1986年の北京の街道光景

c0182775_1349334.jpg

北京外国語大学と宿舎の北京友誼賓館をつなぐバスです

これは北京外大・外国専家のために運航されていました

乗り込もうとしているのは日本の近世怪談や
「里見八犬伝」の研究で著名な高田衛先生です
(北京でも都立大学でも同僚の時期がありました)

今日は86年の北京の街道で見かけた乗物を掲げます

一昨日の投稿で背景のバスに時代感がある
という元留学生からのコメントがあったので
古いポジフィルムからのスキャンを探してみたのです
c0182775_140568.jpg

いまは天安門までこんな近くに自由に立ち寄れなくなりました

大量に運搬する自転車も懐かしいですが
天安門の脇を走る連結バスも懐かしいです
c0182775_1451655.jpg

北京城の城門で昔の原型をとどめている数少ない徳勝門です

ここにも連結バスが走っていましたが 現在のこの周辺は
ここから長城の八達嶺までの直通バスのターミナルになっています

この当時の路線バスは気軽にゴミを床に捨てるので
果物の皮などを踏んでしまわないように
床に桟が走っていましたね
c0182775_14155735.jpg

農村から野菜を運ぶ馬車がまだ活躍していました
c0182775_14220100.jpg

個人の耐久消費財の運搬も自転車が主な手段でした
c0182775_1450983.jpg

全て懐かしい30年まえの光景ですが
今やGDPが日本の2倍以上の中国になりましたから
現在同じ場所でシャッターを切ると
東京よりもずっと未来都市のような絵柄が展開されます
c0182775_1741205.jpg
by zuoteng_jin | 2017-05-14 17:28 | Minolta XD | Comments(0)
<< 疲れてぐずる孫となだめるじいじ... 自宅周辺の桜をまとめて掲載 >>