲気です

あちこちのブログで
色鮮やかなアジサイが咲き誇っています

モノクロが主体の当ブログですから
色はついていません

あまつさえ アジサイの名所などにも行かず
ご近所ばかりで 恐縮です

あ カメラは新着のニコンFE2です
とても綺麗な状態ですが1万円で買えちゃいました

ファインダースクリーンにしつこいゴミがあったので
それを除去しただけで快適です

ただし 盛大なシャッター音には
なかなか慣れません

by zuoteng_jin | 2012-06-29 21:42 | Nikon FE2 | Comments(0)

落葉清掃

c0182775_2023567.jpg

これは中距離の試写です

中距離スナップの場合 ふつうは
レンズの鏡胴に刻印されている距離目盛りで
あらかじめ距離をザックリ合わせて撮ります

しかりながら ロシアレンズは
距離目盛りの刻印が実にいい加減なのです
目盛りに合わせても実距離がその値とは限りません

もちろんファインダーがついていますが
このカメラは測距用のファインダーと
フレーミング用のファインダーとが別々なのです

スナップでは まず距離を合わせてから
次にファインダーを替えてフレームを決めて…
なんていうヒマはありません

実距離とレンズ鏡胴目盛りとのズレを早く確認して
レンズにマークしておかねばなりません

どうにも嬉しいほど手間のかかる機種です

c0182775_20521050.jpg

by zuoteng_jin | 2012-06-28 21:07 | Leica IIIF | Comments(0)

修理済みLeicaIIIF+ロシアレンズの試写

c0182775_20393899.jpg

まず遠距離の試写です

ロシアレンズは工作精度が甘いので
それぞれのレンズごとに 距離計の調整が必要です

といっても計測器がないので
無限遠の被写体の像がズレないようにするだけです

ですから 遠距離はたいてい合うはずで
上の試写を見ると まずまず合格です

c0182775_2044797.jpg

これは最短距離の試写です

カメラによっては遠距離と近距離とは
別々に調整しますが IIIF は遠距離だけで調整し
近距離は遠距離で合わせた結果を信じるだけです

しかし 上のカットを見ると ドンピシャでした

これなら軽量お散歩カメラにもってこいです

昨日フィルム装填を失敗したのは
IIIFが昔のフィルム対応の仕様になっていて
今のフィルムを入れようとすると中でつっかえるのです

下の写真は 上が現在のフィルムで 先端の切り込みが3cmほどです
下のフィルムは昔の仕様で 切り込みが10cmもありました
自分でこんな具合に切るか 装填前にテレフォンカードを入れて
つっかかりを回避することで対応します

ちなみにIIIFは狭い透き間に
このフィルムを上下方向に挟み込むようにして入れるのです

c0182775_20552352.jpg

by zuoteng_jin | 2012-06-27 20:58 | Leica IIIF | Comments(0)

松の葉

c0182775_22543715.jpg

自宅のすぐ前です

今日の午前中に この松の葉をくぐり
向こうの建物のそばを通って
修理したライカ IIIF の試写に行きました

その前にレンズを入れ替えると
ライカレンズとロシアレンズとで
距離計がずれることに気がつき
装着するレンズに合わせて外出しました

シャッターを切ると どうもフィルムが送られていない感じでした
散歩だけをして 自宅に戻り
ダークバッグの中で フィルムを出してみると
やはり駄目でした

何度かフィルム装填をやりましたが
なかなかうまく装填できません

そのうち ふと テレフォンカードや名刺をかませて装填するのが
この機種にフィルムを入れるコツだと
何かで読んだことを思いだし
そうやると今度はしっかり装填ができました

クラシックカメラですねぇ…

しかし もう出勤の時間でしたので
今日は試写をあきらめ 明日やることにしました

by zuoteng_jin | 2012-06-26 23:07 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)

ちかん注意

c0182775_20115186.jpg

せっかくの看板が建物のかげに清掃用具といっしょでした

最近のニュースを見ていると
嘆かわしいことに この手の看板は
警察をはじめとする官公署や学校の職員室などに
設置するのがふさわしいようです

一方で ネットニュースによると
スポーツの指導者と女子選手のセクハラを研究調査した結果が
スポーツ社会学会で発表されたそうですが
指導者側よりもむしろ女子選手の方の認識が甘いということでした

たとえば 酒席でお酌をする行為は
指導者側のほうでは問題ありと考えるのにくらべ
それぐらい特に問題ではないという女子選手が少なくない由です

大学などでも女子学生にお酌をさせる先生がいると聴きますが
当方はそもそも女子学生と酒席をともにしない朴念仁です

それもあまり誉められたことではないですが…

by zuoteng_jin | 2012-06-25 20:29 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

剪定

c0182775_21233027.jpg

このコマはたぶん植木屋さんのお宅だと思います

二日間のカメラ修理教室が終わり
何とか 岳父の形見のライカ IIIF がよみがえりました

師匠の指示で 順を追って組み立てていくのですが
あるネジ穴に長さの違うビスをねじ込んだために
ほかのパーツにストレスがかかってしまい
復旧できなくて青くなりました

しかしそれも
師匠の力業で致命的な局面を逃れました

ほかに
この機種のセルフタイマーの機構が大変個性的で
ギアの位置決めを忘れると素人の手に負えなくなります

それで師匠が1時間半ほど試行錯誤を繰り返し
どうやらこうやら作動するようになりましたが
師匠がもっとも嫌な機構がこれだとのことです

それもクリヤーできて
ともかくも撮影可能になりました

明日から気に入っているたロシアレンズを装着して
試写しますと話したら(今日のコマがそのインダスター使用です)
師匠から ボディが可愛そうだからライカレンズにしなさいよと
たしなめられました

いずれそうしたいですが 当面は安物レンズで我慢します

by zuoteng_jin | 2012-06-24 21:38 | Bessa R2A | Comments(2)

黒いジープ

c0182775_21382217.jpg

真っ黒い塗りのジープでした

真っ黒いものをモノクロフィルムで撮るのは
どういうものなんでしょう

物好きなことは確かですね

物好きの仕業として
今日はカメラ修理教室に行きました

ライカの IIIF の分解修理が目的で
今日のところは
分解してから 再組み立ての途中までやりました

修理の師匠から ライカというのは分解は簡単だけど
調整と組み戻しは難しいカメラだと教わりました

確かに 少しでも力がひずんだような組み立てをすると
シャッターがきちんと作動してくれなかったです

明日には 岳父の形見がよみがえります

by zuoteng_jin | 2012-06-23 21:46 | Minolta AutoCord LMX | Comments(0)

オールドプレーヤー

c0182775_21285621.jpg

ひと月ほど前の土曜の朝です

髪が真っ白になるまで野球を続ける…
何にせよ かくありたいです

こちらも 年金を支給される歳になって
いまだに論文などを書いています

今日一日集中して
五月の連休から手がけた原稿を仕上げました
四百字詰め原稿用紙に換算して約三十枚です

次の書き物の予定はありますが
明日と明後日は息抜きに カメラ修理教室に出かけます

by zuoteng_jin | 2012-06-22 21:38 | NEX-7 | Comments(0)

ホタルブクロ

c0182775_2054353.jpg

最寄りの公園の地面に自生していました

こういう低い位置の被写体を撮るのに
液晶画面がティルトするデジカメは楽ですね

私は身体障害のために屈むのが苦手です
障害の補助になるのが目的の機能ではないでしょうが
使えるものは使うのが得策でしょう


今日は職場で避難訓練がありました

敷地が極少で 縦に長い建物を階段で降りるのですが
調理場のある地階で火災になったら
建物全体がエントツと化してしまうのではないかと
そんなことを考えながら降りました

地震は防ぎようがないとしても
火災が出ないように祈りたい気持ちです

by zuoteng_jin | 2012-06-21 21:04 | NEX-7 | Comments(0)