白樺とフランス菊とオンコの木

c0182775_17325282.jpg

この季節は到る所フランス菊が咲きこぼれています

繁殖力が旺盛なので川の土手などを広く覆っている場所がありますが
それを撮ったモノクロはまだスキャンしていません

向こうの方で白い砂利に水を撒いていますが
なぜそうするのか 確かなことは分かりません

さすがに夏至ですから陽光が強いです

イチイの葉の青さも
半月ほど前に撮影したこの写真よりも濃厚になっています
c0182775_17411063.jpg

登校して駐車場で車から降りるとこのイチイが出迎えてくれ
そのそばを通って研究棟二階の研究室に向かいます

この木で作った笏を官位一位のような高官が使ったので
イチイの名がついたのですが
北海道ではオンコと呼んでいます

で いくら調べてもオンコの名の由来は分かりません

ちょっといまいましい思いがして
職場に着くたびにイチイチイオンコオンコと
頭の中で響かない日はありません
c0182775_18101867.jpg




Retina IIIc

c0182775_19383186.jpg

by zuoteng_jin | 2017-06-20 17:55 | RetinaIIIc Heligon | Comments(0)
<< 路上で作業する人々と「みんな元... 屋外ランチの季節と首相の責任な... >>