アカシアとそれをアカシヤと発音することについて

c0182775_182596.jpg

札幌はアカシアの花があちこちで満開です

本当はニセアカシアですがそれにしても亭々たる大木です

炭鉱地帯にはあちこちにアカシアが植えてありましたが
煙害を防ぐ効果があるからだそうです

札幌の並木としては何となくアカシアが主流なのかと思いますが
いまは我が家のそばを走る南郷通りにしか残っていない由です
c0182775_1814368.jpg

アカシアは風で枝が折れることが多く
道路をふさぐ事故が相次いだからだと聞きます

ところでアカシアは実際にはアカシヤと発音することが多いです

たとえば西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」を
いまyoutubeで聴いてみるとはっきりと「アカシヤ」と唄っています

「アカシア~のあめ~にうたれて」だとむしろ違和感がありますね

11世紀ごろの日本ではキャなどの拗音を表記する場合キアが普通で
キヤのようにヤを使うようになったのは12世紀以後だ
というようなことを今日の大学院の授業で話しました

アカシアをアカシヤと発音することから考えると
キャをキアと表記してもそう不自然ではなかったかも知れません

マンションのアカシアが散って モンタナ松の葉の中に落ちていました

c0182775_1831348.jpg
c0182775_18101867.jpg




Retina IIIc

c0182775_19383186.jpg

by zuoteng_jin | 2017-06-22 18:36 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)
<< オールドライダー仲間と旧友からの便り 路上で作業する人々と「みんな元... >>