学園のハルニレと清掃担当職員のことなど

c0182775_18265234.jpg

研究室の窓から撮ったものです

白い壁にハルニレの樹の影がくっきりと落ちています

学園にはニレが似合いますね

舟木一夫の高校三年生も
赤い夕陽が 校舎をそめて
ニレの木陰に はずむ声…
と歌っています(丘灯至夫作詞)

キャンパス内の街路樹のことでは
旧国立新制大学の植栽を思い出します

メインストリートに亭々たるユーカリが並んでいました

ユーカリはたいへん成長が早い樹木ですから
戦後の新制大学のキャンパスを早く緑化しようとして
当時の文部官僚はユーカリを盛んに植えたのだそうです

私はその四半世紀後に赴任したのですが
ユーカリが大きくなりすぎて 落ち葉の清掃や枝の剪定など
担当の行政二部職員の皆さんが苦労していました

行政二部職員とはかつて清掃などの業務を担当していた正職員ですが
1981年ごろ第二次臨時行政調査会(第2次臨調)の審議を受けて
いち早く行政改革の対象になって姿を消したことを思い出します

今でもその方々 おじちゃんおばちゃんの顔が浮かんできます


今日は午前中に小さな虫歯の治療をやってもらいました

ほんのちょっと削って充填する簡単な治療ですが 終わったら
何だか少しだけまた寿命が延びた感じがしたから現金なものです

歯医者さんとそんな話を交わして笑いました





Retina IIIC

c0182775_1785229.jpg

by zuoteng_jin | 2016-04-08 18:59 | RetinaIIIC Xenon | Comments(0)
<< 物置小屋と江戸の漢籍 ヴィッツにぼし号と辞書校正の毎日 >>