2017年 09月 06日 ( 1 )

夕日を浴びて遊ぶ子らと再生レチナの露出計調整

c0182775_17135236.jpg

昨日17時過ぎの道の駅「花ロードえにわ」です

あまりこういう時間帯に撮ることがありませんでしたが
この光線の色と角度も魅力的です
c0182775_17174166.jpg

c0182775_1718484.jpg

ジャンクからの再生機材ですが これだけ撮れれば文句なしです

しかし今日のお昼ごろ リハビリ散歩に持ち出そうとしたら
露出計の指針が動かないのです
c0182775_17252975.jpg

この露出計ブロックはビス2本で蓋をとめていますが
中を確認しようとビスをちょっと緩めたところ
針が元気よく動きました

ビスを緩めたらなぜ復活するかと言えば
固く締めすぎると針の支点の軸に干渉してしまうようです
c0182775_1731193.jpg

黒いケースの中にあるのがコイルとひげゼンマイのパーツで
この中心軸が気温の上昇でかすかに膨張して蓋に触るのでした

それで ネジを固くなりすぎないように締めると 快調に動きます

かつて東京でバルナックライカの修理を教わっていた時に
師匠が「ライカはばらすのは簡単だけれども
組み直すのは微妙な加減が必要で案外難しい
一段ずつ調整しながら組んでゆくしかない」
と教えてくれたのを思い出しました

過ぎたるは及ばざるがごとしですね
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-09-06 17:49 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)