カテゴリ:Olympus OM-1( 34 )

2010年9月多摩一本杉球場と1000円の前期型OM1

c0182775_10325610.jpg

今日は北海道の滝川西高と北海高校が試合をやりました

滝川西にとっては強豪仙台育英は荷が大きすぎ
残念ながら大差で敗れました

投稿時点で5回裏 北海は1点差で勝つています

多摩一本杉球場は西東京大会の試合会場で
在京時代には予選試合を見によく行きました

ただ今日このコマを投稿したのは
昨日 自分のジャンクカメラボックスの中から
意外な掘り出し物を見つけたからです
c0182775_10433554.jpg

2011年か2012年か記憶はあいまいですが
キタムラ多摩センター店のジャンク籠から 1000円で拾い上げた OM1です

今日投稿したコマを撮ったOM1は
この当時はまだ持病のプリズムの腐食が起こっていませんでした

しかし昨年それが発覚したので自分でジャンクOM10から移植しました

7~8年前に いずれこのことがあると予想して
腐食の無いプリズムだと確認した上で
部品取りのために確保したのでした

ところが昨年はこれを持っていたことを忘れて
部品取り用のジャンクOM10を入手してしまいました

これが出てきたので改めて点検してみたところ
モータードライブ対応以前の前期型OM1でした
c0182775_110175.jpg

電池蓋の隣の丸蓋がモータードライブギアとの連動軸が通る個所ですし
機材シリアル番号の左がそのための電気接点です

前期型はそれらが無くて シリアルも後期の7ケタに対して6桁です

点検してみるとシャッター機構も露出計も全く正常です

それがなぜジャンク籠に入っていたかを考えてみると
反射ミラーの周囲に2~3mmはばの緑青が発生していたのです

普通の鏡はガラスの裏側に金属を蒸着していますが
一眼レフ用ミラーは光路の距離を正確に出すために表面蒸着になっています

ですからその緑青は前側から綿棒などを入れて
金属磨きで簡単に取れるはずですので
台所からクレンザーを少量もらって拭き取りました

蒸着面はガラス被膜がしっかりしているので こすっても剥がれません
c0182775_11182688.jpg

拭き取りまえに写真を撮るのを忘れたので
上は拭き取った後のミラーです

OM1前期型は1973年5月発売で
モータードライブ対応の後期型は翌年1974年10月発売です

このプリズムが腐食していないのは恐らく早々に腐食して
メーカー修理で対応が済んだものだと思われます

こういう希少で貴重な機材ですから 去年のプリズム取りのために
不用意に分解しなくて幸いでした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-08-12 16:40 | Olympus OM-1 | Comments(0)

中島公園のモクレンとマンションのモクレン

c0182775_183732.jpg

3日の中島公園は白モクレンが満開でした

しだれ柳の緑にもヤマザクラの桜色にもまったく負けていません

マンションにも数本のモクレンがありますが
今年はほとんど花が咲きません
c0182775_18432660.jpg

Leica M7↑
孤独な咲き方がやっとでこの左に見える木が
2015年には以下のような咲き方をした木なのです
c0182775_19191437.jpg

Retina IIIC↑
芽は着いているようなので一昨年のように咲いたらまた撮っておきます

今日は休み明け最初の二連続講義でしたが
さすがにクタクタです

大学院の授業は翻訳指導という内容です

当日提出される留学院生の翻訳日本語文を(原文は中国語)
その場で訂正するので 緊張度もひとしおです

疲れはしますが 翻訳指導自体は院生とのやり取りが楽しいので
快い疲労でした
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-09 19:21 | Olympus OM-1 | Comments(0)

連休を楽しむ人々

c0182775_1756342.jpg

マンションのテニスコート脇の桜を撮る人です

3日の午前10時 テニスコートに住人一人と
外部から三人やってきてテニスを始める前に
「きれいだから撮っておくね」とスマホをかざしました

そうかと思えば3日はそれまでの今年最高気温だったので
散歩していてもコートを脱ぎたくなるのでした
c0182775_17564889.jpg

私と同じように脳卒中で不自由な方が一枚脱ぐのに
付添いの奥さんが手助けをしていて他人事とは思えませんでした

この若者は太い雪上タイヤで中島公園を散策していました
c0182775_1759178.jpg

「立派なタイヤだね写真撮っていい」と聞くと
「ああどうぞ いいですよ」そう答えて
ヘッドセットで友達に電話するのに余念ありませんでした

中島公園では池のほとりにあるパークホテルで昼食を摂りましたが
ロビーで席が空く間待っていると隣に母子連れがいました
c0182775_17241960.jpg

ご家族で行楽と思ったのですが
シャッターを切ってちょっとするとご主人が現れましたが
いかにも出張の会社員といったスーツを着用に及んでいました

大型連休といっても 仕事を休めない方々がいることを
ちょっと忘れていました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-05 17:33 | Olympus OM-1 | Comments(0)

中島公園で桜を楽しむ人々

c0182775_1802219.jpg

昨日の中島公園には花を撮る人がずいぶんいました

もちろん敷物を敷いて花見をする客も少なくないです
c0182775_1825796.jpg

この辺は少人数のお仲間がほとんどでしたが
広い地面には大勢で楽しんでいる団体がいます
c0182775_186413.jpg

花もさることながら 暖かい陽光や空気を浴びることが何よりうれしいのです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-04 18:13 | Olympus OM-1 | Comments(0)

札幌中島公園の豊平館と桜

c0182775_17563292.jpg

今日は今年の最高気温でしたので中島公園でリハビリ散歩です

北海道開拓使の迎賓館であった豊平(ホウヘイ)館が
昨年6月に改修工事が終わりました

建物の全景を撮るとかえって幻滅することがあるので
ここは100mm望遠で画面を切り詰めました

40mmレンズで撮るとこうなります
c0182775_1832724.jpg

背後にプレミアホテルが聳えていて
明治建築といっしょに写るとどうにもチグハグです

それにしても オリンパスZuiko 100mm F2.8の描写力は
改めて見事なものだと感じました

公園の桜を 100mm で撮ってみたものを下に掲げます
c0182775_18165770.jpg

蛇腹中判カメラでも撮りましたが
現像は東京送りになるので仕上がりは二週間後だということです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-03 18:24 | Olympus OM-1 | Comments(3)

エゾムラサキツツジ

c0182775_14311083.jpg

自宅から100mほどの日陰に咲いたものです

これも Zuiko 100mm F2.8 で撮りましたが 私にとっては
マニュアルフォーカスのピント操作がそのまま作業療法です
c0182775_1432258.jpg

これはマンションのいつも日陰になる場所ですが40mmでの撮影です

いつもこの画面の通路を通って駐車場に行き来しますが
左から右方向に強烈なビル風が吹き付けます

エゾムラサキツツジは日当たりが悪くビル風のひどい場所でも
こうやっていち早く開花してけっこう長く咲き続けます

この大型連休に孫がやってくるかと思ったら
孫がインフルエンザで それが父親である息子にもうつってしまい
後半遅くに来られるかどうかという塩梅です

エゾムラサキツツジの逞しさにあやかりたいものですね

c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-01 17:29 | Olympus OM-1 | Comments(0)

大学横の水芭蕉

c0182775_16593488.jpg

19日水曜日の昼休みに大学横の公園で撮りました

撮影レンズはオリンパス Zuiko 100mm F2.8
2010年のバンコク以来の出動です

Zuikoの100mmレンズはF2がプロにも大好評の銘玉で
現在でも中古で8~9万円するほどの評価です

しかし大きく重いレンズなので
軽量コンパクトなOMのボディにはつける気がしませんでした

F2.8もかなり安定した描写が好評で 40年前には愛用していました

それは15年ほど前にいったん手放し
今回使ったのは2009年に再導入した改良版F2.8です

中望遠レンズですが
ニコンなどの50mm標準レンズ並みの大きさです

水芭蕉は花と白い咢をクローズアップして後をボカすと幻想的に撮れますが
私はこの花が咲く水場の環境も入れて撮るのが好きです

全体はこんな感じです
c0182775_17245766.jpg

c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-30 17:40 | Olympus OM-1 | Comments(0)

キタキツネを撮る人と久々のOM-1

c0182775_1704993.jpg

今日の大谷地神社です

正午ごろ強張った身体をほぐしにリハビリ散歩に行きましたが
キタキツネが歩いていました

お参りに来ていたご婦人が急いでスマホを出して
撮影しました

「こんなところにいるんですねぇ」と声を掛けると
「ホント イヤーびっくりです」と驚いていました

キタキツネの腸にはエキノコックスというやっかいな寄生虫がいて
感染すると生存率30%という怖い病気が待っています

北海道に来てはじめてOM-1を使いました

半年ほど前にOM-1のプリズムの腐食が見つかり
自分でほかの機種から移植したことがありました

プリズムの移植は無事に出来ましたが
うっかり露出計の配線を外してしまったので
それを修理屋さんに直してもらいました

直して使ってみると
ニコンやキヤノンの一眼レフとは違った軽いシャッター音にしびれました

45年前に初めて一眼レフを買ったのが OM-1 でしたが
その感触が忘れがたいです

一眼レフのシャッターは何と言っても
オリンパスとミノルタの感触が好きです

今年ももう三分の一が終わりますが
蛇腹カメラとOM-1を中心に使ってみようと思います
c0182775_19455648.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-28 17:38 | Olympus OM-1 | Comments(0)

越中八尾曳山祭りとユネスコ無形文化遺産

c0182775_1633365.jpg

87年5月撮影のネガですからカラーバランスがおかしいです

坂の町越中八尾の曳山祭りですが
狭い坂の路地を引き上げるのは大変です
c0182775_16393827.jpg

モノクロフィルムだと30年たっても変化していませんね

山車の上に乗ると住居の二階と同じ高さです(Zuiko 100mm F2.8使用)
c0182775_16453949.jpg

この古いネガを思い出したのは
このほどユネスコの無形文化遺産に
山・鉾・屋台行事が登録されたからです

この行事に全国33か所の山・鉾・屋台行事があげられたのですが
八尾の曳山はあげられず 富山県としては
高岡御車山(たかおかみくるまやま)祭・魚津たてもん祭り・城端(じょうはな)曳山祭
この三つがあげられています

それはそれで見ごたえのある曳山ですが
私としては八尾曳山祭りも加えてほしかったです

桐の花が咲く5月初めの八尾の曳山祭り
虚無僧の門(かど)付けもなつかしい光景です
c0182775_17145192.jpg

c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2016-12-04 17:19 | Olympus OM-1 | Comments(0)

富山市政務活動費問題と84年越中八尾風の盆

c0182775_16593218.jpg

30年以上昔の八尾風の盆の光景です

今町のおわら節の地方の皆さんが
そろそろ調子合わすまいか
といって街辻に出てきたところです

富山市議の政務活動費問題でワイドショーが盛り上がっています

もちろん税金を食い物にする不正は許されませんが
領収書偽造ならいまの政権閣僚にもいるのにそこをつつかず
騒いでも安全なところだけをターゲットにしていますね

この3年間ほどだらしないマスコミは見たことがありません

それにしても84年のおわら風の盆
いかにも長閑ですね

85年に高橋治『風の盆恋歌』が出ると 全国から観光客が集まって
こんな風に地元の人たちが長閑に楽しむ風情がなくなりました

下は天満町の舞台踊りです
c0182775_17144942.jpg

c0182775_17153082.jpg
c0182775_17154228.jpg

c0182775_1716181.jpg

最近の風の盆の画像を見ると
写真受けを狙ったポージングが目立って
踊りを楽しむ雰囲気が感じられなくなりました

85年以前に見ておいて本当に幸せです
c0182775_1741205.jpg
by zuoteng_jin | 2016-09-16 17:32 | Olympus OM-1 | Comments(0)