マンションのチューリップと講義資料の準備

c0182775_181120.jpg

例年のごとくチューリップが満開です

今日も雲一つない快晴でした

ゆったりと仕事をしながら
昼食時に中判蛇腹カメラをかついで
行きつけの蕎麦屋さんまで歩いて往復しました

その中判蛇腹カメラですが先日中島公園で撮影したところ
光漏れを起こしているような現像結果でした

それでモノクロ自家現像でテストしてみようとしたわけです

ゆったりとした仕事というのは講義資料の準備ですが
私は既成の教科書は一切使いません

漢文講読という授業ですから司馬遷の「史記」を材源にしますが
現行活字本の訳注は掃いて捨てるほどあっても用いません
c0182775_1895114.jpg

上は江戸時代の延宝二年(1674年)に刊行された木版本です

今から344年前の古書の現物ですがそのまま使うわけではなく
これを漢字仮名交じりの書き下し文にして教材にします

現在の高等学校用教科書にも使われる部分ですが
教科書のそれとは読み方がかなり違います

現行教科書は明治末年から大正年間に
がらりと模様を変えた読み方であって 伝統的な読み方ではないのです

もちろん講義では伝統的な読み方に現行の読み方を補充します

ところで私の手持ちの延宝二年(1674年)刊行の「史記」は
初版第一刷として50分冊で刊行されたものです

これは公共図書館や大学など
私以外で所蔵しているのはわずか四か所のようです

第二刷以降の25分冊本ならそこそこ存在するのですが
第一刷50分冊本は貴重本です

それでも漢籍は飾っておいても汚いだけですから
美術骨董品にはならないので私でも購入できました

この準備作業が漢文訓読史の考察のネタともなり
引いては漢和辞典を充実させる肥料ともなり得るのです
c0182775_17555841.jpg




Minolta XD

c0182775_18565099.jpg

by zuoteng_jin | 2017-05-20 18:30 | Minolta XD | Comments(0)
<< 姫蔓日日草と横笛の練習と洋食屋... 近所のライラックと義妹の入院見舞い >>