「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Minolta XD( 209 )

ついで外食とひいきのお米が最優秀賞

c0182775_16374659.jpg

千歳サーモンパークのビュッフェです

一月ほど前に鮭の遡上を見に出かけたついでにいただいてきました

高齢者は一人前 1,500 円で 三品ある主菜から一品選び
ほかのものはバイキング形式で選んでいただきます

ここの料理は左手の方の厨房で忙しく調理しているように
頻繁に補充されるのが特徴です

バイキング皿が大皿ではなく中皿ですから
早くなくなり早く補充されるのです

こんなことを思い出したのは今日は自宅から40分離れたディーラーに
車検のため車を持ち込みましたが そのついでに
その近くにある和食のお店に行ったからです

そのお話は来週引き取りに行って再訪してからにいたします

今日は大変うれしいニュースがありました

我が家のお米を作っていただいてる辻井農園さんが
近江米で有名な長浜市の食味審査で最優秀賞を獲得し
地元滋賀県のNHKニュースに取り上げられた由です

辻井農園のお米は完全無農薬・有機肥料ですから
田植えから稲刈りまで猛暑の中
連日の草刈りで苦労されている分
安全で美味しいお米が出来るのですね

しかし今日は国会の委員会で大悪法の TPP が可決しました

辻井農園のように敢えて苦労の多い米作りを
手厚く守らないようでは
農政なんて何のためかと腹が立ちます
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-04 17:16 | Minolta XD | Comments(0)

旧拍新掃描「86北京92杭州・鶏を売り買いする」

c0182775_1729062.jpg

ちょうど30年前の北京です

国営の自由市場に近隣の村から鶏を売りに来た農民と
鶏肉を買いに来た市民とが売買成立で
両方とも満悦の表情です

鶏肉はほとんどがこうして生きた鶏を買って捌くのでした

この後この農民とどこから売りに来ているのかなど雑談をしましたが
聞いても知らない村の名前でした

終始にこやかに話してくれたので
日本の煙草は軽いけれど吸うかいといって
1本進呈したら受け取ってくれました

その時はセブンスター 中国でそのまんま七星として売っていました

ただ贋物もあって Mild Seven が Nild Seven になっているのが
わざとなのかミスタイプなのか 判断に苦しみました

c0182775_1740281.jpg

これは92年杭州での鶏の売り買いです

ここでの売り買いの駆け引きはなかなかでした

20分ぐらいかけて 指で押して肉付きを確認したり
細かな値段の交渉を念入りにやっていました

交渉成立して鶏を片手にぶら下げて帰るのかと思ったら
道の曲がり角でまだこっちを見ているのでした

そのうちにサッと戻ってきて
俺にはあの値段で売ったのに
今こいつにこの値段とはけしからん
俺にももっと負けろと
第二ラウンドが始まったのには笑いました
c0182775_17511137.jpg
by zuoteng_jin | 2016-09-30 17:57 | Minolta XD | Comments(0)

サマーフェア

c0182775_17511882.jpg

札幌も夏モードです

大通公園では今夜からヨサコイソーラン祭りというのが始まります

道民はこれが始まって夏らしくなると感じる由ですが
好き嫌いという観点から言うと
私はちょっと好きになれないイベントです

好きな人にはお気の毒ですが
夕方から冷たい雨が降り始めました…
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-08 17:58 | Minolta XD | Comments(0)

厚田の南へ向いた丘から

c0182775_17182694.jpg

厚田の南へ向いた丘に子母澤寛の文学碑があります

碑文は昨日ご紹介した「厚田日記」の冒頭書き出しですが
碑石は厚田の集落を見渡して立っています

c0182775_17243692.jpg

真ん中の赤い屋根が正眼寺です

正眼寺に宿を取った開拓使判官松本十郎は
ちょうど碑石の上部に見える峠を越えて厚田入りしました

画面右手の方は石狩湾の一部で 右にレンズを振ると
遠くに小樽方面や積丹半島が見えます
c0182775_17451362.jpg

冬の間 海沿いの道は猛烈な吹雪で通れなかったそうですから
山手の峠道が往来でした

斎藤鉄太郎が身を潜めた当時は
厚田漁場はニシン漁でにぎわいました

石狩・厚田・増毛は「三場」と言われていた由です

斎藤鉄太郎は松本十郎からの役人就任要請に対し
代わりに厚田に居ついた4人のうち 最も若い武士を推薦して
自らは厚田で用心棒をやったり 漁業の網元になったり
「角鉄」という旅籠を営んだりしました

斎藤たちはこの地に骨をうずめる覚悟をして
「丘のサビタの樹の下に埋めて 無銘の石を
墓石代わりに置いてくれればいいのさ」
というようなことを再三言っていました
(斎藤が亡くなったのは札幌でしたが)

そのサビタの樹は下の画面の右端に見えますが
この一群れだけしか確認できませんでした

c0182775_17525432.jpg

ひとつ残念なことはサビタの樹の下を通った時に
白い花にも一応はレンズを向けたのですが
すでに枯れかかっていてシャッターを切らなかったことです

来年は5月中に出かけて満開のサビタを撮ってきたいと思います
c0182775_1759111.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-07 18:06 | Minolta XD | Comments(0)

厚田川の岸辺道と正眼寺

c0182775_16592173.jpg

厚田の南側を流れる厚田川北岸の岸辺道です
川は昨日のブログに写っています
(この画面では右端が川)

明治2年の冬 北海道開拓使の判官(今の局長級)松本十郎は
北海道西岸巡察の途次 峠を越えてから凍結した厚田川を渡り
この岸辺道に上がったところで まったく偶然に
巡察を見物に来た斎藤鉄太郎(子母沢寛の祖父)を見つけます

松本十郎かつての庄内藩士戸田惣十郎と
江戸御家人梅谷十次郎(斎藤鉄太郎)は
十代後半のころ江戸の講武所(官立道場)で
常に一位二位を争う稽古仲間でした

のち二人はともに薩長政府から見れば朝敵になりましたが
松本は北海道開拓使次官黒田清隆に目をかけられ判官に取り立てられます

一方斎藤は 彰義隊敗戦→函館戦争敗戦→士籍奉還→札幌開拓放棄
そういう負の経歴をたどった挙句 厚田のアイヌに混じって
ひっそり暮らそうとしていました

その二人がこの道上で16~17年振りに再会したわけです

このとき松本判官は二日ほど厚田に滞在しますが
その宿舎は天保2年(1832年)に建てられた正眼寺です

昨日の最初のコマは正眼寺の前から撮ったものです

c0182775_1704835.jpg

二人はここの庫裏で夜を徹して お互いの来し方と
先住のアイヌと如何に共存するべきかを語りあったのです

正眼寺の本堂はこんな感じです

c0182775_173282.jpg

屋根と壁はいかにも北海道の建築ですが
玄関の屋根や柱や鴨居
またその荘厳(しょうごん)彫刻はかなり古いものです

c0182775_1735011.jpg

これが古いというのは 鐘楼の柱は建て替えられたものですが
彫刻はもとのものを使っていることから分かります
(梵鐘の銘文は残念ながら暗くて見えませんでした)

c0182775_1743342.jpg

松本と斎藤はその時ともにこの彫刻を目にし
この梵鐘の音を耳にしたに違いありません

司馬遼太郎は「街道をゆく」シリーズで厚田にも来ていますが
この大事なお寺については 訪問はおろか言及もありません

私は子母沢寛の「厚田日記」を読んで訪問したいと思いました
この短編小説は朝敵であった松本や斎藤らと
先住アイヌたちとの心を通わせる交誼を描いた佳品です

松本十郎については Facebook フレンドのM.O.さん(山形在住)から
莊内日報の記事を紹介して頂いて詳しく知ることができました

「南へ向いた丘」「厚田日記」はともに
子母沢寛『脇役』(文春文庫)に収録されています
c0182775_17163324.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-06 17:19 | Minolta XD | Comments(0)

厚田の南へ向いた丘

c0182775_1844385.jpg

厚田に行ってきました

石狩から海岸沿いを北上して最後の峠を越えると
上の写真のように
厚田の集落と南へ向いた丘が見えてきます

厚田は愛読してる子母沢寛の生誕地です

子母沢寛の祖父・梅谷十次郎は幕末の御家人でしたが
上野彰義隊で官軍に敗れ さらに函館戦争にも敗れ
士籍を返上して札幌開拓民になったがうまくゆかず
斎藤鉄太郎と改名して
ほかの六人の御家人崩れと共に厚田に根をおろしたのでした

当時の北海道では農業開拓は困難が大きすぎ
漁業に活路を見出すほかなかったのです

その七人のうち一人は結核で死に 二人は江戸に向けて出奔し
残った四人は厚田の南へ向いた丘に
骨を埋めようと決意したのでした

その経緯が短編「南へ向いた丘」に書かれています

丘の麓から眺めると下のような塩梅です
陽当たりがよく 石狩湾が一望できて大変気持ちの良い丘でした

家屋は移築された戸田城聖(創価学会創立者の一人)の生家
その左手の方に子母沢寛の顕彰碑があります

c0182775_1845635.jpg

どうやら落ち着いた斎藤鉄太郎のもとに
江戸本所の剣法修行仲間が
偶然にも開拓使の役人として厚田にやって来ました

それはまた明日ご紹介します
c0182775_18461832.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-06-05 19:01 | Minolta XD | Comments(0)

恩師のご冥福を祈って多摩の花々を

c0182775_16154732.jpg

今日のお昼過ぎ 恩師の奥様から訃報のご連絡がありました

学部の1年生から大学院まで指導を受け
その母校では9年間を同僚として過ごしました

c0182775_16375682.jpg

これは臨時に駐輪場になった校舎脇ですが
8年間はともにここを通って通勤しました

大学が目黒区柿の木坂にあった当時はこんな具合の通学路でした

上の通学路写真を掲げたのは
私が東京を離れるにあたって2013年3月20日に
恩師ご夫妻と一緒に食事を楽しんだからです

最後にお会いしたのは昨年12月20日に上京した時でしたが
この時にはもう予想以上に弱っておられました

もうそれが最後かなと覚悟はしましたが
現実にお亡くなりになると寂しさは尋常ではありません

週明けのご葬儀には 昨日の手術の抜糸が済んでいないので
参列が出来ません

住まいも同じ街区でしたので
かつて先生も眺めた団地の花を供えて
ご冥福を祈ろうと思います
c0182775_1654298.jpg

c0182775_16551217.jpg

c0182775_16553945.jpg

先生どうぞ安らかにお眠りください

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-05-28 17:04 | Minolta XD | Comments(2)

厚別川の川柳とパスポートと国際交流

c0182775_17402219.jpg

大型台風でしたがこの川は溢れませんでした

昨年9月にはこの近くでも
道路が冠水する洪水がありましたが今年は無事です

9月25日に申請したパスポートが
10月2日に出来ているので本日受領に行きました

用済みの期限切れパスポートも返却されます

c0182775_17482027.jpg

2011年の秋から2012年の9月までが
この見開き2頁です

旅行が趣味の方から見ると少ない渡航ですが
元来出不精の私が
海外での講義のために8年間で15回ほど出かけました

こういう活動で 海外に日本漢文学研究の種を播いてきたわけですが
元プロレスラーの文科大臣と元ヤンキーの副大臣には
こういう国際交流の意義を理解するのは
まあ無理だろうと悲しくなってきます
c0182775_17594079.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-10-09 18:02 | Minolta XD | Comments(0)

サーモンパークの人工流

c0182775_16593760.jpg

道の駅サーモンパークに作られた人工流です

人工の水場はけっこう好きなんです

むこうの朱い鳥居は鮭の慰霊碑のものです

人工流の水面が反射して光っていますが
敢えてその反射を除去しませんでした

反射を除去するにはレンズの先端に
偏光フィルターをつけるのですが
マヒの残る左手でのフィルター操作は思ったより大変です

ファインダーをのぞきながらフィルターを回して
反射の消えるところでシャッターを切ります

しかしフィルターを回すと
その回転によってレンズのピントもずれてしまうので
微妙な操作が要求されるのです

今の手の条件で偏光フィルターをうまく使う練習が必要です

ところで今日のお昼前に北海道博物館に行って
幕末の蠣崎波響がアイヌを描いた「夷酋列像」の展示を見る予定でした

しかし玄関を出たとたんに激しい雷雨になって
今日は中止にしました

15時ぐらいから晴れてきましたが
明日から後期の授業が始まるので無理はしません
c0182775_17175596.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-27 17:21 | Minolta XD | Comments(0)

河原の枯れススキ

c0182775_17582913.jpg

土手の下はパークゴルフ場です

いよいよ来週初めから
マンション大改修の足場はずしが行われます

4か月間の鬱陶しい工事が大詰めです

私の「唐詩選」生データ作成も大詰めで
今晩中に出来上がる予定です

今日はその研究のために
道立図書館に行って先行研究文献を借りてきましたが
やはり大事な言及はありません

執筆公開の意味のある論考になりそうです
c0182775_1843338.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-26 18:06 | Minolta XD | Comments(0)