カテゴリ:その他( 10 )

毎日新聞書評「今週の本棚」に『漢辞海』登場

c0182775_14373577.png

今日の毎日新聞書評欄「今週の本棚」に『漢辞海』が取り上げられました

富山のプー横丁さんのfacebookにいち早くご紹介があって知りました

毎日新聞のweb版でも見られます

荒川洋治さんは詩人で随筆家ですが
初版刊行の時もラジオ番組で熱っぽく紹介してくれたと
そのころのテニス仲間の奥さんから教えてもらいました

今回の改訂の目玉は歴史地名の全面検討と
『日葡辞書』にのみみえる読みの導入(上洛ショウラクなど)でしたが
それをきちんと紹介されたのは嬉しかったです

言葉は詩人の宝ですから
その財源の提供にお役にたったということで
辞書編纂者の冥利に尽きます
c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2016-12-25 15:00 | その他 | Comments(0)

大橋巨泉のジャズ・ヴォーカル評論

c0182775_170269.jpg

また巨星がひとつ隕ちました

先に永六輔そしてまた巨泉
昭和のリベラルな趣味人が亡くなるのはしみじみと寂しいです

私にとっての巨泉は11PMでもなくクイズダービーでもありません

何と言ってもジャズ・ヴォーカルの評論です

この本はLPレコードのライーナー・ノートをまとめたものですが
盛んに書いていた時期は20代から30代だったはずです

それにしては的を射た評価を下しているのに驚きます

今この本の中のLPをCDで入手できるのは限られていますが
Youtube で聴くことが出来る曲は少なくないです

それで聴いてこの本を読むと なるほどなぁと思います

ニュースで訃報を見て
いつも手近にあるこの本をパラパラ開いては
冥福を祈っていますが
天国では往年の名歌手たちの歌を生で(?)聴いて
ご機嫌な巨泉でいることと思います
c0182775_1719582.jpg
by zuoteng_jin | 2016-07-20 17:23 | その他 | Comments(0)

アベ政治を許さない

c0182775_22102034.jpg

by zuoteng_jin | 2015-09-17 22:10 | その他 | Comments(0)

大学案内と下重さん

c0182775_15393637.jpg

30年前に私が作った大学案内です

グレーの部分が変色していますね

1986年の秋だったと思いますが
大学案内を編集する委員に選ばれました

委員会がいつまでも具体的な編集プランを議論しないので
業を煮やした私は 40頁ほどの編集紙面見本を作り
編集説明書を用意してプレゼンをやりました

予算に限度があったのでモノクロ判のプランだったのですが
すぐに佐藤プランで しかも全頁カラーで自由にやってほしい
そういう依頼が大学当局からありました

それから1年近くかけ
ほとんど一人で写真を撮って画像資料を貯め
各学部から上がった文字原稿の文体の調子を整え
フォントや色を決めて44頁の大学案内を作り上げました

c0182775_1632971.jpg

表紙の女子大生アップは今ならどうということもないですが
30年前のことですから受験雑誌でも話題になりました

88年の学研高2コース5月号で 地味だった国公立大について
「ガイドブックもカラフルでファッショナブルになってきた」
という頁を編み リクルート編集の新潟大や香川大とともに
私の素人編集の富山大学案内が
この表紙写真の画像を添えて紹介されました
(曰く:富山大のパンフ、こういう魅力的なものなら“選球”のしがいがあるネ)

もちろん無償の公務作業ですが
それほどの成果に報いないのは申し訳ないと
当時の学生部の事務方の長(学生部次長)が私費で一席設けてくれました

後で聞くと 全部佐藤に任せて予算を投入しろ
そんなふうに学生部職員に指令を出しておられたのだそうです

その次長さんは文部省の本省職員で
各地の地方大学職員を歴任しておられ
下重という個性的なお名前でした

慰労の席で「私はやたらに同姓の多い苗字ですが
下重さんというお名前は個性的でいいですね
NHKアナの下重暁子さんしか思いつきませんが」
というと 次長さんは少しはにかみながら
「それ私の姉です」と白状なさったのです

下重暁子さんはこの春「家族という病」という
家族関係を否定する本を出してベストセラーになっています

あの次長さんは「家族という病」を
どんなふうに受けとめたのでしょうか

私もつい当時のことを思い出しました

by zuoteng_jin | 2015-05-23 16:45 | その他 | Comments(0)

ローレン・バコール逝く

昨日女優のローレン・バコールが89歳で亡くなりました

私は積極的な映画ファンではないですが
彼女の出演作では
「三つ数えろ」と「オリエント急行殺人事件」をDVDで見ました

「三つ数えろ」はレイモンド・チャンドラーの「大いなる眠り」が原作です

バコールはこの作品の前年
主演のハンフリー・ボガートと結婚していて
十数年後に食道癌で亡くなるボガートを看取っています

原書は The Big Sleep で10数年前に読みました

書棚から引っ張り出して表紙をスキャンしたのがこれです

c0182775_16481198.jpg

前々任校と自宅は車で20分もかからない距離でしたが
間に「ブックセンターいとう」と「ブックオフ」があって
どちらにもこういうペーパーバックがありました

The Big Sleep は値段が100円でしたが
いや何とも格好いい表紙写真ですね

この作品はチャンドラーのデビュー作ですが
初版は全く違うブックデザインでした

しかしこのビンテージ・クライムというシリーズは
表紙デザインが良くて チャンドラーのほかに
ハメットのものなどを見つけては買いました

「オリエント急行殺人事件」はアガサ・クリスティの
Murder on the Orient Express が原作です

c0182775_16545422.jpg

「三つ…」よりは「オリエント…」のほうが原作に近かったです

「オリエント…」のローレン・バコールの存在感には
さすがだと思った記憶があります

ほかにやることがなければ
The Big Sleep を読み返したいところですが
ちょっと書きたい論文があって 手が離せないのが残念です

そんなこんなで 今日は自分の写真はお休みです

by zuoteng_jin | 2014-08-13 18:00 | その他 | Comments(0)

アルジャーノンに花束を

c0182775_16171981.jpg

今日は写真ではなく 本の表紙のスキャン画像です

6月15日にこの本の作者ダニエル・キイス氏が
86歳で亡くなりました

「アルジャーノンに花束を」は古い小説ですが
(長編バージョンは1966年)
2002年に日本でテレビドラマ化されて
広く知られるようになりました

この本は その少し前に
当時の勤務先からの帰路に立ち寄った古書店で見つけ
買っておいたものでした(1976年刊にしてはきれいだったので)

その後 関西に出張するときに
これをかばんに入れて家を出ました

車中でさっそく読み始めたら
句読点が無かったり ミスタイプが頻繁に出て来るのに面食らいました

c0182775_16311951.jpg

しかし それはこの文が
知的障害者の主人公チャーリー・ゴードンのものだからです

そう思って読んでいくと 意味は分からなくはないのでした

それどころか どんどん引き込まれてしまい
結局ほとんど一気に読了してしまいました

もともと英語の語彙力が貧弱な私ですから
一気に読了できる小説は多くはありません

この小説は数少ない一気読了で 忘れがたいものの一つです

一読者として ダニエル・キイス氏の冥福を祈ります

by zuoteng_jin | 2014-06-20 18:00 | その他 | Comments(0)

首都高6号線

c0182775_19212379.jpg

今日の写真は 旨いお米の辻井農園主さんからお借りしました

一週間ほど前にR.ストーンズのライブを見に行っての撮影です

辻井さんのブログに掲げられたこの写真を見て
私の在京時代の通勤路がありありと見えるので息をのみました

札幌に来る前の勤務校は
画面上部富士山の左手前に見える皇居の森
その右端の辺りにあります

多摩から週に三四度 皇居のほとりにやって来ます

そのうち一度は昼前に1コマの従業を終えると ルノー車を駆って
皇居近くの 神田橋入り口で首都高速環状線に乗り
次いで隅田川こちら岸の首都高6号線に入り
三郷(みさと)ジャンクション経由で
常磐自動車道に入って柏インターで降り
国道16号線を手賀沼のほとりのキャンパスまで運転して
午後の授業をやったのです
2010年と2011年の2年間はそういう習慣でした

その前は多摩の自宅から新宿方面を通って
柏キャンパスまで行きましたが
帰路は隅田川沿いの首都高6号線が多かったです

そんなふうにスカイツリーの成長を見ながらの通勤だったので
いま辻井さんの写真で上から通勤路を眺めると
ああ あの頃の自分は元気だったなぁと
いろいろな思いが去来して
走路を幾度もなぞってしまいます

それにしても写真というのは 撮って公開する本人の思惑を越えて
色々な感情で見られるものだと感じ入りました

辻井さんありがとうございました

by zuoteng_jin | 2014-03-14 20:23 | その他 | Comments(2)

天寿

いつもご覧いただき ありがとうございます

本日午後5時
義母が89年の天寿を全ういたしました

臨終の際には4人の娘姉妹がそろって看取り
生前大好きだったビールの香りを嗅がせつつ
見送ったということです

葬儀万端が終わるまで
当分ブログ更新はお休みいたします

by zuoteng_jin | 2013-05-13 20:19 | その他 | Comments(2)

システム不調につき

本日は2台のPCから写真の投稿を試みましたがいずれも不可能でした
エキサイト側に問題があるようです

ということで本日はおやすみです
スミマセン

by zuoteng_jin | 2011-09-01 23:48 | その他 | Comments(0)

しばらくお休みです

いつもご覧いただきありがとうございます

今朝未明 母が90歳で亡くなりました

54歳で子宮ガンの手術を受け 子宮を全摘してから
その後遺症のリンパ浮腫
はては骨粗鬆症の手術などで 大変な身体でしたが
90歳まで明るく生きてきました

我々が病気をしても
母に恥ずかしくない患者であろうと気を引き締めたものです

いろいろと感謝を込めて 後の世に送ってやりたいと思います

そういうわけで ブログは当分お休みします

by zuoteng_jin | 2010-10-13 10:20 | その他 | Comments(2)