餃子の王将

c0182775_18553538.jpg

新札幌の餃子の王将です

撮影はひと月ほど前だったと思います

今日はホームセンターで浴室のスノコ板を買いがてら
昼食を行きつけの蕎麦屋さんでと思って出かけたところ
13時半過ぎにもう今日のそばは無くなったということでした

そこで急遽この餃子の王将に来ましたが
ここも110席のほとんどが埋まるという満席でした

5分ほど待って着席できましたがこの混みかたは
久しぶりに好天の日曜日だったからでしょうか

安くて量が多いのでガッツリ系のお客さんには好評です

売りの餃子は日本の餃子以外の何物でもなく
茹で上げただけの水餃子はメニューにないですね

私はやはり北京で食べていた水餃子が餃子の味になっています

86年の北京の大学食堂では毎週水曜日が餃子日で
ほかの曜日は出ませんでした

水曜日は学生も教員もホーローのボールを片手に
行列を作って待ちます

そこに人間が茹で上がるほどの大なべが
厨房からキャスターで湯気を立てて運ばれてきます

この水餃子が何とも旨くて
その後この餃子をしのぐものは食べていません

第一 90年代に入ると中国でも小麦粉の精製をやりすぎて
小麦粉の風味がすっかり落ちました

そういえば中国で焼き餃子を食べたことは一度もないですね

私にとって焼き餃子は日本料理です
c0182775_20123413.jpg




Contax T3

c0182775_1917386.jpg

by zuoteng_jin | 2017-03-05 19:19 | Contax T3 | Comments(0)
<< 窓の雪と図書整理とContax T3 フルーツケーキとたい焼きとAb... >>