カテゴリ:Agfa Optima 1535( 92 )

Agfa Optima で撮った白樺の緑と川柳の緑

c0182775_1756497.jpg

c0182775_17575622.jpg

Agfa Optima のレンズは緑の表現が抜群です

前にもほかの高級カメラで撮った白樺と川柳ですが
このコンパクトなカメラは一歩も引けを取っていません
(一昨日と昨日の機材も同じです)

今日は二つの会議の後 モノクロフィルムを2本現像しましたが
現像には最適の水温なので処理は大変楽です

仕上がったフィルムは自らスキャンしないといけませんので
後日の掲載になります
c0182775_18593248.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-17 18:17 | Agfa Optima 1535 | Comments(0)

ヒヤシンスとギリシャ神話

c0182775_17422356.jpg

サイクリングロードの花壇に三色のヒヤシンスが咲きました

ヒヤシンスは有名なギリシャ神話が語源ですね

Zeusゼウスの息子で芸能の神としても知られるApolloアポロンと
アポロンにかわいがられている美少年ヒュアキントスHyacinthusとが
円盤投げに興じていたところ
ヒュアキントスの放った円盤が地面に跳ね返り彼の額を割ってしまいます

ヒュアキントスはその場で亡くなってしまいますが
その時に地面の草にかかった流血が紅い花を咲かせたそうです

それでその花をヒヤシンスと呼ぶというのですが
私が読んだトマス・ブルフィンチの本(The Age of Fable)には
伝承の内容から見て今のヒヤシンスhyacinthではなく
ほかの たとえば飛燕草larkspurかパンジーpansyの一種かも知れない
という注を付けています

また円盤の事故もゼピュロス(西風の神)が美少年と遊ぶアポロンに嫉妬して
アポロンが投じた円盤に風を当ててヒュアキントスにぶつけた
という異説も紹介しています

ちなみにギリシャ彫刻のミュロン作「円盤投げ」は
ヒュアキントスを造形化したものだと言われています
c0182775_1845158.jpg

これもギリシャ彫刻は存在せず ローマ時代のコピーが27体あるそうで
引用画像はドイツのミュンヘンにあるものだそうです

もっともこのポーズも実際に円盤を投げるとこうはならず
ミュロンが見栄えの良いポーズを作成したものとも言われます
c0182775_18593248.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-16 18:21 | Agfa Optima 1535 | Comments(0)

疲れてぐずる孫となだめるじいじと定期検診

c0182775_16345175.jpg

5月4日の撮影です

左側から自転車で坂道をこぎのぼってきた男の子が
のぼり切ったあたりでくたびれてしまい
ベソをかいてぐずっていました

そこにお爺ちゃんがやって来てしきりになだめます

何とか立ち直ってホッとしましたが
ちょうど我が家の孫と同じぐらいの年端でした

我が家の孫もこの週末に家族でやって来ましたが
小学1年生になるとやはり少年らしくなりました

去年までなら相撲をとってもインパクトはなかったのですが
昨今は私の不自由な身体では危険を感じるような塩梅です

今日は定期検診で脳外科の診察を受けてきました

主治医「外を歩くときはどの程度歩きますか」
私「だいたい1時間半程度は歩きます」
主治医「それはすごいですね」
私「ただ歩くのは退屈ですからカメラを持って出ます
  もう少し先に面白い被写体があるかもしれないと励みになります」
主治医「一眼レフですか」
私「フィルムのクラシックカメラです」
主治医「それはまたこだわりの趣味ですね」
私「デジタルですと原理的に立体感が出ないですから」
主治医「デジカメは確かにきれいですけどベタッと平面的ですからね」

そんなやりとりがありました

ブログのことは報告しませんでしたが
機械式カメラの修理も好きだという説明には
主治医もずいぶん興味を引かれたようでした

お医者さんでカメラ好きの方々が少なくないのは
ネット上の情報からもよく分かります

4年前のいかにも偉い医者だぞという印象とは
かなり違ってきておやおやと思った診察日でした
c0182775_18593248.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-05-15 17:31 | Agfa Optima 1535 | Comments(0)

古い看板と中国人知人の転居通知と講義準備

c0182775_16453523.jpg

息子のアパートの近くの廃屋です

この看板にアルファジャパンとありますが
これは不動産の会社です

こういう小屋に不動産広告って
住まいに夢が持てなさそうですが
かつては効果があったのでしょうか

不動産と言えば数日前に
慶応大学で中国語の教員をやっていた中国人から
苫小牧に転居しましたという連絡がありました

東京の自宅はそのままにして
花粉症対策として苫小牧にマンションを入手したと言います

彼は86年に北京の日本学研究センターで教えた指導生です

こちらが北京に到着して一週間も経たないうちに
林真理子の『テネシーワルツ』のなかで
いくつか理解できない箇所があると質問に来たのでした

少し歳をくった学生でしたが
その後数年して日本に来て教師になりました

それも定年退職して今後は北海道を中心にして暮らす由です

そのマンションは息子が二週間おきに通う病院から5分ほどですから
今度訪ねてみようと思っています

ところで4月からの講義準備として読んできた小冊子を読み切りました
c0182775_176107.jpg

読み切ったのは左の「白居易」です

一学期間この白居易の生涯と詩を講義するつもりですが
良くまとまっているこの評伝を読んでおきたかったのです

中国語で新書版70頁ですからもっと早く読めたのですが
重要な作品は右の本で詩文のフルテキストを読みながらなので
思ったよりは時間がかかりました

日本語で読める訳注書などもたくさんありますが
そういうのは読んでいて上滑りしてしまいます

多少分かりにくくても中国書をめくることで
却って自分独自の読み方が出来ます

これで講義の骨格がキッチリ通ったように思います

前に授業シラバスについてブログに書いたことがありますが
ちゃんとした授業のためにはこういう下準備こそが大事なので
そういう時間の確保が難しくなっている昨今は
本末転倒だとつくづく思います
c0182775_18593248.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-03-08 17:28 | Agfa Optima 1535 | Comments(0)

ひな人形とリハビリの一日

c0182775_1746215.jpg

北海道のお菓子の老舗「千秋庵」のショーケースの上です

千秋庵は煎餅の「山親爺」が有名です
いついただいても旨い煎餅です

スキーを履いたヒグマはずっと変わらない絵柄ですが
バター風味の煎餅は草加煎餅などの醤油風味と違って
いま考えるといかにも北海道モダンな味です

今週は火曜日の図書整理や水曜日の会食会や木曜日の図書整理と
身体を使うことが多くてさすがに強張りが気になります

出来るだけ身体がほぐれるようなインドアのリハビリウオークをして
後は新学期に向けて講義資料の読み込みを行いました
c0182775_18593248.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-03-03 18:03 | Agfa Optima 1535 | Comments(0)

目の不自由な奥さんを導く夫婦と「座頭市物語」

c0182775_1810823.jpg

最寄りの郵便局の前を行くご夫婦です

奥さんの目が不自由でご主人が手を引いていました

何かと不自由な思いをなさっているとは思いますが
優しいご主人の介添えに心和みつつシャッターを切りました

昨日閻連科の小説「年月日」で盲犬に呼びかける言葉「瞎子」を
翻訳ではメクラではなくメナシに訳してあると書きました

放送や出版の業界では
「めくら」は使わない方が望ましいとされているようです

しかし歴史的な言葉づかいを説明する辞書では
使わないわけにはいきません

私たちの『漢辞海』でも【盲】に「めくら」の訓をあてています

盲目と言えば座頭市が有名です

1962年封切りの勝新の座頭市映画で知られていますが
原作の子母澤寛「座頭市物語」は1948年に雑誌初出で
のち1961年に『ふところ手帖』に収められました
c0182775_18514597.jpg

私は上の中公文庫で読みました

「座頭市物語」は文庫本10頁の短編ですが
勝新の小汚いイメージとは全く異なる人物像です

天保水滸伝の飯岡助五郎と笹川繁蔵の出入りの頃
座頭市は飯岡の子分であったのですが
助五郎が卑怯な手段で繁蔵を暗殺すると その非道に我慢がならず
助五郎の前に立っていた徳利を得意の居合切りで真っ二つにすると
そのまま「盃はけえしたよ!」と たもとを分かちます

書き出しに「めくら」とありますが
子母澤寛の市の造形は尊敬に値する人格者です

言葉というのはあくまでも使う文脈によって
差別のために使われているかどうかが分かります

ある言葉を器械的に禁止用語にするというのは
私は望ましいとは思いません
c0182775_18593248.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-02-26 18:57 | Agfa Optima 1535 | Comments(2)

桜えびタルタルバーガーと床屋政談

c0182775_17311858.jpg

ハンバーガーも春モードですね

この春開学を目指す「安倍晋三記念小学校」の問題
官僚経験者の談によれば官僚の力だけでは
あそこまで不当な値引きなど出来るものではない由です

ミゾウユウの麻生財務相
「あたかも政治家が働きかけたような印象をふりまいて」って
語るに落ちるセルフを吐いていました

最初は報道を控えていたマスコミが
段々報道するようになってきました(読売新聞まで参戦です)

今日は学務が一段落したので ひと月半ぶりに散髪に行きました

私が終わる少し前に来たお客さん
最近よく見るテレビドラマの話をちょっとして
「それにしても北朝鮮とあの小学校ばっかりだね~」と
ニュースの方に話題を持っていきました

「あの学校ひどいね~ 国会見てたらメチャクチャだよ~
アソーさんなんてまるでやくざみたいだったよ」

ケープをかけて段取りをするお店のカミさんに向かって
大きな声で政談を始めました

その後までは聞かずに理髪店を出ましたが
この問題が床屋政談になっている以上
マスコミはさらに追い詰めてほしいものです

この4年間の異常な政権とマスコミの関係が
少しでも正常になって行く絶好のチャンスだと思います
c0182775_18593248.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-02-24 18:01 | Agfa Optima 1535 | Comments(0)

春モードと春の憂鬱な仕事

c0182775_1725160.jpg

そろそろ春モードの商品展開ですね

大学の教員にとって春は憂鬱な季節です

というのも15年ほど前からシラバス(英語Syllabus)という
ひとコマごとの詳細な授業計画を書かされます

昔は授業概要が1科目につき300字程度の紹介文でした

シラバスは1科目ではなく毎時間にわたって
タイトルよりも詳しく授業の内容を述べ
受講生はどんな予習を何分するか
授業のあとどんな復習を何分やるかまで書くのです

もちろんどんな試験を課すか
どういう基準で評価するか
いちいち丁寧に書かなくてはないません

それから授業の終わりには学生の授業評価があって
それはいいのですが
シラバス通りに進行したかという設問が必ずあります

シラバスは学生に提示する契約文書の一種だと言います

こんな風に詳細なのはアメリカの大学には
学外非常勤講師が大変多く
日頃教員との接触がほとんどない環境だからこそ必要とされました

それが常勤教員の方が多くて
学生との接触が多い日本でも導入されました

どう考えてもシラバスというのは
決まった内容を教えるためのものです

文学系の授業は決して教科書的な
決まった内容に限られないものです

受講生の理解度に応じて
あるいは講義の準備をしつつ研究を深化させて
開講当初には思いもよらなかった方向に発展して行くのが
活き活きとして知的興味にあふれた授業になるのです

私は教わった先生たちの授業準備のためのノート作りを
ごく間近で見ながら育ちましたが
授業というのは 授業をしながら成長を続けるものだと感じました

ですからシラバス通りの授業は死んだ授業なんです

特に専門科目の授業では授業が終わったら
そのノートをもとに新しい論文が書けるようになるのです
(半分はそうして論文を書いてきました)

したがって私などの考える良い授業とは
シラバスというものとは縁遠いです

それでも文科省はこのシラバスの出来不出来を
大学への補助金に反映させるというバカなことをやっていますから
大学のためには書かざるを得ません

先ほど三日間かけて来年度のシラバスを書き終えました

この三日間のシラバスを書く時間を
その授業のための原書資料を読む時間に充てるほうが
はるかに充実した授業になるのになぁと
シラバスを書くために書棚から引き出して積んだ文献を
横目で見ながらそう考えています
c0182775_18593248.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-02-23 18:10 | Agfa Optima 1535 | Comments(0)

若者のスマホと年配者の読書

c0182775_17215741.jpg

ベンチに腰かけて時間をつぶす方法です

ショッピングセンターのベンチですが
電車の中でも同じような光景が見られますね

今日は午前午後と二つの会議に出て
帰宅してからひと眠りしました

これから地下鉄で都心に出て
学科の送別会に出席します

では地下鉄の中で読む本を持って出ましょう
c0182775_18593248.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-02-22 17:27 | Agfa Optima 1535 | Comments(0)

雪道脱出具とウインドウオッシャー液

c0182775_1734013.jpg

雪道脱出具を使う機会がありました

商品名スグラは Snow Grabber の略のようです

素材は再生硬質パルプ 要は再生紙ですから
非常に軽いのですが効果は抜群でした

先日 苫小牧で駐車しようとしてこの轍にはまりました

これはその時の数時間後に撮ったもので
実際には谷がもっと深く かつ山の凍結がもっと厳しかったです

そこでこの脱出具を取り出して方向を間違えないように
(画面右側から左側に移動します)
タイヤと路面の間に置いてアクセルを踏むと
難なく一発で脱出できました

再生紙ですから使用回数に限度がありそうですが
乗用車で乾雪での使用なら3~4回以上は使えそうです

何しろ私の買ったときは 1,357円でしたから
車に一つ積んでおいて悪くないと思います
c0182775_17263641.jpg

春に近づくにつれて車の窓が汚れることが多いです

ウインドウオッシャー液の消耗が進むので
この間も恵庭のオートバックスで2本調達しました

しかし いつもリハビリウオークに使うショッピングセンターで
ツルハドラッグがこの値段で-35度まで凍らない液を売っていました

問題は値段で
恵庭のオートバックスは1本322円だったのです

オートバックスならどこでも値段が同じかと思ったら
フランチャイズ系列でけっこう違うことを後で知りました

スタック脱出具は良い買い物でしたが
ウインドウオッシャー液はちょっと慎重を欠きました

今後のためにブログに書いておきます
c0182775_18593248.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-02-21 17:42 | Agfa Optima 1535 | Comments(0)