ペンキの空き缶と久方ぶりの書棚の整理

c0182775_17421919.jpg

塗装店の一角です

鬼怒川氾濫の爪痕が報じられるのを見ると
復旧にはかなりの労力と時間がかかるようです

それから見るとこんなのは
綺麗な乱雑ともいうべきでしょうか

この塗装店は我が家と高速道路を挟んだ位置にあり
事務所はよく見えますが 空き缶の山は
隠れていて見えません

マンションの改修工事が仕上げ塗りの段階になっていて
敷地内にこういう缶がいくつも見えますが
いずれこんなふうに空き缶になって
工事を請け負った塗装店に積まれるのだろうと思います


今日は移転して2年半も自宅の書棚が仮置き状態だったので
2冊から15冊ぐらいまでのシリーズになっているものを
ひとかたまりにまとめる作業をしました

脳出血で入院中に 作業療法のプログラムの中に
書棚の整理というのがありました

あれはただ降ろしてまた積み上げるだけでしたが
内容を整理しながらというのは健常でも大変な作業です

マヒした身体で行うのは一層大変ですが
たとえば10巻ものがきちんと1から10まで揃うと
何とも言えない達成感に満たされます
c0182775_1811968.jpg




Leica IIIF

c0182775_17504466.jpg

by zuoteng_jin | 2015-09-12 18:09 | Leica IIIF | Comments(0)
<< 特養ホームと老人介護施設の虐待事件 橋梁修理工事と棄民政権 >>