秋の無い冬と老いの自覚

c0182775_16403566.jpg

プラタナスの葉が枝についたまま枯れています

プラタナスは葉がすっかり枯れ落ちてから
雪が降ってくるという順序なのですが
今年の場合は秋の無い冬と言われるように
枝上で寒気にやられてしまっています
c0182775_1641886.jpg

これはイチョウですが
やはりすっかり黄葉する前に葉が落ちました

しかも雪の上に落ち葉となってしまいました

歳をとると落ち葉や逆に新芽などに敏感になるものです

今日の写真のようなものに気持ちが動くということは
いやでも加齢を自覚せざるを得ないのですが
最近は事務仕事でも老いを自覚するようなことが起きています

11月7日までに提出しなければならない書類が
所管の部署に出ていないというのです

その書類は今年の場合
ほとんど目にした記憶がはっきりしないのです

どうやらうっかり捨ててしまったかもしれず
その自覚が無いのは老いのせいだろうと
そっちのほうを自覚せざるを得ません

やれやれです
c0182775_18101867.jpg




OM-4Ti

c0182775_1818546.jpg

by zuoteng_jin | 2016-11-15 17:06 | Olympus OM-4Ti | Comments(0)
<< 雪への備えと癌の新しい確実な治療法 雨上がりの足跡と松本十郎の屯田... >>