放置自転車とアレサ・フランクリンの引退報道

c0182775_1529865.jpg

すっかり雪に埋もれてしまいました

我が家のすぐそばに地下鉄駅があるので
周辺にはこういう放置自転車がけっこうあります

こんな光景は東京はおろか富山でもあまり見ませんでした

こちらの柵と向こうの柵の間はサイクリングロードです

ところで今日のYahooニュースに以下のようなものがありました

「アレサ・フランクリンが引退を表明」

  "ソウルの女王”アレサ・フランクリンが
  デトロイトのTV局WDIVローカル4とのインタビューで、
  「今年が最後の年になります」と話し、
  引退する意向を明らかにした。

   女性で初めて【ロックの殿堂】入りを果たした
  伝説的なシンガーであるアレサ・フランクリン。
  近くニュー・アルバムのレコーディングを開始し、
  それを9月にリリースした後に引退するつもりだという。

   新作のテーマは”デトロイト”で、全てオリジナル曲で構成。
  数曲はスティーヴィー・ワンダーがプロデュースし、彼女の地元
  デトロイトのスタジオでレコーディングされる予定だ。

はじけるようなパンチの効いたゴスペルの女王も
すでに74歳ですものね

1960年にデビューして1970年前後までがピークでした

私のCDラックからそのピーク時のアルバム
2枚を引っぱり出しました
c0182775_1553628.jpg

上は最初の5年間在籍したコロンビアレコードから出したもので
下は移籍した次の6~7年間にアトランチックレコードから出したものです

大体この2枚にピーク時の演奏が収録されているでしょう

彼女は他人の歌のカバー曲でも
全く自分のゴスペルにしてしまうところがすごいです

ポール・サイモンの「明日に架ける橋」なんて相当なもので
南アフリカの教会の讃美歌にも使われた由です

こういう歌手はやはりライブ盤が良いですね
1枚だけ持っているライブ盤
c0182775_1603216.jpg

71年のフィルモア・ウエストでのライブです
聴衆もいっしょに歌って相当に盛り上がっています

ここでの「明日に架ける橋」も当然いいですが
Spirit in the Dark にレイ・チャールズが飛び入りで
デュオになったしまうのが楽しいです

ラストアルバムがスティーヴィー・ワンダーのプロデュース
う~ん これはぜひ聴きたいと思います
c0182775_18101867.jpg




Contax T2

c0182775_1745720.jpg

by zuoteng_jin | 2017-02-10 17:25 | Contax T2 | Comments(0)
<< 雪山に立つ子供たち 馬場公園のソリ滑りと春の足踏み >>