シャクナゲの葉

c0182775_1933102.jpg

マンション管理センターの脇にあるシャクナゲです

雪が融けて この瑞々しい葉が出てきたときは
花もさることながら
葉の美しさもシャクナゲなんだなと思いました

同時に 冬を越えるたくましさを感じたことです

by zuoteng_jin | 2014-05-09 19:45 | Minolta XD | Comments(2)
Commented by shijing_haozhao at 2014-05-10 08:29 x
百花斉放、大学キャンパスやそれぞれの家の庭の隅や道路の脇、北海道の春の花々の様子を楽しませていただいています。美しいですね。ツツジ、山桜、モクレン、梅。みんな一度に咲くというのも、不思議な感じです。
シャクナゲは滋賀県の花で、井上靖の詩で比良のシャクナゲが有名になりましたが、鈴鹿山脈の尾根にあるシャクナゲの群落も、それはそれは見事なものです。
花にしろ、新緑にしろ、植物の営みに巡る季節を教えられ、なんだか元気になります。
Commented by zuoteng_jin at 2014-05-10 14:00
札幌に来て二度目の春ですが、すっかり東京の花時になじんでいるので、開花カレンダーがぐじゃぐじゃです。エゾヤマザクラは散りましたが、梅は今が満開です。
シャクナゲは志賀県花ですか、知りませんでした。花が豪華ですから群落は見ごたえがありますでしょうね。
こちらのカメラはリハビリ散歩を兼ねていますから、ご近所のあたりばっかりです。それでも季節ごとにハッとするものに出くわすのが楽しみです。北海道では何でもないものでも、当ブログをご覧になる本州方面の皆さんには目新しいものがあるかもしれません。そのつもりで、今後もシャッターを切りますので、よろしく。
<< カエデモミジとエゾヤマザクラ チシマザクラ >>