大矢知神社例大祭と夷酋列像と松平定信

c0182775_17114424.jpg

9月23日は大谷地神社の例大祭でした

恒例のビンゴゲームですが
大人バージョンと子供バージョンとがあり
これは大人バージョンですね

この日に七五三のお払いに来ている一家もあります

c0182775_1714825.jpg

この後すぐこのお父さんのカメラで
一家4人の並んだ記念写真を撮って差し上げて喜ばれました

今日の午前中は
道立図書館から借りている本の中の論文を
3点ほど50頁余りコピーを取ったら
マヒした腕や手を使わざるを得ないので
全身硬直して大変でした

午後はそれを返却しに行って
さらに2冊研究書を借りて
その足で途中にある北海道博物館の特別展示
蠣崎波響「夷酋列像」を見てきました
幕末のアイヌの指導者たちの肖像です

フランスで発見された原画(模写かも?)もさることながら
寛政の改革の老中・松平定信が模写を書かせて
結構長い詞書を書いていたのは
思いがけないことでした

定信公は田沼意次の蝦夷地開拓を批判して放棄したと
言われていますから
アイヌ民族にこれだけ関心を持っていたとは
ほんとうに思い寄らなかったです

ところでここだけの話 私の書架に
定信公旧蔵の唐本「詩経大全」があるのです

寛政異学の禁で朱子学だけを許したのですが
その朱子学の教科書の一部が「詩経大全」でした

「詩経大全」は幕府の学問所が刊行した
日本複製版もあるのですが
唐本で持っていたというのは流石だと思います

それにしても「夷酋列像」まで関心があったとは
とても新鮮な知見でした
c0182775_1743153.jpg




Leitz Minolta CL

c0182775_185558.jpg

by zuoteng_jin | 2015-10-03 17:55 | Leitz Minolta CL | Comments(0)
<< 道立博物館と亡母五年祭と定信公旧蔵書 北星学園大学新装通用門 >>