雪融け水

c0182775_1826578.jpg

厚別川の雪融け水です

子供のころ炭砿地帯に住んでいたので
付近を流れる川は石炭を洗った水で真っ黒でした

それが春になるとこの写真のような色に変わるのを見て
春の訪れを実感したものです

本日皮切りの授業が二つあって
いよいよ新学期だと心を引き締めました

今日掲載されたコラムを貼り付けます

c0182775_18313784.jpg





Leica M7

c0182775_16252993.jpg

by zuoteng_jin | 2015-04-09 18:33 | Leica M7 | Comments(2)
Commented by たきた at 2015-04-11 00:27 x
最後の「雅趣」という言葉がぴったりの話ですね。

僕が中国文学を専攻とする教員だったら、この故事を最初の授業で例年でも話したくなってしまいそうです。

日本の近代文学だと、古代の智恵と、自然に対する素朴な感情と、伝統的な美意識とが一緒になった、意識の古層にまで届くような良いエピソードは少ないですね。

私もとても好きです(笑)。
Commented by zuoteng_jin at 2015-04-11 08:17
たきたさん、好きになっていただいて執筆冥利です。

今回この故事を紹介するにあたって、辞書やネットの記述を色々と参照してみたのですが、原典を読まずに書いたと思われる記事が多くて驚きました。

取り敢えず、三省堂国語辞典編集部に連絡して、「大辞林」の「さいき」と出典の誤りを直すように助言しました。次の刷りから訂正するそうです。

せっかく雅趣に富んだ故事のお話なのに、書いている過程では不粋な思いを噛み締めざるを得ませんでした。今回はその不粋な思いを出来るだけ表に出さないように、苦心が要りました。
<< タクシー高齢者割引 入学式 >>