親子の似た動作とラ・ラ・ランド

c0182775_1915042.jpg

親子は体格もさることながら動作が似るものです

午前中は来年度の講義の仕込みで中国書を読み込みました

午後から進物の地方送りのために札幌駅そばのデパートに行き
そのついでにミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」を観てきました

jazzを中心とした音楽が楽しめたのは言うまでもないですが
アメリカンドリームと衒いの無い大人の恋愛ストーリーという
いかにもいかにものアメリカ映画にドップリつかることが出来ました

嬉しかったのはこの映画はフィルムの長回しという
アナログ撮影であることで
随所にフィルムならではの映像美が見られました

ダンスもけっこう楽しめましたが
子供のころから繰り返し見てきたジーン・ケリー「雨に唄えば」の
歴史的なタップダンスを知っているので
そこまで魅せられはしなかったです

ただ冒頭で見せたのは
日本人のダンスではああはならない見事な群舞でした

この映画がアカデミー賞作品賞に
間違って発表されるという珍事がありました

ほかの映画を見たわけではないですが
あれがアカデミー賞作品賞にふさわしいかというと
ちょっと物足りないかなという印象でした
c0182775_1885724.jpg




Rollei 35 Germany 2

c0182775_17342647.jpg

by zuoteng_jin | 2017-03-07 19:41 | Rollei35 Germany 2 | Comments(2)
Commented by yumeo at 2017-03-07 20:21 x
Z先生、話題の映画、見られたのですね。映画の情報が入る前からサントラで聞いていて、その後、ゴールデングローブ賞受賞を受賞したらあっという間にブームになってしまいましたね。私もみたいのです。実は柄にもなくミュージカル映画が好きで「シェルブールの雨傘」や「ロシュフォールの恋人たち」、もちろん「ウエスト・サイド物語」も好きです。とはいえ「雨に唄えば」「サウンド・オブ・ミュージック」は未見なので「ラ・ラ・ランド」の前にDVDでみる予定。町中ロケの歌と踊りが好きなんです!! スケールでかいですね!金かかってますからね!
Commented by zuoteng_jin at 2017-03-07 21:28
観てまいりました。ミュージカルはアメリカエンターテインメントの王道ですよね。ミュージカル映画は母親が好きだったので、母の背中でジーン・ケリーの「錨を上げて」や「雨に唄えば」などを見ていた記憶があります。母は私が寝ていると思ったら、しっかり目を開けて画面を見ていたので驚いたと後に何度か語っていました。
2005年と2007年のCHICAGO東京公演も実に楽しかったです。フルバンドの生演奏にはしびれました。
yumeoさんも「ラ・ラ・ランド」ぜひ楽しんでご覧ください。
<< 古い看板と中国人知人の転居通知... 窓の雪と図書整理とContax T3 >>