姫蔓日日草と詞華集「断声」のレビュー

c0182775_17345911.jpg

大型連休の間に大谷地神社に咲いているのを探して撮りました

差し渡し2cmにも満たない小さな花で
目立たないのですが 生命力はかなり強いと聞きます


総理の「絶対」を連発する嘘を聞いて頭が痛くなっていたので
寄贈を受けてそのままになっていた詞華集を広げてめくりました

たちまち 嘘とは縁遠い 彫琢した言葉の表出に心打たれました

私としては初めてアマゾンのカスタマーレビューに投稿したことです

本の名は「断声ーある夜鳴きそば屋の詩」です

著者の故青木辰男氏は一面識もなかったのですが
これを編集した実弟の青木五郎氏は年上の同業者で
前任校で短い期間ながら同僚でした

文学を趣味として楽しんだり
研究の対象にするのとは違い
文学と自己を一体として生きたあかしとは
このような本を言うのだと思います





Minolta CLE

c0182775_17573547.jpg

by zuoteng_jin | 2015-05-15 18:01 | Minolta CLE | Comments(0)
<< 足場資材置場とドヴォルザークの... リラ冷えと背筋の寒い法案 >>