リコー500Gの試写と厚別区役所福祉課の仕事ぶり

c0182775_17204683.jpg

昨日試写したリコー500Gの結果です

試写のポイントは二つあって
一つは距離計がちゃんとピントを出すか
もう一つは露出オートが機能するかどうかです

これを見るとシャッタースピード優先オート露出の精度は
まずまず実用精度が出ていることがわかります

思ったよりは若干コントラストが低い写りでしたので
Photoshopで少しコントラストを上げました

それと距離はエゾ松に合わせたつもりですが
中距離以遠は合焦しているのが分かります

では近距離はどうでしょうか
c0182775_1730356.jpg

ピントは自転車のバスケットに合わせましたが
これも十分な合焦でしょう

ただ 問題なのは人物のあたりに縦に光漏れがしていたことです
その部分が若干赤みを帯びています

国産カメラは遮光スポンジを使うことが多く
リコーは取り分けそれが甚だしいのでした
c0182775_17495521.jpg

これは光漏れの無い500GSの様子ですが
右側の裏蓋全面に遮光スポンジが貼り付けられています

これは時間が経つと当然加水分解してベトベトになり
やがて乾くとぼろぼろカサカサになってしまいます
(だから手持ちのドイツカメラでスポンジを使うものは皆無です)

入手した個体もぼろぼろカサカサだったので
それを剥がして新たに貼り付けたのですが
ちょっと手抜きをしたのが見事にばれました

でもほかの機能は使用に耐えることが分かりました
使用機材を開いてご覧になると分かりますが
この機種のデザインはかえって素敵だと思います

お散歩カメラが1台増えました

今日は厚別区役所にETC割引の更新手続きに行ってきました

福祉課の窓口は手早い対応もさることながら
必ず職員が一度交代してこちらの提出した証拠書類と
申請書類の記載をダブルチェックします

札幌に来て色んな接客業務や窓口業務を経験しましたが
厚別区役所の福祉課の仕事ぶりは一級品です

惜しむらくは業務がウィークデーに限られていることで
福祉課だけはほかの曜日に休んでも
土日に受付をやって欲しいです

そうでないとお勤めを持つ人は
必ず休暇を取らないと手続きが出来ないですからね
c0182775_181124.jpg




Ricoh 500G
c0182775_18103448.jpg

by zuoteng_jin | 2016-02-22 18:14 | Ricoh 500G | Comments(2)
Commented by shijing_haozha at 2016-02-22 18:49 x
Ricoh 500Gのデザイン、いいですね。かわいらしい感じがします。
遮光スポンジの件は、以前にも書かれていましたが、ドイツのカメラに使われていない、というのが、やっぱりさすがですね。
日本の工業製品は、農業機械もそうですが、軽く小さく燃費がいい、ということの引き換えで、長く使う、長く使えるという点が、やっぱり今でも、もう一つのような気がします。
Commented by zuoteng_jin at 2016-02-23 06:56
はい。この当時のコンパクトカメラデザインでは、ちょっとジウジアーロの曲線を思わせるミノルタハイマチックFなどが秀逸ですが、
それとは別の独自路線としては、この500Gが抜群ですね。コニカやヤシカにはないテイストです。

農業機械のことをうかがって、乗用車もそうだろうと思いました。大事なパーツは古い方式だろうが、良ければそれを使うという姿勢が保たれているような気がします。
<< リコー500G屋内試写と事務仕... 「心惹かれる」とパプアニューギ... >>