放射能レンズで撮った建国記念日の神社と無法国家日本

c0182775_17223625.jpg

これが建国記念日の普段と変わらぬ清々しい神社です

カメラが結露しない程度に気温が上がったので
年間17ミリシーベルトの放射能を出す
1952年製レンズを外に持ち出しました

期待にたがわぬ実在感のある描写で これだけの立体感は
現代のレンズに比べてもまったくひけをとらないと思います

ところでマスコミは不倫国会議員の議員辞職で盛り上がっています

こういう議員に我々の税金から歳費を出すのは釈然とはしませんが
よく考えると違法というわけではないですね

ほかの歴然とした違法議員たち
選挙区の有権者にワインを配った議員
事務所がドリルで捜査に必要なHDDを破壊した議員
秘書が口利きしてやるので 大臣室で現金を受け取った議員
パンツ泥棒の事実があっても父親がもみ消した議員
いずれものうのうと居座っています

地盤がある世襲議員たちは法律に触れても
お咎めが無いのがいまの日本です

日本はあちこちで法にはやけに甘く
スキャンダルには異常に厳しい国家になっています

憲法をないがしろにする首相が依然として支持されている以上
なるべくしてなった国家像なんでしょうけれども
先の短い老人とはいえ やり切れない思いです
c0182775_17591071.jpg






BESSA R2A
c0182775_1812069.jpg

by zuoteng_jin | 2016-02-12 18:06 | Bessa R2A | Comments(0)
<< 出動機会の減った除雪機と辞書校... 雪の神社 >>