カテゴリ:Bessa R3A( 152 )

真夏のマンション改修工事

c0182775_1773893.jpg

徒歩15分ほどのマンションが大改修工事中です

大きなマンションは基本的には10年ごとに大改修をやります

東京では2008年に大改修をやりましたが
私は団地の広報担当理事で忙しい思いをしました

一昨年夏には札幌のマンションで大改修でしたが
賃貸で住んでいるので気楽でした

しかしいずれにして夏の間3か月ほども
防護ネットの中で暮らすのは鬱陶しいものです

この写真 日陰の黒い防護ネットと 日向の養生ビニールカバーは
光の反射輝度が極端に違います

ラチチュード(露光寛容度)がフィルムに比べて狭いデジタル撮影ですと
どちらかが犠牲になったはずです

フィルムでもどうかと思いながらの撮影でしたが
何とか両方とも写ってくれました
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-07-12 17:27 | Bessa R3A | Comments(0)

子供服の干し物

c0182775_1855659.jpg

隣の棟に住む姪の部屋のベランダです

私と同じ棟にも姪一家が住んでいますが
この春 となりの棟にその妹一家が部屋を購入して越してきました

年少さんの幼稚園児とまだ独り立ちできない幼児と
二人の男の子がいますが
夏場は一日に何度も着替えさせないといけませんね

こうして洗濯物をみても
老人世帯には感じられない若々しい生命力を感じます
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-07-11 18:25 | Bessa R3A | Comments(0)

ヤマボウシの花を叔父に捧げます

c0182775_1751360.jpg

恵庭市のヤマボウシです
c0182775_1773978.jpg

これは自宅近くのサイクリングロードわきのヤマボウシです

雪印苗種のバラ園の一角にもありました
c0182775_17241432.jpg

叔父の葬儀会場にお花を捧げましたが
今日はあらためてヤマボウシの白い花(実は花苞)をささげます

それにしても暑いですね

札幌は四日連続の30度越えで 125年ぶりの記録だといます

それでも自宅では冷房装置不要なのがありがたいです
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-07-10 17:43 | Bessa R3A | Comments(0)

ハイデルベルク路地の自転車(再掲)

c0182775_17311540.jpg

2010年4月に投稿した写真を再掲します

こういう路地の自転車もいかにもヨーロッパの風景だと感じました

再掲ついでにもう1点

ハイデルベルク大のキャンパスで見たこれも
日本ではお目にかからない取り合わせです

c0182775_17415221.jpg

ほかにも少し投稿したものがありますが
仕事で出かけた3日間のカメラ散歩ですから
自転車ショットの比率は高いと思います

それと路面の清潔さも印象的でしたが
市民の下のような作業を見て納得したことです(これは初出です)

c0182775_17482049.jpg


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-03-08 18:00 | Bessa R3A | Comments(0)

道しるべと自転車

c0182775_17444527.jpg

ハイデルベルクでは Anlage という小さなホテルに泊まりました

団体客皆無の19世紀の建物で
大学がよそからの講師などをよく泊めるのだと聞きます

その入り口付近にこの道しるべと自転車があり
朝これを目にして一気にヨーロッパに来たんだなと思いました

以前にも絞りを開けて荷台をぼかしたカットを掲げました

この写真の右手の方に隧道をくぐって
つづれ折りの山道が続くリーゼンシュタイン通りの
一方の起点がここらしいです


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-03-07 17:59 | Bessa R3A | Comments(0)

ハイデルベルクの自転車操業

c0182775_17352247.jpg

路上でジャケットを売っている三輪自転車です

3月初めでまだ寒かったのですが
歩いているお兄ちゃんは半袖ですね

三輪車が売り場に移動しているときにも撮りましたが
ピントを合わせている間に位置が変わってしまい
後ピンの写真になってしまいました

マニュアルフォーカスですから ちょくちょくやる失敗です

c0182775_17382613.jpg

今日は国税の確定申告書類を郵送しました

前年に比べると給与等が半減(‼)していますし
医療費の支払いが45万円を超えていますから
結果としてちょっとした額の還付金が生じました

現政権にたっぷり税金を納めるのは悔しいですから
還付金が出て溜飲が下がります


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-03-06 17:56 | Bessa R3A | Comments(0)

ハイデルベルクのママチャリ

c0182775_1774862.jpg

婦人服のお店の前にママチャリが停めてありました

車体のカラーやチェーンカバーがなかなかオシャレです


WiMAX のその後の報告です

c0182775_17141355.jpg

右の受信機兼ルーターは従来機で
2月半ばまで最大理論値40Mbpsでしたが
今は最大理論値13Mbpsでつながっています

左の受信機兼ルーターはプロバイダから無償提供の
最大理論値110Mbpsでつながるものです

かつての回線契約では受信機は1台しか使えません
ただし250円/月のオプション料金で受信機の追加はできますが
同時には使えず ネットから切り替え操作を行って
どれか1台を選択して使いました

3月からの契約では 110Mbps回線と13Mbps回線とが同時に使えます
この回線契約を WiMAX 2+ と呼ぶのは
高速低速 2回線の同時使用が可能だということです

回線速度が理論値ほどに出ることはあり得なく 我が家では
実測値で高速が 20~25Mbps 低速が 2~3Mbps ぐらいです

2~3Mbps出るとメールの送受信やHPの閲覧に困ることはありません
20~25Mbps になると体感的に充分に速くなりますが
まだ受信感度もよくないうえに時々圏外になります

それからホームネットワークですが
低速回線だと問題なくつながります
高速回線でつなぐと相手のPCを認識しません

それで今の使い方は
デスクトップPCは低速でつないでおき
ノートPCは高速でつないで使います

それでノート側からデスクトップにアクセスする必要が生ずると
ノートの回線を低速に切り替えます(PC再起動の必要はありません)
これで快適なホームネットワークが構築できます

まぁ 高速でもちゃんとつながるように改善されるまでの便法ですが


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-03-05 17:56 | Bessa R3A | Comments(0)

ハイデルベルクの自転車

c0182775_17474329.jpg

ハイデルベルクは学生街ということもあって自転車が大活躍でした

これからしばらくハイデルベルクの自転車を続けてみます

ところで昨日ハイデルベルク大学食堂を掲げましたが
食堂内部のモノクロ写真2点にリンクをはりました

Yahoo の画像検索で「ハイデルベルク大学食堂」を検索してみたところ
最初に現れる20コマの中にあの2点が入っていました

大量に存在するネット上の画像の中で
モノクロフィルム写真などほとんど無いのですが
堂々20点以内の検索頻度だというのには驚きました

ついでにタイのチュラロンコーン大学の画像を
「チュラ大キャンパス」で検索してみると
何と最初の20コマのうち5コマが当照片画廊の写真で
5コマのうち4コマがモノクロフィルム写真です

写真と言えばデジタルカメラという時代に
モノクロフィルム写真を見てくださるのは嬉しいことです

励みになりました


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-03-04 18:05 | Bessa R3A | Comments(2)

16世紀建造のハイデルベルク大学食堂

c0182775_171058100.jpg

ハイデルベルク大学で思い出したのは大学食堂です

大学敷地内の ネッカー川に近い建物です

大学のサイトでは zeughaus-Mensa と紹介されています
zeughausは武器庫で Mensaは食堂です

16世紀には武器庫だった建物を食堂にして使っているからと言います

内部の様子はかつて紹介したことがあります

この出入り口は戦車の出入り口だったわけです

さすがにドイツ最古の大学でした


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-03-03 17:30 | Bessa R3A | Comments(0)

アルト・ハイデルベルク

c0182775_1320866.jpg

2010年の今時分の撮影です(ハイデルベルク城から)

手前がハイデルベルクの旧市街アルト・ハイデルベルクで
ネッカー川に架かる橋はアルテ・ブリュッケ
英語で old bridge つまり古橋です

古橋はドイツでも記録に残る最古の橋の一つだといいます
(13世紀に記録がある由)

何度も流されたり 戦争で破壊されたりして(ネッカーは「荒れる」が語源の由)
現在のものは第二次大戦後の1947年
私の生まれた年に再建されたらしいです

橋のむこうからつづら折りに山を登り
山の中腹を左に走る道が「哲学の道」です

ちょうど200年前に哲学者ヘーゲルがこの道を散策し
橋のこちらのたもとのレストランで時を過ごしたのでした

5年も前の古い写真を掲げるのは
早稲田の大学院理工学研究科の甥が
今朝がた卒業旅行でフランクフルトから facebook に投稿があったからです

私がハイデルベルク大学に講義に出かけたとき
フランクフルト行きの便には
卒業旅行の女子学生がたくさん乗っていました

ちょうどそういう時期なのですね


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-03-02 18:13 | Bessa R3A | Comments(0)