「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Olympus OM-3( 5 )

唐詩・晋字・漢文と蘭亭曲水の現場

c0182775_16361389.jpg

92年夏に紹興郊外の「蘭亭」を訪ねました

353年(永和9年)3月3日にここで曲水の宴が開かれ
集まった文人たちが詠んだ詩を集めて詩集を編み
王羲之が書いたその序文の草稿が「蘭亭序」です

c0182775_16405985.jpg

王羲之の親筆は唐の二代皇帝・李世民の墓に埋葬されてしまい
この世に存在しなくなって模写が数点残っているだけです

これを思い出したのは
私の生涯で最悪の政権の最悪の国会運営にうんざりして
司馬遷の『史記』でも読もうと思いたち
手始めに李長之著の評伝『司馬遷の人格と風格』をめくったところ
その冒頭に時代を画す文学芸術として「唐詩・晋字・漢文」とあったからです

唐詩は杜甫などの唐代の詩で
晋字は王羲之など晋代の書で
漢文は司馬遷などの漢代の散文です

日本でよく言われるラインナップは「漢文・唐詩・宋詞・元曲」ですね
宋詞は宋代の小唄で 元曲は元代のオペラです

ところで王羲之たちが行った宴会の場所の曲水ですが
幅が50センチに満たない小さな水路でした

c0182775_16374139.jpg

もちろんこれも後世の復元ですが
考えてみたらたとえばwikipediaに紹介されている「蘭亭曲水図」のような
これも後世の想像図が先入観になっていたようです
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-05 17:31 | Olympus OM-3 | Comments(0)

旧拍新掃描「92年秋紹興・紹興酒醸造事情」

c0182775_15352926.jpg

紹興酒は糯米(もちごめ)とこの鑑湖(カンコ)の水が主原料です

鑑湖ははるか昔には紹興市の西南にある広大な湖だったのですが
早くから浅瀬がどんどん耕作地になって
今やこういう水路の総称として言うほかなくなりました

周囲が湖畔でふちどられる湖ではありません

いま観光旅行でガイドが鑑湖ですといって案内するのは
後に整備した風致地区であって
ある意味で復元パークです

酒を醸すのは水が肝心だと聞きますから
鑑湖の水はどんなものか見たくなったわけですが
清水というにはほど遠く
生活廃水がどんどん流れ込むネットリした水だったのです

c0182775_15454440.jpg

c0182775_1546384.jpg

ここで恩師のひとりの竹内実先生が
富山で集中講義の際に私の研究室に見えて
「紹興酒はなぜ旨いかというと
実はあれは漢民族のオシッコでできているからなんだよ」
とおっしゃっていたのを思い出しました

醸造所を見たいと思っても当時は
国営醸造所の見学システムがありませんでした

そこで民営の醸造所界隈を歩いてみました

c0182775_1601170.jpg

全然酒蔵らしくはないのですが 歩いていると
麦麹の甘い香りでむせ返るようでした

下戸の私は空気を吸うだけでも酔っ払いそうです

水路に面したほうには酒ガメがごろごろしています

c0182775_1645914.jpg

いやはやとうてい清潔とはいい難い光景です

もっと後に国営の醸造所を見学した人のブログでも
足元がドロドロで不潔極まりない酒蔵だとレポートしていました

小さな女の子がカメを遊び道具にして
足を突っ込んでいるのを見た時には
驚嘆とも感動とも名状しがたい思いがしたものです

c0182775_16151169.jpg

紹興酒は鑑湖の水でなければ紹興酒ではないと
地元ではガンとしてこだわっていたのですが この10年後には
さすがに鑑湖の水で酒を醸すのはあきらめたそうです

21世紀になると生活廃水だけでなく
工場廃水も加わってとても飲用には堪えなくなってしまい
もう10年も前から水道水を使っているとのニュースが
2014年に流れて話題になりました

鑑湖水の紹興酒を味わった最後の世代
ということになったわけです

21世紀に生きるとはそういうことなんですね

by zuoteng_jin | 2016-09-24 17:32 | Olympus OM-3 | Comments(0)

旧拍新掃描「92年秋紹興・紹興酒と咸亨酒店」

c0182775_18265783.jpg

紹興といえば紹興酒でしょうね

紹興の酒屋で世界的に著名な咸亨(シエンホン)酒店です

店先がもっとわかりやすい写真があったはずですが
それがまだ見つからないのでこれで我慢します

それでも今は建て替えられて
映画のセットのようになっているのよりましですね

魯迅の短編小説に「孔乙己(コンイーチー)」というのがあって
ここを舞台にして ここの店員の視点から
時代遅れの儒者クズレを描いたものです

魯迅の故家から歩いて数分の位置で
叔父さんが経営していた由です
c0182775_1922162.jpg

ピントの甘い写真で申し訳ないですが
このシーンがとても重要なのです

「孔乙己」によればこうして酒を注ぐ直前に
奥のほうにあるカメからカウンターの下にある徳利に酒を移し入れるのですが
その際 すばやく徳利の底に水を入れるテクニックが必要だったそうです

「孔乙己」の語り手になっている店員は
それが下手くそでカウンターから外されたことになっています

カウンターの上の皿は これも小説に出てくる茴香(ウイキョウ)豆です

茴香を香辛料として煮たソラマメを乾燥させたもので
堅くてそう旨いものではありません

咸亨酒店は酒を売るのが本業で こうして提供するのは
立ち飲みや角打ちのようなサービスなのです

ですからメニューもこんな塩梅でした

c0182775_194681.jpg

あの小さい窓から酒と肴の食券を買って
カウンターで品物と交換するわけです

ともかく基本は酒屋であって
居酒屋や料理屋ではないということが この写真にも現れていて
今の観光化して提灯などで飾り立てた画像をもとに語っては誤解します
c0182775_1746142.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-09-23 19:59 | Olympus OM-3 | Comments(0)

旧拍新掃描「92年秋紹興・魯迅と偉人伝説」

c0182775_176414.jpg

紹興で見るべきものの一つは魯迅の故家ですね

上が広いお屋敷の側面です

c0182775_17122228.jpg

これが魯迅の読者にはおなじみの百草園です

魯迅家の菜園だったのですが
魯迅が大人になった時に朱子の子孫に買い取られたそうです

中国を代表する古典思想家の朱子と
中国を代表する近代文学者の魯迅とが
家庭菜園で結びつくのが面白いです

魯迅に「百草園から三味書屋(さんみしょおく)へ」という回想記があります

三味書屋というのは魯迅故家から
道路と細い水路を挟んだななめ前にある学習塾です

魯迅は12歳から17歳までここで古典を学びました

c0182775_17232817.jpg

塾の中は普段は立ち入り禁止ですが 管理人に
魯迅先生が文字を刻み込んだ机を日本から見に来ました
そういうと「それは遠くからわざわざ さあ中へ入って」と
鍵を外して 中に入れてくれました

c0182775_17282135.jpg

十畳程度の狭い室内の東北の一隅に
「魯迅座位」とプレートがあってこれが魯迅の座席でした

魯迅が遅刻して寿鏡吾先生(右手の写真の人)からこっぴどく叱られて
今度からはきっと早く来ると誓った印に
机に「早」と刻み込んだと言います

この机椅子は 当時の習慣として
魯迅家にある私物を持ち込んだもので
傷つけることは公共物損壊にはならないのです

その字が下の画像です

c0182775_17385732.jpg

この刻字の上には保護のために
厚さ3mmほどのガラス板がありましたが(上部に写っています)
管理人さんがサッとずらしてくれました

自慢しますが これを直接撮影した例はほとんど無いようです
(紹興の観光案内サイトに使い回しの画像があります)

この20年間ぐらいは 机の手前にロープを張り回して
机に近づくことも出来なくなり
第一 部屋の中には入れないようになっています

現状では入口に「早」字の写真と説明書きが展示されているだけです

92年当時ですら非常に好意的な管理人さんだったので
去り際に日本から持って行ったタバコ CABIN を二箱進呈しました

ただしこの話は「百草園から三味書屋へ」には書かれていなくて
当時のことがもっと詳しく描かれている周作人(魯迅の弟)『魯迅の故家』にも
まったく書かれてはいないのです

机上の「早」字は本物のようですが
中国のサイトでいくら探しても
エピソードの出典が書いてありません

中国の教科書にも載っているこのお話しは
まあ後付けの偉人伝説だと考えてよいかと思います
c0182775_1746142.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-09-22 18:29 | Olympus OM-3 | Comments(0)

旧拍新掃描「92年秋紹興・水路と烏篷船」

c0182775_202942.jpg

4ヶ月の杭州滞在中に紹興には3度行きました

紹興酒で名高い紹興は水路が縦横に走っており
まさしく水郷です

いまではあちこちで「古街」を売り物にする観光地がありますが
いずれも作り物の観がぬぐえないですね

この写真はまったく自然のままの紹興風景です

船は烏篷船(ウーポンチュアン)という独特の船で
自家用車が普及する以前のこの当時は日常の交通手段でした

半円形の黒い屋根(=烏篷)が特徴です

c0182775_20454844.jpg

現在は市民の交通手段ではなくなって
もっぱら観光用に残っています

下は中国のサイトで見つけた今の烏篷船ですが
管理用に番号が大書されていて 往時の風情が台無しです

c0182775_2051268.jpg

使用機材はすでに手放した Olympus OM-3 で レンズはズイコー35mm F2.8
フィルムもスライド用のコダック Ektachrome です

全部過去のものとなって無くなりましたが
この写り方を見てみると
デジタルしかない今のカメラ界隈は寂しいです

紹興はお酒以外にも見どころが満載で
92年以後は見られなくなったものなど
明日から少しずつご紹介します
c0182775_1746142.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-09-21 21:09 | Olympus OM-3 | Comments(0)