土いじりが近づいてきた

c0182775_1711158.jpg

今夕は学科の懇親会につき テキストは帰宅してから書きます

続きです(懇親会は退職教員の送別会でした)

上の写真はドラグストアの春商品ですね

マンション暮らしには必要のないものですが
戸建ての方々にはこういう土いじりの季節がやってきます


ところでリコー500Gは距離計がくるっていて
それで格安でオークションに出たらしいと推察していました

ちょっと調整しましたがまだ不十分なので
ファインダーブロックを出して本格的にいじってみました

c0182775_223442.jpg

この機種はここまで分解するのにちょっとしたコツが必要ですが
それは省略します

ピント合わせは二重像合致方式ですが
白い光は全ミラーで反射して横に曲がり
小さな偏角プリズムを通ってハーフミラーに反射して
接眼部に行きます

もう一つ真っ直ぐな黄色い光は
ハーフミラーを突き抜けて接眼部に行きます

距離リングを回すと偏角プリズムが角度を変えて
つまり白い光路の角度が変わってハーフミラーで反射した後
ハーフミラーを通過して来た黄色い光路と重なれば
像が二重じゃなくなって
ピントが合っているのが分かるという仕組みです

白い光路がタテにズレている場合は
赤い矢印の指すビスをひねって調整します

このビスを探すには経験がものを言います

二重像のヨコズレは分解しなくても
裏蓋を開ければビスが見つかります

あとは各部の汚れをふき取るのですが
ハーフミラーの金蒸着面(白線が2度目に曲がるミラー)は
触らないようにします

これで距離が合わせやすくなったことは確かです
c0182775_22264136.jpg




Ricoh 500G
c0182775_18103448.jpg

by zuoteng_jin | 2016-03-23 17:04 | Ricoh 500G | Comments(0)
<< 晩冬の紫陽花とライカIIICの修理 卒業式の日とキャンパスの駐車場 >>