カテゴリ:Yashica Electro 35GX( 40 )

卒業式と地下鉄出入り口

c0182775_1642455.jpg

地下鉄大谷地駅の出入り口の一つです

防雪のためにすっぽりと壁と屋根で覆っていて
建物の一部のようになっていますが 本来は別物です

今日は大学で卒業式がありました

今回卒業する学生たちは 私が4年前に着任した時の入学生です

全体の式典の後で場所を移し
学科ごとに学位記をめいめいに手渡すことになります

そこで教員全員が短い祝辞を述べるのですが
「皆さんご卒業おめでとう
私はこの4年間 皆さんにきちんと授業をするのを目標に
脳卒中リハビリの励みにしてきました」

「その励みのおかげでリハビリにも耐えられ
左片麻痺を克服してこうやって今がありますから
皆さんにお礼を申し上げます」
そういって祝辞とお礼を述べました

身体の不自由をかかえて
ともかく4回の卒業式に列席できたのは幸いです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-03-20 17:07 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

重心確保リハビリとレンズフードの「けられ」問題

c0182775_16213677.jpg

時々この親子の歩いているような道を意図的に歩きます

凍っていたり融けていたり濡れていたり

脳卒中患者がこういう不整路面を歩くときには
意識的に重心を確保して歩かないといけません

最近何度か書いているように
そうしないと腰に負担ががかります

雪面を歩く場合も同じように腰にきますから
こういう四阿で一休みをとるようにしています
c0182775_16291560.jpg

ところでこの2枚の写真は四隅が
深いレンズフードのために光が十分に届いていません

こういうトラブルを「けられる」といいます

この撮影は下のようなフードを装着して行ったものです
c0182775_16351987.jpg

フードによるけられは撮影レンズのほかに
フードの外側が向かって右上のフレーミング窓にも干渉しますし
中央部上の測距窓にも干渉します

上のフードの場合は測距には影響がありませんが
撮影レンズとフレーミング窓に影響があります

それで下のようなフードを装着してみました

42年前のカメラですから当時の純性フードはもう滅多に入手できません
汎用フードを手に入れました
c0182775_16445927.jpg

これだと撮影レンズの「けられ」は起きませんし
フレーミングもフード自体に空いている窓で影響は極小です

測距窓には若干干渉しますが邪魔になるほどではありません

こんなあれこれの工夫は
最近のデジカメにはないカメラいじりの楽しみです
c0182775_18101867.jpg
by zuoteng_jin | 2017-03-18 17:18 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

雪深い小公園と雪の下の福寿草

c0182775_1727680.jpg

リハビリウオークで時々通る公園です

ブランコや滑り台で分かるようにまだけっこう深い雪です

住宅街のある一角で私と同年輩のご夫婦が
歓声を上げていました

近づいてみたら雪の下から福寿草を掘り出したというのです
c0182775_1731863.jpg

路面から1メートルほどの高さのお庭の雪を取り除くと
下から咲いた福寿草が出てきたらしいのです

毎年この時期の楽しみなんだそうで
2センチほどの花を示しながら
「ここにもそこにもほらまだまだつぼみが何ぼでも…」
実に楽しそうに雪を払っていました

人間いくつになっても春の到来は嬉しいものですね
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-03-15 17:45 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

電動ドリルでの氷割りと不整地リハビリ歩行

c0182775_1724403.jpg

お婆ちゃんの氷割りとお手伝いのお孫さんです

歩きながらのノーファインダー撮影ですから
思い切り傾いてしまいました

この時期お天気が好いと路面の氷を割る作業が必須です

普通はアイスピッケルという工具で氷を割ります
電動ドリルでの作業は初めて見ました

撮影は数日前でしたが
氷の道や融けた道を歩くと
重心確保に問題がある脳卒中患者は腰にきますね

そうではあっても
じっと閉じこもって身体が強張るよりはましだと
懸命に歩いてリハビリに努めたことです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-03-14 17:40 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

神社の唐檜の林と修論指導

c0182775_16572591.jpg

初雪直後の大谷地神社境内です

唐檜の林がなかなか良い雰囲気です

その後例年の二倍以上の雪が降っていますから
すっかり雪原の林になっているはずです
c0182775_172451.gif

雪の深さは昨年の三倍ですね

北海道神宮などの神社では初詣の受け入れのために
今日から煤払いなどを実施したとのことです

昨日今日と留学生の修士論文を読みつつ
日本語訂正やコメント書入れに追われています

コピー&ペーストでない文章はテニヲハの訂正に時間をとられますが
つたない日本語でも自分で書いたものは好感が持てます

半日根を詰めても5ページ程度が限度ですから
一人分でも四五日はかかります

年内に指導担当の二人分を仕上げるのが目標です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-26 17:17 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

雪吊りと富山方面からの電話

c0182775_20585956.jpg

近所のお庭の雪吊りです

雪吊りは富山や金沢 北陸地方の風物詩です

今日は辞書を献呈した方々から
メールや電話が相次ぎ ブログの更新が遅れるほどです

さきほども昔富山で同僚だった方から電話があり
懐かしさのあまり長話をしてしまいました

13年間富山にいて じっくりと仕込みを果たしたので
百万部を突破する辞書が出来たものと考えています

したがってとりわけ富山の方々には
一人でも多く見ていただきたいと思っています
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-08 21:10 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

ステージカーと市民長寿大学

c0182775_16401953.jpg

サインがボディのあちこちに書き込まれています

何だろうと思ったら
これは野外でステージに使う特殊車両でした
c0182775_1644459.jpg

このステージを利用した出演者たちに書いてもらったものなんですね

今日は大学のある恵庭市の長寿大学という高齢者市民講座で
「松尾芭蕉と漢文漢詩と江戸の本」という講演をやって来ました

会場は教室なんてものではなく体育館兼講堂で
私はステージの上からお話申し上げました

私の話よりは 松尾芭蕉が読んだ本と同じ漢詩文集で
芭蕉と同時代に刊行された350年ほど前の本の実物を
各自手に取って見てもらうのが主旨でした

私は講義のイメージでしたが
先方は講演のイメージだったようです

それでちょっと様子が違いましたが
事前に資料として昔の本の実物大コピーを配布してあったので
説明には支障もなく 受講者70名が実物を手に取る機会もあり
皆さんの熱意に十分こたえられる講演が出来たと思います

それにしても往路の凍結道路は大変でした

昨日の湿雪が一夜明けてアイスバーンになってしまい
会場に着くまでに追突事故が三か所
スタッドレスタイヤがスリップして立ち往生するトラックが2台
渋滞のために私が会場に着いたのは10分前でした

いずれにしても大過なくイベントを終えて
疲労と安心から 帰宅後ひと眠りしました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-07 17:24 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

浅いわだちと事務仕事の一日

c0182775_1719321.jpg

札幌は寒いですがドカ雪は来ていません

パウダーシュガーを浅くひっかいたようなわだちですね

北海道でももちろんわだちは出来ますが
北陸のわだちの方が怖かったです

北陸のわだちは深くて硬いのです
札幌周辺に限るとちょっと楽だと感じています

今日は丸一日 事務仕事に明け暮れました

一つはお金の出どころから マイナンバーを教えろというやつです

文科省関連のとある専門委員としての謝金支払いのためと
地方自治体の講演料支払いのためでしたが
今はあまりやってない雑誌等のコラム原稿などを抱えていると
代行業者からマイナンバー教えろの嵐のような状態だそうです

もはやマイナンバーの守秘などどこ吹く風ですね

そのうち図書館で借りた本のデータなども登録されるそうで
政権批判の本を借りたと
逮捕されそうな勢いには空恐ろしくなります

もう一つの事務仕事は ある叢書の一冊の編集責任者として
最適な研究者に分担執筆依頼の書状を発送することです

お一人は面識がありますが もうお一人は面識がなくて
かつて同じ雑誌の特集で執筆者に名を連ねた方です

学術的な刊行ということで
原稿料が出せないのに執筆依頼するのですから
慎重な言葉でお願いしなくてはなりません

ですから午後いっぱいかけて
お二人に依頼文を書いて投函を済ませ
やっとちょっとほっとしました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-05 17:45 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

切通しの道と凍結路面

c0182775_17465649.jpg

昨日掲げたモンタナ松を通り過ぎると切通しです

買物帰りの老婦人がカートを引いていますが
重い荷物を下げて歩くのは若干危険です

少しでも日陰になると路面が凍結しています
c0182775_17503170.jpg

先ほども向こうから歩いてきたアラ還の男性は
踏みだした足が滑って転倒しそうになりました

幸い持ちこたえましたが
道の全面が雪に覆われるより むしろ今が危険なのです

もちろんこちらはスパイクシューズとスパイクステッキで
万が一のようなことが無いように
リハビリウオークをこなしました
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-12-03 17:58 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)

道産米と留学生の手植え道産新米

c0182775_17113335.jpg

くるるの杜(道農協連合会直営)のお米売り場です

道産米はこの画像の左側に積んである「ゆめぴりか」「ななつぼし」
それと「ふっくりんこ」が三大品種です

今日 大学院の修論指導がありましたが
指導生が「新米出来ました 是非食べてください」と
新米5キロをどんと持ってきました

彼は旭川の方で田んぼを借りて
田植えから稲刈りまで自分たちでやってみたのだそうです

お米の品種は道産米の中では最も粘りがあるという評価の
「おぼろづき」です

この画面で言えば「新米入荷しました」のケースの右隣が「おぼろづき」です

この写真を撮った時には上向き矢印に
「新米入荷までもう少しお待ちください」と書いてありました

してみると稲刈りの時期がほかの品種より遅いようです

それはそうと留学生の中にはいろんな諸君がいますが
何かにつけて実行力ということでは
日本人学生たちは足元にも及びません

今晩の夕飯はさっそく「おぼろづき」の試食です
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2016-11-01 17:35 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)