タチアオイとオーバーホールカメラの試写

c0182775_17425082.jpg

リハビリウオークにオーバーホールした機材を持ち出しました

ローライ35ドイツ製ですが
ご覧のように抜けの良い尖鋭な写りです

機械的な箇所や光学的な箇所は
素晴らしい状態になりましたが
露出計は部品がなくて 精度が出ない現状のままでした

この露出計はシャッタースピードや絞りに連動はしません
単体露出計で光度を測り あとは手動で操作するわけです

この機材は露出計が死んでいるのではなく
指針がかなり振れすぎて
フィルム感度のごまかし調整ではごまかしきれない状態でした
それがそのまま返ってきたのです

ただし色々いじってみると
カメラ正面向かって左上にある露出計受光窓を
手でふさいでやると針が適正に近くなります

そこであるカメラ屋さんが電池の消耗を防ぐために
受光窓を開閉するパーツを売り出しているのを利用して
それを取り付けてみました

c0182775_1754111.jpg

受光窓をわずかに空けてほんの少しだけ光を通すと
屋外でも屋内でも充分に実用精度を得ることができ
試写の結果 大きく露出のズレたコマは一つもありませんでした

かれこれ50年前のカメラですが写りは抜群ですから
だましだまし 大事に使いたいです





Rollei 35 Germany

c0182775_18144150.jpg

by zuoteng_jin | 2015-07-17 18:17 | Rollei35 Germany 2 | Comments(0)
<< 路傍のラベンダー写真と首相の情... あし >>