鴨脚(イチョウ)

c0182775_16582216.jpg

今日も快晴でした

カメラを替えて今日は黄葉を撮ってみました

下のような遊歩道を向こうからこちら側に歩くとこの鴨脚があったのです

c0182775_1753337.jpg

若い樹木なので葉がいかにも若々しい鴨脚でした

唐突ですがプロ野球パリーグのクライマックスシリーズ
日本ハムの苦戦しながらの勝利は
すっかり北海道を酔わせています

面白い!





Bessa R3A

c0182775_904182.jpg

by zuoteng_jin | 2014-10-19 18:00 | Bessa R3A | Comments(2)
Commented by たきた at 2014-10-20 01:20 x
鴨脚の写真、とても美しいです。青空に鴨脚の組み合わせは、人間を不思議な気分に導きますね。

「鴨脚」をなんと読むのだろう? と辞書を調べようと思ったら、タイトルにルビが振ってありました。なるほど、言い得て妙ですね。自然のものに名前をつけることは、自然物と自然物を結びつける想像力が生き生きと流動しているように思いました。

学会で広島に行って帰ってきました。宮島に行っておいしい穴子どんぶりを食べ、広島ではおいしい広島風お好み焼きを食べました!

旧日本銀行広島支店では、小さい福島菊次郎の写真展をやっていたので、短い時間ですが見てきました。

先生のブログの写真とは性質を異にしますが、写真と言葉による突き刺すような赤裸々な表現に強い感銘を受けました。学会発表を聞くために、せっかくのトークショーを聞く機会を逃したのが残念でした。
Commented by zuoteng_jin at 2014-10-20 08:15
たきたさん、先週の週末が今年の紅葉のピークだろうと思いますが、土日ともに快晴で、半径1キロのリハビリ散歩でも鮮やかな紅葉が撮れました。

鴨脚の唐音読みがイチョウなので、銀杏よりも鴨脚と書きたくなりました。この若い鴨脚の葉を見ていると、東京にある鴨脚は老樹が多かったんだなと、改めて思います。

福島菊次郎展は良かったですね。写真展は見たことがありませんが、メディアで見る限り、あの全身全霊をかけた表現こそが表現の名に値するものだと思います。色々と、考えさせられますね。
<< 陽だまりロードの秋 燃えるナナカマド >>