カテゴリ:Vitessa L( 6 )

野菊とナナカマドとガラスレンズ眼鏡

c0182775_177954.jpg

北星学園大学の通用門付近です

背景には紅葉したナナカマドだけを入れたかったのですが
そのアングルでファインダーに入る野菊は
通路の屋根の陰になって光が当たらないのでした
c0182775_1761482.jpg

こうしてクラシックカメラを使うのは楽しいですが
ファインダーののぞき窓(アイピース)が
おおむね固い金属で囲まれていて眼鏡に傷がつきます

その傷が視野を邪魔して
ピント合わせの二重像が大変見にくくなりました

それで今回5年ぶりに眼鏡を作り替えるに際して
プラスチックレンズではなくガラスレンズにしました

昔はガラスレンズだったのですが
傷のつきにくさは段違いでした

注文してあった眼鏡が出来たというので
これから受領に行ってきます
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-10-18 17:24 | Vitessa L | Comments(4)

七五三前倒し参拝と唐檜の林

c0182775_16335098.jpg

14日土曜日に七五三の参拝に来た家族です

北海道では11月15日前後は寒いので
こうして10月中に参拝するのが普通です

一昨年の秋には我が家の孫が5歳でしたが
一週間ほど前倒しで11月8日に樽前山神社に参拝しました

風がえらく冷たい日でした

社殿の階段にいるのはマレーシアあたりからの観光客のようで
最近は時々こういう観光客を見かけます

社殿の左手と裏手に唐檜の林があります
c0182775_1642585.jpg

この境内には唐檜のほかにトド松の大木があって
昭和43年に札幌市の保存樹に指定されています

厚別区には社殿の立派な信濃神社などもありますが
この保存樹のおかけでむしろ大谷地神社の方が厳かに感じると
先日我が家に来ていただいた神主さんに話したことです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-10-17 16:53 | Vitessa L | Comments(0)

オンコの実とナナカマドの実

c0182775_17163943.jpg

オンコとはイチイ(一位)の北海道方言です

幕末のころから松前ではオンコと呼んでいたらしいですが
この語の由来は今なお不明です

諸説ありますがどれも民間通俗語源の域を出ません

このオンコの隣にはナナカマドの実もなっています
c0182775_17221557.jpg

クラシックカメラは最近接撮影でも80cmか100cmが関の山です

それに近接撮影は距離計ズレが起きやすいものです

さすがにオーバーホールしたばかりの機材は
こうして気持ちよくピタリと合焦します

どちらのコマも 後ろのブルーシートの青がアクセントになってくれました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-10-16 17:31 | Vitessa L | Comments(0)

ハルニレの黄葉とその下を行くジョガー

c0182775_16542045.jpg

サイクリングロードは実際にはジョギングする人の方が多いようです

右から左にゆるい上り坂なのですが
この人はこのシャッターを切った直後 落ち葉に滑って
オットットとたたらを踏みました

この黄葉は大谷地神社の裏手のハルニレの大木の葉です
c0182775_1723836.jpg

近所にイチョウもありますが
ハルニレの方が若干黄葉が早いようです
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-10-15 17:10 | Vitessa L | Comments(0)

エゾヤマザクラの落ち葉と修理完成Vitessaの試写

c0182775_17541569.jpg

根元に上から落ち葉が散っています

マンションのエゾヤマザクラの大木です
c0182775_17593525.jpg

機材は7月に入手した Vitessa L ですが
すぐにフィルム巻き上げが不調になり
クラカメの修理業者に修理依頼してあったものです

今日のお昼に修理が出来て帰ってきました

内部で部品が破損していたようですが
部品交換してくれました

といっても1953年のカメラです

その部品を持っているとは驚嘆する業者ですが
もうかれこれ9年のお付き合いです

こういう修理業者とお付き合いがあるからこそ 修理を前提に
相場の半額でもってオークションで落札入手ができるのです

これでアルブレヒト・トロニエ設計のレンズがついた蛇腹カメラ
4台目になります
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-10-14 18:17 | Vitessa L | Comments(0)

レストランローリエで Vitessa の試写

c0182775_178962.jpg

1954年製 Vitessa L の試写です

レンズは Vito III と同じウルトロン 50mm F2 です

この二三日ウルトロンで撮った写真を投稿しましたが
アクセス数が1.5倍に膨れました

いずれもモノクロですがカラーで撮るとどんなものか投稿します

まだ Vitessa L を紹介する予定ではなかったのですが
アクセス数のご期待に応えたいと思いました

実はこのコマを撮った後 フィルム巻き上げが効かなくなり
試写を続けるのが不可能になりましたが
1枚だけお見せできるコマがありました

Vitessa はこんなカメラです
c0182775_1723095.jpg

観音開きの扉のなかに蛇腹レンズが格納されています

シャッターボタンを押すとレンズが出てきます
c0182775_17252935.jpg

軍艦部から飛び出した棒はプランジャーという名前で
これを押し下げるとフィルム巻き上げとシャッターのセットが出来ます

しかしこの個体は5枚ほど巻き上げた後は
巻き上げが出来なくなりました

レンズを格納したあと プランジャーのクラッチが外れて
押し下げてもフィルム巻き上げをせずに
ボディの中に仕舞い込まれるカラクリです

この個体はレンズを格納しなくても
クラッチが外れるという不調が起こります

まあ相場の6割程度の価格で落札したヤフオク商品で
この時代のクラカメはオーバーホールを覚悟の上で入手します

写りは問題ないのでこれも一度オーバーホールに出す予定です
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-07-16 17:41 | Vitessa L | Comments(0)