青空と白樺の古木とローライ35のメンテナンス

c0182775_16552721.jpg

このところ曇天が多くて青空が恋しくなりました

写っているのはかなり高齢の白樺です

年代物といえば昨日のコマを撮ったローライ35ドイツ製最初期タイプ

今日になってフィルムを入れ替えてみたら
レンズの周辺がグラグラして外れそうになっています

50年近い前の製品ですから
こりゃあオーバーホールかなと覚悟しました

しかし裏蓋を外してみると
裏からレンズを固定しているビス3本が緩んで
1本が抜けているではありませんか

内部反射対策の時に 一度緩めたことがあったのです

ああこれなら自分で手当てができるとホッとして
先ほどきちんと締め直しました
没問題 No Problem です

クラシックカメラは自分で手に負えない故障もありますが
ちょっとしたトラブルなら自分でメンテナンスするのも
楽しみの一つです
c0182775_1723682.jpg




Minolta CLE

c0182775_17301265.jpg

by zuoteng_jin | 2015-11-18 17:34 | Minolta CLE | Comments(0)
<< 大谷地神社の屋根葺き 寒い日の交差点と北海道の右折御免 >>