ライラックと石蔵

c0182775_1914616.jpg

この石蔵は札幌軟石で建てられています

札幌軟石というのは 明治から昭和初期まで
札幌西南部の石山から切り出された石材で
支笏湖ができた時の火砕流が堆積した凝灰岩なのだそうです

小樽運河倉庫の石材が札幌軟石ですし
前に掲げたことのある馬場農場のサイロも札幌軟石です

関東に多い大谷石よりも緻密で保温力があり軽量なので
北海道開拓時代には盛んに使われたそうです

住宅地にあるこの石蔵は
リハビリ散歩でよく通る道沿いにあるので気になっていました

今日はご当主が庭の手入れをしていたので
お話を伺うことができました

この蔵は 元々ここから500mほど北にあったのですが
道路拡張(南郷通でしょう)で取り壊しになるところを
ご当主の叔父さんが作った蔵なので
壊すに忍びなくて移築したとのことでした

その叔父さんというのが石材屋さんだったので
昭和2年にこの蔵を建てたらしいのですが
時期は本当かどうか不確かだと言ってました

馬場農場のサイロが確か昭和2年なので
それが伝説になったのかもしれませんが
貴重なお話が聞けました




Leica M7,Summicron 50mm F2
c0182775_19171630.jpg

by zuoteng_jin | 2014-05-30 19:44 | Leica M7 | Comments(0)
<< 週日のお昼時 地下鉄引き込み線 >>