鴨脚(イチョウ)とイタヤカエデと弟の手術

c0182775_1763358.jpg

我が家から700mほどにあるイチョウです

窓の外に梢が見えるので 黄葉の程度が分かります
今日は黄化が一層進んでいるようです

イチョウは漢字の鴨脚の中国語読みがなまったといわれますが
15世紀前後に渡来したらしいです

この使用機材もアルブレヒト・トロニエ設計のレンズだけあって
枝葉の立体感がよく出ています

イチョウを撮ってから帰り道の途中にイタヤカエデがありました
c0182775_17165842.jpg

ところで今日は弟が築地がんセンターで食道の手術の予定でしたが
18日に手術室が空いたとかですでに手術を完了していました

幸に成功裏に終わって病巣はすべて摘出したと聞きました

ステージ3(すなわち転移なし)で摘出成功とあれば
根治の可能性が高くなります

まだ ICU 内ですが来週の週末に見舞いに行こうと思います

取り敢えず手術成功ということで安堵しました
c0182775_1894787.jpg




Retina IIIc Xenon
c0182775_1505241.jpg

by zuoteng_jin | 2017-10-20 17:28 | RetinaIIIc Xenon | Comments(4)
Commented by 高篠 at 2017-10-21 15:55 x
イタヤの幹肌の暗い溝まで良く出ていますね。イタヤカエデにしては葉の切れ込みが深いので、クロビイタヤのように見えます。現物見ないで間違えかも知れませんが。
Commented by zuoteng_jin at 2017-10-21 16:18
貴重なコメントありがとうございます。クロビイタヤだとしたら、本州のそれは絶滅危惧種指定の樹木になりますね。北海道はまだあちこちにあるのでしょうか。
葉がある間にまた撮ってきますが、樹種を特定するにはどういう特徴に着眼して撮れば良いか教えてください。明日にでも撮ってきます。
Commented by 高篠 at 2017-10-21 19:39 x
特定の一番はやはり生殖器である花、次は種でしょうか。葉は意外と1本の木でも色々あって間違えることも。冬芽とか樹皮で判断できる人もいるが難しい。板になるとわかる人は家具屋とか製材手。
Commented by zuoteng_jin at 2017-10-21 20:06
なるほど。絶滅危惧種の可能性がある樹木ですから俄然興味がわきました。気長に季節季節のパーツを撮影して行きます。
<< コンサドーレが勝った日と期日前... 凄腕クラフトマン職員さんの自作... >>