置き去り児童無事発見と腫瘍手術抜糸と生体検査

c0182775_15185538.jpg

お孫さんを見守るおばあちゃんの目が真剣です

七飯町で置き去りにされた小2児童が
7日ぶりに無事に保護されました

この7日間身を隠していた自衛隊宿舎というのは
2年ほど前に行ってみたJR鹿部駅のすぐ後ろの演習林の中にあります

私が捜査の担当者なら半径10キロ以内の
屋根のある建物は徹底的に捜すのですが
行政区が七飯町と鹿部町とにまたがるので円滑を欠いた由です

行政の壁ですね

とにかく最良の結果で何よりでしたが
捜査の間のYahooニュースなどに投稿されるコメントには
つくづく辟易しました

両親があの子を殺害したと決めつけて
心無い言辞を投げつけたコメントが連日相次ぎ
お祭り状態だったのです

SNS上の発言傾向というのは
社会心理学のテーマになり得る気がします


今日の午前中に 先週受けた陰部の腫瘍切開手術の抜糸と
組織を採った生検結果報告を聞いてきました

病因は良性の粉瘤(アテローム)でした

粉瘤が少し大きくなってかゆみが走ったところを
爪の割れた指で掻いたので出血したのでした

30年前には背中と胸の粉瘤を切除したことがありますから
出来易い体質であることは確かです

こういう場所に悪性腫瘍ができることはあまりないので
深刻に考えていませんでしたが
診断が出てやはりホッとしました
c0182775_1546445.jpg




Yashica Electro35GX

c0182775_19434759.jpg

by zuoteng_jin | 2016-06-03 16:04 | Yashica Electro 35GX | Comments(0)
<< 道ばたのスズランと置き去り児童... 寒さの中のチューリップと遠来の客 >>