<   2010年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

シシャモ

c0182775_2149015.jpg

生シシャモを軒端のネットで干しています

今年のノーベル化学賞を受章した鈴木章教授の弟さんは
北海道の鵡川町で鈴木商店を経営している方だと知りました

かつて我が家でもシシャモは鈴木商店のものをいただいていました
たっぷり卵が入っていて 確かに旨かったです

この夏休みに半日ほど鵡川に行って
シシャモ蕎麦などを食してきました
鈴木教授の受賞前のことです


また二週間ほど前に 息子の嫁さんの実家で
実に旨いシシャモをご馳走になりました

鵡川町のとなりの苫小牧市でしたから
息子の義父に 鈴木商店ですかと聞くと
自分で干したものだということでした

それがこの写真です
これまで口に入れたシシャモで
最も旨いシシャモでした

by zuoteng_jin | 2010-10-31 21:44 | Leica M7 | Comments(0)

燃える秋

c0182775_2341186.jpg

台風が通過中ですが もうすぐ紅葉が燃えるはずです

これは昨秋の撮影です

この季節 ハイ・ファイ・セット の「燃える秋」が聴きたくなります

五木寛之の同名小説が映画化されるときに
彼の作詞に かの武満徹が曲をつけた歌です

歌詞も旋律も極めてシンプルなのですが
それでいて音楽性が高い素晴らしい曲です

ハイ・ファイ・セットの曲は 山本潤子の透明な歌が
ジャズピアニスト佐藤允彦のジャージーなバッキングにのると
大変魅力的な楽曲になります

しかし「燃える秋」は田辺信一の編曲です
曲の後半 間奏のアルトサックスの即興演奏が
品のよいストリングスにのって歌うのが魅力です

いわば 最近の若者が好むラップとは正反対の曲作り

楽しめます

by zuoteng_jin | 2010-10-30 23:59 | Minolta XD | Comments(0)

孫からのメール?

c0182775_23342144.jpg

お年よりが携帯のメールチェックをしています

*今夜は団地の高齢化対策委員会準備回で
リポートを報告してきました

2年前に輪番で理事をやっていたときに
我が団地の年齢構成を調べたところ
平均年齢が61.5歳でした

それで 団地の管理組合理事会のあり方や運営に
どういう影響が出るかを 広報で特集したことがあります

その問題提起が次の理事会では具体化せず
1年置いて今年の理事会で 対策委員会を発足させたというわけです

明日の午前中は
我が団地に隣接した幼稚園の跡地を
マナーの悪い不動産業者が買い取るということで
団地理事会による住民説明会があります

by zuoteng_jin | 2010-10-29 21:30 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)

雨森芳洲

c0182775_23355468.jpg

一昨日 高月町に行きたかったというのはここが目的だったのです

雨森芳洲記念館です

雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)は江戸中期の儒者ですが
対馬藩に仕えて 朝鮮と日本の外交担当官として活躍しました
(高月町の生まれなのです)

朝鮮語は言うに及ばず中国語にも堪能であった由です
そのエッセイ集『芳洲文集』は拾い読みした程度ですが
いずれゆっくり通読したい本です

記念館の中には芳洲の彫像がありました

c0182775_23453064.jpg

やはりモノクロで撮りたかったのです
ファインダー越しに しばし飽かずに拝顔しました

c0182775_2347285.jpg

Retina IIIC, Xenon 50mm F2, ACROS100(自家現像) ↑
by zuoteng_jin | 2010-10-28 23:51 | Leica M7 | Comments(0)

雪囲い

c0182775_22505548.jpg

札幌や旭川では初雪だそうです

先週滞在したカミさんの実家では
人夫さんが入って雪囲いをしていました

c0182775_22474127.jpg

この人夫さん 軽口をたたきながら作業していたのですが(↓)
カメラを構えると スッと澄まし顔になりました
男前に撮ってよって…

c0182775_22494398.jpg

by zuoteng_jin | 2010-10-27 22:54 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

野神ケヤキ

c0182775_22365555.jpg

長浜市高月町のケヤキです

高月町は一度行ってみたかった土地です

広島での学会の帰りに
かつての教え子の農場を訪問して 案内してもらいました

高月はかつて「高槻」と書いたらしいです
槻(つき)はケヤキの古称ですね
(大江匡房[まさふさ]が月見をした故事から「高月」に変わった由です)

高月町には「野神木(のがみボク)」という御神木がいくつかあります

これは八幡神社の野神木です
周囲8メートル余り 推定樹齢800年ということですが
この生命力にあやかりたいです

by zuoteng_jin | 2010-10-26 22:54 | Leica M7 | Comments(0)

奔別炭鉱跡

c0182775_23401351.jpg

北海道三笠市奔別炭砿の跡です

この炭砿は明治18年以来の古い歴史があります
しかし 昭和46年の閉山まで
あまり大きな事故はありませんでした

皮肉なことに閉山が決まって
坑内密閉作業を行なっている最中に
坑口でガス爆発が起こって犠牲者を出しました

炭砿にガス爆発はつきものです

チリの鉱山事故で33名が地底から生還しました
あのニュースは もと坑夫のせがれとしては嬉しかったです

チリの事故が起こったとき
ニュースで炭鉱ではないと知り
とりあえずガス爆発は無いなと 胸をなで下ろしました

by zuoteng_jin | 2010-10-25 23:51 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)

安らかに

c0182775_2224594.jpg

今日は悲しいお知らせがありました

十数年前にTO大に出講していたとき
専門学科に進級したてのよく質問する女子学生がいました
専門用語の一つ一つを実によく確認するのでした

その後 大学院に進学して
私の大学院講義にはずっと出ていました

私がTO大への出講を終え さらに本務先を変えてからも
転勤先の演習に出てきていました

3年ほど前に 彼女は大学院を修了して
中学校の教員になりました

しかし 残念なことに鬱病に悩まされ
仕事を休んで治療に専念したり
職場に復帰したりを繰り返していました

今年のはじめには当ブログにコメントを寄せてくれましたので
回復しつつあるものと思っていましたが
本日ご父君から「先月突然天国へと旅立ちました」
とのメールが入りました

先日の母の死も悲しいですが
若い研究仲間の死も たとえようなく悲しいです

ご冥福を祈って 山の教会のコマを掲げます

by zuoteng_jin | 2010-10-24 22:59 | Leica M7 | Comments(2)

石のスツール

c0182775_2022679.jpg

ここも散歩でよく通る路ばたです

朝晩は そこそこ冷え込んできました

夏の間は歩き疲れたらこのスツールに腰掛けたものですが
このごろは冷たくていけません

特に私の場合は直腸が無いもので
冷たさがいきなり身体の芯までズーンときます(笑)

by zuoteng_jin | 2010-10-23 20:09 | Minolta XD | Comments(0)

カエデ

c0182775_21542613.jpg

早朝散歩のコースにあるカエデです

そのうち紅くなるはずですが
この秋はいつまでも暑かったので
あまり期待できないようですね


* 昨日は夜間の講義のために
職場近くのラーメン屋で夕食を摂りました

それにしても 近ごろのラーメン屋は
何であんなに思い上がっているというか
増長しちゃったんでしょうか

まず 店員のなりが小汚いです
黒っぽいユニフォームで 長髪 無精ひげなんて珍しくないです

要するに 寿司職人の清潔感とは反対の雰囲気です

それと U字型カウウンター
U字の中 店員の歩くスペースが高いステージになっています

カウンターとU字の中の境目が一段高くなっていて(ほぼ30cmぐらい)
その高い台に 熱い汁の入ったどんぶりを置く仕組みです
お客は熱い汁をかぶらないように細心の注意をはらいつつ
恐る恐るどんぶりを押し頂くのですね

そういう店舗のラーメン屋はきまって横柄です
高いステージから 小汚い面で客を見おろすのが相場です

やんぬるかな

by zuoteng_jin | 2010-10-22 22:14 | Ricohflex Dia | Comments(4)