旧信濃神社と神主さんの来訪と焼肉屋

c0182775_1635835.jpg

開拓の村の一隅に旧信濃神社の鳥居と社殿がありました

開拓の村のホームページの説明です

「間口が2本の柱で構成される、「一間社流れ造り」という様式で、
神社建築によく用いられる。旧所在地は、長野県諏訪地方の
出身者が中心となって開拓されたので信州開墾地とも呼ばれた。
神社には信濃国一ノ宮諏訪大社の祭神である建御名方命を祀
り、信濃神社と命名した」

c0182775_16121913.jpg

「一間社流れ造り」というのは間口一間ということですが
上の画像でそれがよく分かります

信濃神社は1897年(明治30年)
今のJR厚別駅から徒歩5分の位置に建てられ
1978年(昭和53年)に改築されましたが
旧社殿は1983年(昭和58年)に ここに移築されました


今日は近所の大谷地神社の神主さんに
我が家の廟神に祝詞をあげてもらいました

そのときに信濃神社の話をしたのですが
旧社殿が開拓の村に保存されていることはご存じなかったです

それと 大谷地神社の神主さんは
1994年第76回夏の甲子園大会で
ベストエイトまで勝ち進んだときの北海高校の正捕手でしたから
北海高校野球部出身者の経営する焼肉屋さんを紹介しました

我が家から車で5分の通勤途上にある焼肉屋さんに
ひょんなことでひと月前ほどに行ってみましたら
壁にたくさん北海高校球児の色紙が張ってあり
レジ横に「北海高校百年史」の大冊が置いてあったので
聞いてみたら経営者が北海高校野球部出身者なのでした

そういうことで今はこのお店が野球部のたまり場になっているそうで
今年の準優勝には ファンが詰めかけて大盛り上がりだった由です

それはともかく 肝心のお肉が
チェーン店ではあり得ないほどいいお肉でした

少なくとも北海道に引っ越して以来のベストですね

焼肉屋さんと神主さんは互いに知らないというので
今日話してみたら神主さんは大変喜んで 帰り際に
佐藤さんそのうち焼肉いっしょに行きましょう
そう誘われました

おそらく年内に実現するはずです
c0182775_187386.jpg




Agfa OPTIMA 1035

c0182775_18394155.jpg

by zuoteng_jin | 2016-10-07 17:30 | Agfa Optima 1035 | Comments(0)
<< 預金通帳のチェックと閣僚の白紙... 土置場と伊丹十三愛用カメラと「... >>