鳥のように

c0182775_1627591.jpg

葛西選手のラージヒルジャンプ銀メダルは快挙でした

ジャンプはテレビなどで見ると飛んでいるようですが
実際にそばで見ると ただただ落下しているようなものなんです

それを知っていても
葛西選手の一本目は鳥のように飛んで見えました

老人の常として 深夜にトイレに起きますが
昨夜は寝床に戻ると
ちょうどあと7~8人で葛西選手のスタートでした

そのままスマホのワンセグで メダル確定まで見てしまいました

「ちょっと残念ですが これで金メダルという次の目標ができました」
いやあ このコメント最高ですね

道産子の前向き姿勢が躍如しています


一方で山梨などの豪雪被害で孤立する集落のニュースには
病身の方や高齢者はいないだろうか などと心配になりました

札幌市の雪対策予算は年間150億円前後です
雪国に暮らすには コストがかかるものなのだと痛感しました

【追記】山梨や群馬では除雪車がなくて
孤立している集落があちこちにあるそうです

政府に緊急対策室を設置するべき事態ではないでしょうか

雪を甘く見てはいけないと思うのですが
総理大臣は今晩は支持者らと
赤坂の高級天ぷら店で会食だそうです

by zuoteng_jin | 2014-02-16 16:56 | Contax T2 | Comments(2)
Commented by たきた at 2014-02-16 17:39 x
美しい写真ですね。木立のあいだにVの字形に広がる空に飛翔するカラス。

飛んでいる鳥をうまく写真に収めた時には、撮っている時からうまく撮れたような手応えがありませんか? きっとこの時もそうだったのだろうと勝手に想像します。

曇り空でも、美しさはあるんだなぁとも思いました!

僕もライブで見てました。テレビの前に4時ぐらいに座って、さすがに競技が終わっているかと思ったら、ちょうど決勝の2回目の試技でした。

葛西選手は41歳でありながら、当然のごとく4年後のオリンピックで金をめざすような口ぶりがよかったです。
Commented by zuoteng_jin at 2014-02-16 19:08
はいどうも。このカメラContax T2のオートフォーカスは確実に1割はピントを外しますから、左上の枝から飛んだカラスを捉えたとは思いませんでした。現像してみて初めて、カラスにもピントが来ていることがわかりました。

葛西選手の前向き加減は、そちらで私が前向き男といわれた程度をはるかにしのぎます。とりあえず団体で金を獲得して欲しいですね。応援しましょう。
<< 雪道の車間距離 フラのリハーサル >>