カテゴリ:Olympus OM-1( 40 )

英語教室の困ったスペリングとパンダ香香の発音

c0182775_1655404.jpg

ショッピングセンター内の英語教室です

もとは小学館の幼児教室だったところです

それがNOVAの英語教室になったのですが
このスペリングはいけませんね

いくらスペースがないといっても
Choose と your の間にスペースが必要です

この仕事を請け負った内装屋さんは高校ぐらいは出ているはずですが
英語のつづり方をきちんと踏まえる気など無かったようです

外国語教育は中学校からやっても
しょせんこんなもので底が浅いものだと思わざるを得ません

ちなみにパンダの赤ちゃんの名「香香」を
TVなどはシャンシャンと書いたり読んだりしていますが
私には違和感があります

片仮名で書くとシアンシアンが中国語なんで
中国語(共通語)にはシャ・ショのような拗音はありません
(シュはあります)

ですから香香=シャンシャンは中国語じゃなくて
日本語だと思うことにしています
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-10-10 17:25 | Olympus OM-1 | Comments(0)

インスタ映えには無縁だが妙にエロティックな樹幹

c0182775_16205298.jpg

正確な名前は知りませんがもうすぐ真っ赤になるカエデです

この樹の紅葉は前に投稿したことがあります

今回は若者の言うインスタ映えのしないショットですが
写真というのはファインダーを通して
自ら美しさや面白さを発見することですね

この樹幹はファインダーを通してみると
妙にエロティックに見えました

絶景の撮影はほかの人に任せておいて
ファインダー内でこういうものを見つけるのが
お散歩写真の楽しみです
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-10-09 17:30 | Olympus OM-1 | Comments(0)

買い物帰りのお年寄り

c0182775_1733672.jpg

マンション前の芝生敷石です

前に買い物帰りのお年寄りが歩いていました

マンションの住人ではなく
もう少し先まで歩いて行かれましたが
買った品物を片手に下げて ご達者な歩き方でした

芝生をはさんだこちら側にあるスーパーでは
水のペットボトルなど重いものは
マンションまで配達するサービスがあります

このお年寄りはそのサービスの適用外に住んでいるのかなどと
余計な心配をしながらシャッターを切りました

数年前に1000円で手に入れたOM1前期タイプですが
ファインダーがすっきりしていて
大変快調に作動しています
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-10-08 17:49 | Olympus OM-1 | Comments(0)

エレベーター工事とガバナー

c0182775_17331899.jpg

8月下旬にマンションのエレベーター工事があって函館に疎開しました

これは我々の階段の工事が終わって
隣の階段の工事期間に撮りました

工事の主な内容はエレベーターの運転を制御するシステムの交換です
c0182775_17405329.jpg

物理的には上のような制御基板の取り換えですね

調速機は英語でgovernorとあります

というかgovernorの機械用語としての訳語は調速機のようです

エレベーターでもそうなのかと思ったのは
カメラのシャッター機構もガバナーというからです
c0182775_17573155.jpg

私の愛用するカメラはほとんど上のように
レンズ周りにギアやカムを配置したレンズシャッターで
ギヤやカムがシャッター速度を調整するガバナーなんです

ガバナーを分解修理する技術はありませんが
いずれ修得したいと思っています
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-09-10 18:05 | Olympus OM-1 | Comments(0)

中年サイクリストと岳父二十三回忌

c0182775_1714466.jpg

サイクリングロードの休憩所にいるとサイクリストが来て一服しました

たびたびこうして漕いでいるようですが
この先どこまで行って引き返すか相談しています

ぞのうちに再出発しました
c0182775_1720079.jpg

今日は岩見沢市の真言宗のお寺で
岳父の二十三回忌がありました

マンション隣のお寺が八十八か所霊場の結願所ですが
今日のお寺は七十八番霊場にあたります

住職は二十七歳で住職になって初めての葬儀が岳父の葬儀で
導者を担当し 緊張が並大抵ではなかったと回顧していました

もはや50歳の堂々たる僧侶となって
開基115周年の本年夏 堂宇も改築し
順調な経営ぶりを見せていました

彼は高校時代ロックバンドを組んでいた由で
今日も音吐朗々と見事な声明(ショウミョウ)を聞かせてくれました

かつて武道館で催された仏教音楽の演奏会で
ステージで披露したこともあるそうです

少なくとも私が聴いたお経の中では最上級で
後席で会食しながらも仏教音楽のことを
いろいろと語り合ってきました
c0182775_17555841.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-09-09 17:51 | Olympus OM-1 | Comments(0)

残り少ない花を楽しむ人々と新しい白黒フィルム

c0182775_17719100.jpg

サイクリングロードで花壇の植え込みをのぞくご夫婦です

前に報告した1000円のオリンパス OM-1 前期モデル
初めて使うフィルムを詰めて撮りました

この前期モデルには持病のプリズム腐食がないと書きましたが
それはファインダーを覗いている限りの判断で
実は詳細に検討してみたら視野に入らない範囲に
ほんの少し腐食の兆しがみられました

メーカーによる持病対策はなされていなかったのでした

それで中を開けて清掃で腐食を除去して
持病の原因になるボロボロの遮光スポンジを取り除く対策を施しました

ほかの機種から移植したファインダープリズムではないので
見え方は大変すっきりしています

新しいフィルムはローライの RPX100 です

これまで使ってきたコダック T-MAX 100 は
価格が高騰してとても買えなくなりました

それで新たに RPX100 の100フィート長尺巻を導入したものです

現像処理はコダック T-MAX 現像液で実施しましたが
水で5倍に希釈して 20度で4分半液につけるのが標準です

しかし水道の水温が25度近くで その温度で何分かのデータがありません

当てずっぽうで4分にしましたが3分半でも良かったようです

その結果 大変微粒子でシャープな 優れたフィルムだと分かりました

今後はこれを常用にします

ただ現像液は T-MAX だと液温管理が大変厳しいので
1927年処方の使い慣れた D-76 にしようと思います

D-76 だと20度で11分
ということは24度で9分半程度になるなど 調整の幅が生まれます

今日の午前中は 漢和辞典作成の秘話をテーマにした公開講座でしたが
それが終わってから 久しぶりに D-76(粉剤) の溶解をやって来ました

秋になって現像液の温度管理がやりやすくなるので
これからはモノクロフィルムの稼動率が増えることと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-09-08 17:49 | Olympus OM-1 | Comments(0)

2010年9月多摩一本杉球場と1000円の前期型OM1

c0182775_10325610.jpg

今日は北海道の滝川西高と北海高校が試合をやりました

滝川西にとっては強豪仙台育英は荷が大きすぎ
残念ながら大差で敗れました

投稿時点で5回裏 北海は1点差で勝つています

多摩一本杉球場は西東京大会の試合会場で
在京時代には予選試合を見によく行きました

ただ今日このコマを投稿したのは
昨日 自分のジャンクカメラボックスの中から
意外な掘り出し物を見つけたからです
c0182775_10433554.jpg

2011年か2012年か記憶はあいまいですが
キタムラ多摩センター店のジャンク籠から 1000円で拾い上げた OM1です

今日投稿したコマを撮ったOM1は
この当時はまだ持病のプリズムの腐食が起こっていませんでした

しかし昨年それが発覚したので自分でジャンクOM10から移植しました

7~8年前に いずれこのことがあると予想して
腐食の無いプリズムだと確認した上で
部品取りのために確保したのでした

ところが昨年はこれを持っていたことを忘れて
部品取り用のジャンクOM10を入手してしまいました

これが出てきたので改めて点検してみたところ
モータードライブ対応以前の前期型OM1でした
c0182775_110175.jpg

電池蓋の隣の丸蓋がモータードライブギアとの連動軸が通る個所ですし
機材シリアル番号の左がそのための電気接点です

前期型はそれらが無くて シリアルも後期の7ケタに対して6桁です

点検してみるとシャッター機構も露出計も全く正常です

それがなぜジャンク籠に入っていたかを考えてみると
反射ミラーの周囲に2~3mmはばの緑青が発生していたのです

普通の鏡はガラスの裏側に金属を蒸着していますが
一眼レフ用ミラーは光路の距離を正確に出すために表面蒸着になっています

ですからその緑青は前側から綿棒などを入れて
金属磨きで簡単に取れるはずですので
台所からクレンザーを少量もらって拭き取りました

蒸着面はガラス被膜がしっかりしているので こすっても剥がれません
c0182775_11182688.jpg

拭き取りまえに写真を撮るのを忘れたので
上は拭き取った後のミラーです

OM1前期型は1973年5月発売で
モータードライブ対応の後期型は翌年1974年10月発売です

このプリズムが腐食していないのは恐らく早々に腐食して
メーカー修理で対応が済んだものだと思われます

こういう希少で貴重な機材ですから 去年のプリズム取りのために
不用意に分解しなくて幸いでした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-08-12 16:40 | Olympus OM-1 | Comments(0)

中島公園のモクレンとマンションのモクレン

c0182775_183732.jpg

3日の中島公園は白モクレンが満開でした

しだれ柳の緑にもヤマザクラの桜色にもまったく負けていません

マンションにも数本のモクレンがありますが
今年はほとんど花が咲きません
c0182775_18432660.jpg

Leica M7↑
孤独な咲き方がやっとでこの左に見える木が
2015年には以下のような咲き方をした木なのです
c0182775_19191437.jpg

Retina IIIC↑
芽は着いているようなので一昨年のように咲いたらまた撮っておきます

今日は休み明け最初の二連続講義でしたが
さすがにクタクタです

大学院の授業は翻訳指導という内容です

当日提出される留学院生の翻訳日本語文を(原文は中国語)
その場で訂正するので 緊張度もひとしおです

疲れはしますが 翻訳指導自体は院生とのやり取りが楽しいので
快い疲労でした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-09 19:21 | Olympus OM-1 | Comments(0)

連休を楽しむ人々

c0182775_1756342.jpg

マンションのテニスコート脇の桜を撮る人です

3日の午前10時 テニスコートに住人一人と
外部から三人やってきてテニスを始める前に
「きれいだから撮っておくね」とスマホをかざしました

そうかと思えば3日はそれまでの今年最高気温だったので
散歩していてもコートを脱ぎたくなるのでした
c0182775_17564889.jpg

私と同じように脳卒中で不自由な方が一枚脱ぐのに
付添いの奥さんが手助けをしていて他人事とは思えませんでした

この若者は太い雪上タイヤで中島公園を散策していました
c0182775_1759178.jpg

「立派なタイヤだね写真撮っていい」と聞くと
「ああどうぞ いいですよ」そう答えて
ヘッドセットで友達に電話するのに余念ありませんでした

中島公園では池のほとりにあるパークホテルで昼食を摂りましたが
ロビーで席が空く間待っていると隣に母子連れがいました
c0182775_17241960.jpg

ご家族で行楽と思ったのですが
シャッターを切ってちょっとするとご主人が現れましたが
いかにも出張の会社員といったスーツを着用に及んでいました

大型連休といっても 仕事を休めない方々がいることを
ちょっと忘れていました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-05 17:33 | Olympus OM-1 | Comments(0)

中島公園で桜を楽しむ人々

c0182775_1802219.jpg

昨日の中島公園には花を撮る人がずいぶんいました

もちろん敷物を敷いて花見をする客も少なくないです
c0182775_1825796.jpg

この辺は少人数のお仲間がほとんどでしたが
広い地面には大勢で楽しんでいる団体がいます
c0182775_186413.jpg

花もさることながら 暖かい陽光や空気を浴びることが何よりうれしいのです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-04 18:13 | Olympus OM-1 | Comments(0)