2017年 04月 26日 ( 1 )

札幌の二つの記念碑的建築物

c0182775_17395769.jpg

カメラ修理のお店の周辺には記念碑的な明治建築がいくつかあります

これは明治37年築のメソジスト派のキリスト教会です

支笏湖が出来たときの噴火灰でできた札幌軟石を使った建築ですね

いつか機会があればパイプオルガンの演奏を聴きに行ってみたいです
c0182775_1749974.jpg

こちらは明治40年ごろに建てられたレンガ造りです

もとは明治27年に創業した味噌醤油の製造販売「福山商店」でした

今でもこのメーカーの「トモエ醤油」が健在です

福山商店が移転した後は壁面にかすれた文字が見える
宇野工務店が使っていました

この工務店は70年前後に大流行したボーリング場などの経営に失敗し
1973年3月に倒産した由です

現在は喫茶店として使われています

赤いレンガが魅力的ですが青い寄棟屋根もなかなか魅力的です

札幌の古建築はこうやって今も実際に使われているのが多いと言われます

こういう古建築を撮影するのに60年前の蛇腹カメラを使いましたが
最近のデジカメ撮影よりも実在感が確かです
c0182775_18101867.jpg

使用機材→クリック
by zuoteng_jin | 2017-04-26 18:14 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)