「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:PAX M4( 10 )

二号さんの家と政治家の器量

c0182775_16514840.jpg

今カットしてもらっている散髪屋さんの隣にこういう門があります

料亭かレストランの門のようですが
単に戸建ての家であって営業の雰囲気はほとんどありません

散髪屋さんに聞くと
バーバー開設時 すでにそういう状態であって
近所の方にも詳しい人はいない由でした

ただし噂では昔ある政治家が
二号さんのために建てたものらしいと言っていました

政治家が愛人を囲っておくには都心から車で30分程度
ころあいの距離感かも知れません

この亭の名前のどことなくなまめかしい感じが氷解しました

昔の地方政治家は歳費だけに頼って生活するのではなく
ほかに生業があって
愛人を囲うなんてことは余裕でやっていたのですね

愛人を囲うことの善し悪しは別にして
株式投資詐欺を働いたり
議員会館で男色買いをする昨今の政治家の器量とは
ずいぶん違うなぁと思ったことです
c0182775_1728480.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-09-18 17:12 | PAX M4 | Comments(0)

足踏みミシンのリサイクル

c0182775_17292286.jpg

リハビリウオーク中にリサイクルショップで見つけました

机下のフライホイールなどは真っ赤に錆びているのに
19800円とは強気な値付けですね

ヤフオクで確認すると手入れのされていないミシンは
せいぜい3000円スタートです

シンガーやブラザーなどで手入れが良いブランド品なら
3万だ5万だとつけますが どういう人が買うんでしょうか

昨日書いたように これを撮った PAX M4 は
吊り環がなくて不便でしたが
専用革ケースをヤフオク1700円で落札しました

c0182775_17374599.jpg

1958年に800円で売り出されたものですが
半世紀以上を経てカビ一つはやさず
縫い糸のほつれもなく 奇跡的な保存状態でした

フィルム送りのトラブルは
巻き取り軸にフィルム先端を挟むのに
パーフォレーション(フィルム両端の四角穴)をひっかける爪がなく
巻き上げると滑って外れるのです

爪の無い古い機種は他にもありますが(ライカIIIFなど)
巻き取り軸にフィルム先端を入れる方向が工夫されていて
しっかりと引っ張ります

この機種の場合はちゃんとしたテンションが生ずるまで
少し多目に空シャッターを切って巻き上げ
対応するほかありません

巻き取り軸を改善しようとしたのですがビスの材質が悪く
ネジ頭を舐めてしまいそうなので断念しました


使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2015-07-30 17:56 | PAX M4 | Comments(0)

北斗七星のTシャツ

c0182775_20501039.jpg

実に3年振りに PAX M4 で撮りました

このカメラの分解と調整についてはかつて掲げました

カメラボディに吊り環がないので携帯には不便ですが
つい最近 60年近く前に販売された革ケースを
信じがたい保存状態で入手できたので
やっと気軽に持ち出す気になりました

それとフィルム空送りの真の原因も
今回操作してみてわかりました

そういうマニアックなお話はまた明日にでも

by zuoteng_jin | 2015-07-29 21:03 | PAX M4 | Comments(0)

自転車のある歩道橋

c0182775_21102958.jpg

こういうデザインの自転車にはどうしてもレンズを向けます

公園でくつろいだり ウオーキングをしたりするために
ここまで自転車で来る人が たまにいます

それにしても 1958年製の国産レンズ
これほどによく写ります

このカットでも分かりますが
コントラストのはっきりした描写が特徴です

まあ フィルムは当時にくらべると
格段に好くなっていますからね

曇り空の日の散歩カメラとしては
コントラストのよさを活かして
もっと活用してよいかもしれません

by zuoteng_jin | 2012-07-24 21:39 | PAX M4 | Comments(0)

爽やかな日曜日

c0182775_2025287.jpg

この間の日曜日は爽やかでした

このお父さんも初夏の風を満喫しています


昨日から読み始めた
中国古代史の最先端の論文は
A4で100頁あります

そのうち中国語論文は37頁ですが
何とか読了しました

あと63頁は日本語ですから これから取り組んでも
日付の替わらないうちに 大半は読了できそうです

それにしても主催者の段取りは乱暴でした

と 愚痴をいうヒマがあるぐらいなら
少しでも読み続けなければなりません!

by zuoteng_jin | 2012-05-24 20:32 | PAX M4 | Comments(0)

石取りゲーム

c0182775_2259125.jpg

子供たちが石取りゲームというのをはじめました

石取りゲームって何
どうやるの

そう聞くと ブランコ乗りながら石を置いて
それをほかの人が取るの
と教えてくれました

今からやるから見てて
そう言ってやって見せてくれました

真ん中の子供が
手を伸ばして石を取るところです

by zuoteng_jin | 2012-05-22 23:03 | PAX M4 | Comments(0)

友を見つけて

c0182775_220521.jpg

南豊ヶ丘公園でのひとコマです

ゆっくり杖を突いて歩いてきた老婦人が
急に歩みを早めたと思ったら
前方に腰掛けている友人を見つけたらしいのです

試写している PAX M4 は
シャッター音の極めて小さいレンズシャッターが着いています

スナップにはレンズシャッターカメラが向いています


ところで 本日の金環食
我が家のベランダからズボラな手持ち撮影で撮りました

NEX-7 にミノルタロッコールの反射望遠レンズを装着したので
ほかのサイトの優れた画像よりは
かなり太った金環になりました

c0182775_2294526.jpg

by zuoteng_jin | 2012-05-21 22:12 | PAX M4 | Comments(0)

おてんば

c0182775_21162550.jpg

どうしても石垣の上を歩きたい女の子です

PAX M4 の巻き上げ修理がうまくいったかどうか
本日その試写をしてみました

結果としては
一箇所だけ怪しいところがありましたが
ほかはコマの重なりがありませんでした

ただしその後のカメラのような
コマ間をそろえるギアなどは組み込んでいないので
コマ間はバラバラでしたが ともかく離れています

レンズの描写力は 絞り4以下はかなり甘いです
特に風景を撮るような遠距離は期待できません

また レンズコーティングも頼りなく
逆光にはからきし弱いです

ですが 10m以内で順光だと
お散歩カメラとしては小さくて気に入りました

それに 自分で直したカメラは愛着が湧きます

何と オリジナルのレンズフードが
1時間後にヤフーオークションで落札できそうです

by zuoteng_jin | 2012-05-20 21:28 | PAX M4 | Comments(0)

渋滞中につき近距離試写

c0182775_2271938.jpg

中央高速道集中工事のため大渋滞です

ドアミラーに後続車が延々とつながっているのが写っています

距離計というのは よく無限遠で合っています
ということを言いますが
無限遠というのは少々ズレていても
被写界深度に入ってしまうので 実用的にはあまり問題が起きません

それよりも近距離の精度が落ちていると
写りに大きく影響します

今度入手した PAX M4 は最短距離で
この程度にピントが合います


今日は 京劇のレクチャー公演のために
午前中は俳優たちと相談しながら
照明と音響の調整をしました

午後は 演技に応じて照明のセッティングを切り替えたり
CDで流す伴奏の ON OFF を
分秒単位で操作するという役割でした

因果なことに こういう作業が好きですから
楽しい一日ではありました

by zuoteng_jin | 2012-05-19 22:20 | PAX M4 | Comments(0)

新宿4丁目交差点

c0182775_21544973.jpg

PAX M4 の試写です

1958年大和光機製の PAX M4 はこんなカメラです
いっさい電気を使わない フルマニュアル機です

c0182775_2214991.jpg

横幅11cmの小さなボディですが
中身は金属だけですからずっしり持ち重りがします
平均月収3.5万円ほどの時代
1.1万円の価格でした

試写した結果は ご覧のとおりで
シャッタースピードもまずまずの精度がでてます

問題はフィルムを巻き上げると
コマが重なるトラブルが半分あったことです

さっそく中を開けて 歯車の点検をします

c0182775_2263133.jpg

歯車のかみ合わせなどに不具合はなさそうです

ちょっとブロアでほこりを飛ばしてやると
巻き上げの滑りが直りました

ほこりが噛まれていた可能性があります

本当の理由は分かりませんが
これで直ったことにします

古い機械式カメラは
中身を出して 空気にさらし
にらみつけてやると直ることがたまにあります

by zuoteng_jin | 2012-05-18 22:16 | PAX M4 | Comments(0)