函館の蕎麦の老舗と蕎麦百年碑

c0182775_181456.jpg

函館山から降りて「かね久山田」という蕎麦屋に行きました

これもホテルから徒歩数分の老舗で
店内の額縁も時代がついたものでした
c0182775_1843212.jpg

上のコマは絞り開放 シャッター速度15分の1秒の手持ち撮影です

ライカM7は重いボディですが だからこそ
15分の1秒でもブレないで撮ることが出来ます

ざる・もり・かけ程度しかなく 5~6人しか席の無い小さなお店で
昼に2時間ほどの営業らしく タクシードライバーも
客の案内に躊躇する由でした

そばを待つ間に 両肩にかけるストラップに
重量級のデジタル一眼を装着したおじさんが座りました

狭い店内とあって圧倒的な存在感です
c0182775_18111934.jpg

今回の函館行では高齢男性の一人旅が目につきました

それはともかく大豆の粉をつなぎにした蕎麦は悪くなかったですが
そばつゆは案の定 経験がないほど甘かったです

この店は大正中期の創業だと言いますが
すぐ近くにこんな石碑がありました
c0182775_18174859.jpg

函館の製麺業麺食業百年を記念して平成9年に建てられたそうです
c0182775_187386.jpg




Leica M7
c0182775_181783.jpg

by zuoteng_jin | 2017-08-29 18:27 | Leica M7 | Comments(0)
<< 五稜郭公園と函館の元祖・本店と... 函館山と高田屋通り護国坂 >>