7月の工事現場警備員とノーベル賞のことなど

c0182775_17523210.jpg

工事現場で住民の安全を守る警備員です

6月から5か月間の長丁場もそろそろ終わりで
先ほど立ち話をかわしましたが
年内は12月にスーパーの改修が控えているということでした

この写真を撮ったときに MFP って何の略語? そう聞くと
「会社の名前マンション・ファイナンシャル・プランニングです」
ということでした

ところで 今回のノーベル賞のお二人について
両方とも旧国立大学二期校出身だというのが嬉しいです

いま文科省は研究予算の重点配分をして
地方大学は切り捨てるような政策を取っています

これは大きな間違いで 戦後の日本のパワーの源は
地方国立大学の果たした役割にあると
旧二期校13年間の勤務で実感しました

特に研究職の資質にとって「質の良い鈍さ」が大事です
「今でしょ!」の先生のような記憶力偏重では研究には向きません

入試にはうまく適応できなかったけれど
特定の分野の探究心ならば人後に落ちないというタイプが
研究に貴重な貢献をするものです

それはそうと2002年に受賞した小柴昌俊先生がお元気なのは
ひそかに嬉しく思いました

その前後数年間
東大の大学院で講義を担当していましたが
御茶ノ水駅から本郷に向かう都営バスで
何度か小柴先生をお見かけしました

ノーベル物理学賞の先生が都営バスにお乗りになるというのが
わけもなく「いいな」と思って同乗していました
c0182775_18142247.jpg




Agfa Optima 1535

c0182775_17261431.jpg

by zuoteng_jin | 2015-10-07 18:18 | Agfa Optima 1535 | Comments(0)
<< つゆだくおでんと指導生の金田一京助賞 解放感 >>